アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)カウンセリング 福岡【トリフォリ】

次のリストの中に当てはまる項目があれば、
もしかしたらあなたはアダルトチャイルド(アダルトチルドレン)かもしれません。

  • 人が自分をどう見ているかがすごく気になる
  • 人から嫌われることが何より怖い
  • 嫌なのに「ノー」が言えない
  • 雰囲気が悪い場にいるとなぜか「自分のせい?」と思ってしまう
  • 自分の欲求や感情が時々分からなくなる
  • 自分の考えや気持ちを表現することに抵抗が強い
  • なんとなく自分がダメな人間に思える
  • ときどき何でもない些細なことに過剰反応してしまう
  • 大事な人が離れていきそうになるとパニックになる
  • つらい感情(例:悲しみ、寂しさ、不安)を鎮めることができない
  • 人の力を借りることがすごく苦手
  • 常に漠然とした空虚感(虚しさや寂しさ)がある
  • どうしても自分が好きになれない

こんにちは。アダルトチャイルド支援センター トリフォリです。 私たちはアダルトチャイルドと呼ばれる生きにくさを感じている方々を対象に、カウンセリングやグループ支援活動を福岡でおこなっています。

本来子どもは自分の感情や欲求を自由に表現し、それを周りから、特に親から受け容れてもらうことで情緒が健康的に育まれます。
それに対してアダルトチャイルドとは、安心感や安全感が乏しい家庭環境で生まれ育ったため、自分の気持ちやニーズを大切にする心が育まれず、その結果自分を愛する術を持たないまま大人になった人々を指しています。

「私はアダルトチャイルド(AC)だったんだ!」。この気づきによって生きづらさの謎が解け、希望の光が見いだせます。しかしACについて知れば知るほどなぜか自分への疑いが顔を出します。「あんな目にあったのは、もしかして自分のせい…」。その痛みや苦しみの元をたどり、自分を許すこと。これが最初の一歩です。

自分を許せると過去の痛みはやわらぎます。しかし、それだけでは今抱えている「生きづらさ」を解消するには至りません。それは「生き方」に課題を抱えているから。人をコントロールする、人に依存する、人を避けるetc・・・そんな自滅的な生き方を自助的な生き方に変えていくために、ここでは自分を好きになることから始めます。

過去に向き合い、今の自分に向き合ったら、いよいよ「他者」の番です。人はひとりでは生きていけません。生きていく上で対人関係の課題は避けて通れないものです。その課題に立ち向かうための武器を身に着け、勇気をもって取り組みます。ありのままの自分として、輝ける人生を送るための最終ステップです。

① 話を聴くだけで終わりません

心のトレーニングを重視しています。健康的な考え方や価値観、感情コントロール法、行動スキルを学んで身につけることができます。

② 傷つき体験を人生の糧にします

辛い体験や傷をもつことはマイナスではなく、むしろその体験こそが人生を豊かにする種になります。傷を昇華し、トラウマによる成長(Posttraumatic growth)を目指します。

③ 自分を変えるお手伝い

性格は変えられます。変えられるものを変え、より良い自分に育て直していくための具体策をカウンセリングの場で提供しています。

④ 相互扶助グループ

同じ痛みを抱える「一歩先行く仲間たち」という安全基地のなかで安心して回復を目指すことができます。

⑤ ユーモア

モットーは「“真剣”にはなるが“深刻”にはならない」。ユーモアを重要視しています。
重いものをいかに軽くしていくかに力を尽くしています。

ページの上部へ