» 「ストレスのせいで…」というストレス犯人説の嘘
 » 「ストレスのせいで…」というストレス犯人説の嘘

アダルトチルドレン(AC)専門の心理カウンセラー高澤信也 公式サイト

「ストレスのせいで…」というストレス犯人説の嘘

「ストレスのせいで…」というストレス犯人説の嘘

ブログサイト〔毒親卒業トレーニング〕へようこそ

 

タイトルの「卒業」には

①毒親(機能不全家族)の負の影響から卒業(克復)

②毒親になる不安やそうなった後悔から卒業(克復)

という2つの意味を込めています。

 

このサイトが生きづらさ克服と子育ての両方に役立つことを願っています。


 

カウンセリングオフィストリフォリの高澤です。

 

緊急事態宣言は解除されましたね。これまでの間巣ごもり生活を送っていた方も多いのではないかと思います。当所も相応の影響を受けました。これから真の終息に向かっていくことを祈るばかりです。

 

ところで、今日のテーマは「ストレス犯人説の嘘」です。

 

ストレスが原因でやってしまった

テレビであれ新聞であれネット情報であれ、この数か月間度々見聞きしたこと。

外出しちゃダメって言われたのに外出したのも、DVも、虐待も、物を盗んだのも、見知らぬ人を殴ったのも、行ってはいけない飲み屋さんやパチンコ屋さんに行ったのも、あれもこれもそれもどれもぜ~んぶ

「ストレスで…」と書いてありました。

 

つまり、

「自分自身は良くない!とわかっている」

のに

ストレスのせいでついやってしまった」

ということになるのでしょう。

 

今回のコロナパニックは確かに多くのストレスを引き起こしたのは間違いないでしょう。

・治療法がないこと

・死に至るリスクがあること

・感染防止のために多くの自粛を強いられること

・生計にダメージが出ること

etc.

 

この現状で「心穏やかに」はかなり難しいでしょうね。大なり小なりストレス反応があらわれることは自然だと思います。

 

 

「良くない」人たちへの糾弾

そんな「良くない人たち」を非難したり、糾弾する言動もまた頻繁に見聞きしました。

 

「自粛自粛!」とプラカードをもって警察の如くパトロールしたり、許可を得て営業している店舗を中傷する張り紙を貼ったりネットでデマを流したり。さらに昨日のニュースでは、自宅敷地内に止めていたバイクに自粛を促す張り紙が貼られていて、さらにタイヤをハサミで突き刺されていた写真が掲載されていました。

さすがにこれは常軌を逸していると個人的には感じました。

 

こういった「正しいこと」をしている方からすると、「良くないこと」をしている人が許せないのでしょう。実際に営業中のお店を中傷していたある方が記者に直撃された際、「(自分はやっていないけど)あいつらが悪いからされてもしょうがない。あいつらが悪い」的な発言があったとありました

 

つまりこれもまた

「良くないこと」をしている人=ストレスの原因

と言っているわけですから、結局は自分の行動の原因が「ストレス」に帰属されているわけです。一見正反対のようで、実はどちらも自らの行動を「ストレスのせい」に帰属する点では同じ仕組みだったようです。

 

 

「逸らす」「取り除く」以外の第三の方法

ストレスは世の常ですから、それをいくら逸らそう、取り除こうとしても、ストレッサー(ストレスのきっかけ)がゼロになることはありません。ということで、ストレスに対処するには別の視点が必要です。

 

ここでちょっと落ち着いて世の中を見渡してみましょう。ストレスを感じていても「良くないこと」をしない人も(「良くない」といったジャッジをそもそもしない)、人の行為を糾弾しない人たちも、この世界にはたくさんいます。その人たちはいったい何をしているのでしょうか。

 

私の身近な人の一人に、とてもストレスへの対処が上手な人がいます(仮にKさんとします)。Kさんはこれまでにカウンセリングを受けただとか、そういったセミナーや講座で勉強しただとか、そういった経験がない人です。状況だけを見ると私よりもはるかにストレスフルな環境にあるにもかかわらずです。

 

そこで謎を解くべくインタビューしてみました。その結果、Kさんの内側で何が起こっているのかが判明しましたので一部ご紹介します。

 

●前提が「人は変えられない」「変えられるのは自分」

●人の望ましくない行動に対しては「その人なりの事情があるんだろう」

●それを糾弾する行為に対しては「実害を受けた当時者ならともかく、無関係の第三者がとやかく言うのは境界線を越えている」(同時に「自分にも事情がある。とやかく言われるのは押しつけだから聞き流す」も)

●ストレス体験のときには自分の内側を探索している

(自分は何を思い、どう感じ、どう反応したか)

●いつも「何のために?」という視点で考えている

●物事を想像ではなく事実で判断する

●行為の結末を想定して自分の行動を選択する

●自分の気持ちを表現する(例「嫌なものは嫌!」)

●人の考えと自分の考えを混同しない(別物として尊重する)

●「どうすればみんながいい感じなるだろう?」を常に考えている

etc.

 

ほかにもいろいろありましたが、インタビューしてわかったことは、ストレスを感じる出来事に遭遇したときの対処法は人それぞれ違っていて、ストレスに飲み込まれることなく生きている方は、自分なりの工夫をふだんからたくさんしている、ということ。

 

私は心理屋さんであり、且つ仏教の教えが好き人なので、どうしてもそっち方面の方法に頼りがちですが、Kさんがやっていることをはじめ、世の中にはほかにももっとたくさんのよいやり方があると思います。でもそれが何なのかを自力だけで見つけることはかなり困難ですよね。

 

それを探索するために書籍、ネット、カウンセラーなどを使うという手もありますが、それよりも、「あの人楽な感じですごしてるなぁ」「いつも軽やかだなぁ、無理がないなぁ」「ああなれたらいいなぁ」などと感じる人を周りから見つけてインタビューした方が早い気がします。

 

それをいろんな人から教えてもらって、その中から自分に合ったものを活用していけば、これこそ最大のストレスコーピング(ストレス対処のこと)になると思います。さらにそれを周りとシェアしあえば、そこにソリューションバンク(解決策が貯まっている銀行)まで生まれて一挙両得ですね!

 

問題解決の秘訣は「方法の良しあし」ではありません。

それは

★孤立しないこと

 

自力だけでなく、他力も使ってストレスフルなこの世界という海を楽しく航海してくださいね。

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事