不登校・ひきこもり当事者の応援団になろう! | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
不登校・ひきこもり当事者の応援団になろう! | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 不登校・ひきこもり当事者の応援団になろう! | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

不登校・ひきこもり当事者の応援団になろう!

不登校・ひきこもり当事者の応援団になろう!

 

こんにちは。

子育て感情トレーナーの高澤信也です。

 

 

 

完全休眠(冬眠?)ブログだった

アメブロを3日前に始めました。

 

 

 

タイトルはいつも通り

子育て感情トレーニング

です。

 

 

 

昨日アップした記事はコレ

↓↓↓

不登校・ひきこもり当事者の応援団になろう!トレーニング

 

 

 

私は行政の請負業務で

不登校・ひきこもりの親御さんを

週1回限定でサポートしています。

 

 

 

すごく当たり前の話なんですが、

わが子がそんな状態になったとき、

親だからといってどうすればいいかが

わかるかと言うとわかるはずもありません。

 

 

 

なぜならそもそも初めての体験ですし、

対処法をどこかで予習してきたわけでも

ないのですから。

 

 

「なんでこんなことになったの?」

「いったいどうしたらいいの?」

 

と混乱するほうが自然です。

 

 

 

でもだからといって、

自分なりの「良かれ」でかかわると、

かえって事態が悪化することが大半。

 

 

 

ですがなすすべがないので

やむを得ず「自分なり」でかかわる。

 

 

 

しかしかえってそれが

事態を膠着させたり悪化させたり。。。

 

 

 

ここで多くの親御さんが

行き詰まってしまいます。

 

 

 

そこにカウンセラーなどの支援者から

「信じて見守りましょう!」

などと聞こえの良い言葉を言われると

どうなるでしょうか。

 

 

 

親御さんは信じるしかありませんから、

素直にその助言にしたがいがちです。

 

 

 

しかしその結果、誰ともつながることなく、

5年、10年、15年、、、と長期化してきた

ケースにこれまで度々直面してきました。

 

 

 

もちろん当事者には

当事者が解決すべき課題があります。

 

 

 

しかしそれをひとりだけで解決せよ!

はいくら何でも無茶ですよね。

 

 

 

だからこそ

彼/彼女たちには応援団が必要です。

 

 

 

だけど当事者は基本的に人に会いませんから、

わが家の中

で変化を起こす必要があります。

 

 

 

したがって言わずもがな、

キーパーソンは親御さんになります。

 

 

 

でも親御さん自身が

何をどうすればいいかわからない。。。

 

 

 

そんな状態で困っている方向けの

ヒントになることを上でお伝えした

アメブロに詳しく書いてみました。

 

 

 

解決を諦めさえしなければ、

未来に希望の光が差す可能性は

決してゼロではありません。

 

 

 

●わが子の不登校・ひきこもりに悩む親御さんやご家族

●当事者支援に行き詰まりを感じている支援者の方

●学校の先生や地域の方など手助けできる立場にある方

 

 

 

そういった方がたに

ぜひ読んでいただきたい内容です。

不登校・ひきこもり当事者の応援団になろう!トレーニング

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事