子育てする親とカウンセラーに共通して必要なこととは? | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
子育てする親とカウンセラーに共通して必要なこととは? | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 子育てする親とカウンセラーに共通して必要なこととは? | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

子育てする親とカウンセラーに共通して必要なこととは?

子育てする親とカウンセラーに共通して必要なこととは?

*今回は子育てする親御さんだけでなく、

対人援助職の方にもご覧いただきたい内容です。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

「お子さん専属の

カウンセラーになりましょう」

 

 

 

これは他者との接触を絶ち、

完全に孤立してしまった

ひきこもりの親御さんに

お伝えすることのある言葉です。

 

 

 

なぜなら、

彼/彼女たちにとって

唯一の居場所がわが家。

 

 

 

他者に安全感を感じられずに

人間関係を絶っているのですから、

唯一残された人間関係のなかで

最低限の回復を果たす必要があります。

 

 

 

実際にあるお母さんは

「私がカウンセラー代わりになる!」

と腹を決めてそれを実践。

 

 

 

結果は

わが子の社会参加!

 

 

 

それだけでなく!!

 

・お母さん自身の肯定感アップ

・不仲だった夫婦関係が改善

・断絶状態だった父子の関係回復

 

といったことまで起こりました。

 

 

 

ミラクルレベルですよね♪

 

 

 

今日のタイトルは

「母親は最強のカウンセラー」

です。

 

 

 

でもそれは親もカウンセリングの

技術を身につけることが必要!

というわけではありません。

 

 

 

カウンセラーと同様、

あることがとっても大事!

ということです。

 

 

 

そのあることが、、、

 

 

★自分を落ち着かせる

ことができる自分になる!

 

 

 

カウンセラーが相対する

クライエント(相談者)も、

 

親が相対するわが子も、

 

いずれも思い通りにはなりません。

 

 

 

時には

・拒絶されたり

・批判されたり

・感情をぶつけられたり

することもあるものです。

 

 

 

カウンセラーも親もその

感情を正面からキャッチ

する必要があります。

 

 

 

ここで起こっている

コミュニケーションは例えると

 

*感情のキャッチボール

 

 

 

相手はまだまだ

キャッチボールが

上手ではありません。

 

 

 

ボールの勢いが強すぎたり、

反対に弱すぎたり、

あるいはへんてこりんな

方向に投げ返してきたり。

 

 

 

それをしっかりキャッチして、

相手が受け取りやすいように

ボールを投げ返す。

 

 

 

それを繰り返すことで

子ども(クライエント)は自分の感情を、、、

 

 

★許容できるようになる

★表現が洗練されていく

 

 

 

さらにその結果、、、

 

 

★自分のニーズに気づける

★それに沿って行動できる

 

なんてことも実現できるのです。

 

 

 

わが子にこんな未来が訪れたら

親の私たちはどれほど幸せでしょうか?

 

 

 

こんな未来を引き寄せるには、

とにかく私たち親(カウンセラー)が

自分の感情を調えることが最優先。

 

 

 

それができて初めて、

 

子ども(クライエント)の

感情というボールをキャッチ

 +

それを適切に投げ返す

ことができるのです。

 

 

 

「子どもにどう関わればいい?」

のその前に、まず私たち親が

自分を落ち着かせてあげたいですね。

 

 

 

そのためには

 

★安全な人間関係の中で

感情のキャッチボール

 

をするのがとても役立ちますよ!

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

【後記】

 

感情のキャッチボールは

とっても大事!!!

 

 

という強い思いがあって、

それを実践できる場として

今月はお茶会を開く予定です!

 

 

 

子育て母さんだけで集まって、

心地よい感情のキャッチボールを

みんなでできれば嬉しい限り(*≧∀≦*)

 

 

 

オンラインと対面の

2パターンを実施予定しております。

 

詳細は近日公開しますね〜(^-^)b

 

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事