子育ては下手っぴで当たり前! 「私、子育て上手♪」って言ってる人は怪しい(汗) | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
子育ては下手っぴで当たり前! 「私、子育て上手♪」って言ってる人は怪しい(汗) | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 子育ては下手っぴで当たり前! 「私、子育て上手♪」って言ってる人は怪しい(汗) | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

子育ては下手っぴで当たり前! 「私、子育て上手♪」って言ってる人は怪しい(汗)

子育ては下手っぴで当たり前! 「私、子育て上手♪」って言ってる人は怪しい(汗)

 

「頑張ってもうまくいかない」

「私は子育てに向いてない」

「他の人はきっとうまくやれてる…」

 

 

 

子育てが思うようにいかずに悩み、

本を読んだり、ネットで情報を調べたり、

講座やセミナーを受講したり。

 

 

 

「子育てちゃんとしなきゃ!」

「いいお母さんにならなきゃ!」

と頑張る。

 

 

 

それでしばらくはうまく行っても

気づけばまた同じことの繰り返し。

 

 

 

相談に来られるお母さんがたの

お悩みあるあるです。

 

 

 

そしてこう訴えます。

 

 

 

「いったいどうしたら

子育てちゃんとできますか?」

 

 

 

実はですね、この訴えにこそ

悩みを増やす原因が隠れています。

 

 

 

苦しくなってしまうのは

子育ての前提が、、、

 

親なんだから

子育てちゃんとやれて

当たり前!

 

になっているから。

 

 

 

●大前提

「親だから子育てできて当然!」

●しかし実際は

思うようにいかない

●「当然」のことができない

自分を肯定できない

●親としての自尊感情が

削られていく

●心の余裕が失われていく

●子育てが不安だらけの

苦行と化していく。。。

 

 

 

突然ですが質問です。

 

 

 

あなたは自転車に

初日から乗れましたか?

 

 

 

乗り方を教わっても、

それでもコケたり怪我したり

しませんでしたか?

 

 

 

私なんざコケまくりの

怪我しまくりでしたよ( ̄▽ ̄;)

 

 

 

でもそれを繰り返すうちに

コツが段々わかってきて、

気づけば手放し運転まで

できるようになりました(^-^)v

 

 

 

子育てもこれとおんなじです。

 

 

 

変な言い方になりますが、

年齢やスキルや能力などに

何の関係もなく私たちは

「親になる」ことができます。

 

 

 

性行為

妊娠

十月十日を経て出産

 

 

 

このプロセスの中に

「親としての能力上達」

なんてものは微塵も

含まれていません。

 

 

 

したがって

 

出産時の年齢が

10代だろうが50代だろうが、

 

人生経験が

多かろうが少なかろうが、

 

心の状態が

安定してようが不安定であろうが、

 

私たちは

「親になる」ことはできるんです。

 

 

 

だけど、

「親であり続ける」

ために必要なことは

学んでもいなければ、

何もやってないわけです。

 

 

 

つまり

「親になる」

ことはできたけど、

 

「親である」

ことはどんな親も

ど素人なわけなんですよ!

 

 

 

★だからへたっぴで当たり前!

★うまくやれないほうが自然!

なのです。

 

 

 

自転車と同じで、

私たち親は学びながら、

コケながら子育てを

やっていけば良いだけです。

 

 

 

だけどここで

注意点を一つだけ。

 

 

 

もっとも重要で深い

「学び」

をくれる存在は

 

専門家でも、医師でも、

保健師でも、保育士でも、

ましてやカウンセラー(汗)

でもないですよ。

 

 

 

子育ての最大の師匠は

 

 

 

 

\わが子!/

 

 

 

私たち親がコケたら、

子どもがそれを身をもって

教えてくれます。

 

 

 

そこから学び、

やり直していく。

 

 

 

それが子育てを

より良くする秘策です。

 

 

 

ということで、

ご無礼を承知の上で

超上から目線のマウントで

言わせていただきます(^人^)

 

 

 

わが子から学べない親は

真の親にはなれないぞ!

 

 

 

子育てより良くしたいなら、

わが子から学べばいい。

 

 

 

子育てに必要なことは

子育てできる自分になること

 

 

 

それがすなわち

★親育ち

 

 

 

「子どもをどう育てたらいい?」

のその前に、それができる親に

自分を育て上げていくこと。

 

 

 

これが何より大事です。

 

 

 

そのためには、

 

「子育て下手っぴで当前!」

「知らないわからないが自然!」

「できなくて当たり前!」

 

ここから始めませんか?

 

 

 

●スタート

「知らんもんは知らん!」

「わからんもんはわからん!」

「できんもんはできん!」

●親としての不完全さを

責めなくて済む

●知り、学び、できるように

なることに真摯に取り組める

●「親になる」だった自分が

「親である」自分に変わっていく

●親育ち!

★子育てがより良くなっていく♪

 

 

 

今はうまく

できなくていいんです。

(それが自然ですし)

 

 

 

その不完全な自分を

愛することから始めましょう!

 

 

 

それが不完全なわが子を

愛し、慈しみ、尊重する

基盤になっていきますからね。

 

 

 

人は誰しも不完全。

 

 

 

不完全だからこそ

ともに親育ち頑張って

いきましょー!!

 

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事