» 生きづらさの主因「機能不全家族(毒親)を通じて取り込んだ信念」とは
 » 生きづらさの主因「機能不全家族(毒親)を通じて取り込んだ信念」とは

生きづらさの主因「機能不全家族(毒親)を通じて取り込んだ信念」とは

生きづらさの主因「機能不全家族(毒親)を通じて取り込んだ信念」とは

生きづらさの主因「機能不全家族(毒親)を通じて取り込んだ信念」とは


【記事を書いた人】

カウンセリングオフィス トリフォリ 高澤信也

福岡で子育てと生きづらさ克服をお手伝いしています。公認心理師。

 

こんにちは。高澤です。

 

昨日、2年間おさぼりしていたメルマガをようやく復刊しました。

 

本日その第1号を発行しました。

今後はこのブログにも転載していく予定です。

 

今回分も転載しましたのでよろしければご覧ください。

 

では以下本文です。

 


 

リニューアル第1号の今回、

タイトルにある「親教」ってなに?

についてお伝えします。

 

突然ですが質問です。

 

あなたは信号を渡るときに毎回

「今は渡っていいの?」

「それともだめなの?」

と悩んでいますか?

 

 

そんなことはないですよね。

 

「青は渡れ」「赤は止まれ」を

いちいち思い起こさなくても

身体が動いてくれると思います。

 

 

なぜこんなことができるのか。

 

 

それは、

*人は信じている通りに行動する

からです。

 

 

頭では「良い」とわかっていても

行動に移さない、あるいは

頭では「良くない」とわかっていても

行動に移してしまう。

 

 

これって日常茶飯ではないでしょうか。

 

 

では何が行動を規定しているか。

 

それが

「信じているか」

「信じていないか」

の違いです。

 

 

人は気づかないうちに、

*自分が信じている通りに動く

生き物なんです。

 

 

その際たるものが

【信念】

 

 

信念には自分を助けるもの、

逆に自分を苦しめるものの

両方が存在します。

 

 

後者であればたとえば

「私は愛されない」

「価値がない」

「無力」

「世界は安全ではない」

など。

 

 

こういった自分を苦しめる信念を

私たちはいつ、どこで信じたのでしょう。

 

 

大きく影響を与えるものの

ひとつにはトラウマ体験。

 

 

ほかには社会的影響や

文化的な影響。

 

 

あと、生まれ持った本人の

素因も影響の一因になるでしょう。

 

 

それを踏まえても最たるものは

*子ども時代の生育環境(親)

の影響ではないでしょうか。

 

 

たとえば、、、

毎日ダメ出しばかりされた子は

「自分はダメ人間」

と信じるかもしれません。

 

 

親が自分のことで手一杯で

関心をあまりもらえなかった子は

「私は愛されない」

と信じるかもしれません。

 

 

怒鳴り声、争い、暴力などが

飛び交うことの多い家で育った子は、

「人は危険」

と信じるかもしれません。

 

 

こういったものが無意識のうちに

信念と化してしまう。

 

 

その結果このプログラムが

私たちを突き動かしつづける。

 

 

強烈な生きづらさを生む

とても厄介な仕組みです。

 

 

ところで先の3つの例はいずれも

「そう信じなさい」と親に指示・

命令されたわけではありません。

 

 

親の言葉、態度、表情、行動を、

子どもが自分の五感全てを通じて

“メッセージ”として受け取った

結果です。

 

 

つまり

*自分で信じてしまった

のです。

 

 

だからこそこの信念は固く、

間違いない「事実」のように

見えてしまいます。

 

 

まさにカルト宗教で為される

洗脳みたいではないでしょうか。

 

 

メルマガタイトルにある

「親教」

はまさにこのことを指しています。

 

 

親が直接的に信念を

刷り込んだわけではない。

 

 

しかし気づけばそれは自分の内側に

*動かしがたい事実

として居座っている。

 

 

それが自分を苦しめるものなら

なんとか取り出して書き換えたい

ところです。

 

 

したがって「親教を卒業」は

*脱洗脳

と言っていいかもしれません。

 

 

そのためには

1)親教を通じて取り込んだ

自滅的信念を見つける

 

次いで

2)その信念を書き換える

 

 

この2つがクリアできれば、

それが「親教」の卒業。

 

 

このメルマガでは

そのヒントを少しずつ

お伝えしていこうと思います。

 

 

ということで第一号はここまで。

 

最後までお読みいただき

まことにありがとうございました。

 

 

今日がよき日でありますように。

 

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事