子どもにダメージを与えない上手な夫婦ゲンカの方法とは | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
子どもにダメージを与えない上手な夫婦ゲンカの方法とは | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 子どもにダメージを与えない上手な夫婦ゲンカの方法とは | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

子どもにダメージを与えない上手な夫婦ゲンカの方法とは

子どもにダメージを与えない上手な夫婦ゲンカの方法とは

 

私は福岡で長いこと

支援業務やってきております。

 

 

 

●現在の主たる支援対象は

子育ての悩み

 

 

●以前はこちら専門

親に対する葛藤と生きづらさ

(アダルトチルドレン)

 

 

●行政機関での委託業務では

不登校・ひきこもり

 

 

の相談を担ってきました。

 

 

 

一見バラバラの相談ですが、

ある一つのことが驚くくらい

共通しています。

 

 

 

それは

 

 

 

 

\ 夫婦不仲! /

 

 

 

とにかく夫婦の仲がよろしくない

ご家庭だらけなのです。

 

 

 

夫婦(両親)不仲は

誰よりも子どもに影響が及びます。

 

 

 

●親の仲が悪い

●家の空気が張り詰める

★心理的安全性が脅かされる

●子どもの心に安心安全と反対の

恐れ、緊張、警戒、不信、無力感、

罪悪感などの苦しい感情が育ってしまう

●なだめてもらうことが必要だが

なだめ役の親がむしろ動揺を招いている

●なだめてもらえない子どもは

自分をなだめる力が育だない

●子どもはことあるごとに

感情的苦痛・動揺に襲われる

そして気づけば

とにかく生きづらい・・・

 

 

 

 

そのままではいられないからと

人は自分なりに対処をするもの。

 

 

 

 

苦しみに耐えかねたある人は

不登校になったり

ひきこもったり。

 

 

 

 

またある人は

他人を優先する生き方によって

攻撃や見捨てられを避けようと頑張る

アダルトチルドレンになったり。

 

 

 

 

また別のある人は

感情の波を少しでも抑えようと

酒、ギャンブル、薬物、ゲーム

などにのめり込んでいったり。

 

 

 

 

いずれも苦しみの対処策です。

ないと生きていけませんもの。

 

 

 

 

しかしどれをとっても

その場しのぎ。

 

 

 

 

それだけでは

本質的な心の平安

が得られません。

 

 

 

 

こんなことを言われると

親の私たちは焦りますよね。

 

 

 

 

「夫婦仲がわが子に

そんな影響を及ぼすの!?」

 

「じゃあなんとかしなきゃ!!」

 

 

 

 

ということで、

早速夫婦仲を改善しましょう!

 

 

 

 

なんて話になると、

なぜか多くの人が頭を抱えます。

 

 

 

 

なぜ?

 

 

 

 

「相手はどうせ変わらない」

 

「何しても無駄だと思う」

 

「仲良くはないけど

別にケンカもしてないし」

 

「そもそも話さないようにしてるから」

 

 

 

 

これが最大の勘違い!

 

 

 

 

ケンカしていない

 ||

子どもはダメージを受けない

 

 

 

 

表立った戦争はなくても、

むしろ冷戦ほど怖いものないですよ。

 

 

 

 

そんなピリピリした空気で

子どもはくつろげませんから。

 

 

 

 

ここで行き詰まりポイントですね。

 

 

 

 

夫婦仲良くは難しい。

だからと言って冷戦もまずい。

 

 

 

 

「じゃあどうすりゃいいのさ!」

って感じではないでしょうか。

 

 

 

 

ここで一つ提案です。

 

 

 

 

子どもに生きづらさを

刷り込まないために、、、

 

 

 

 

 

 

 

★上手に夫婦ゲンカしよう!

 

 

 

 

 

ヒントは

アダルトチルドレンを生み出す

機能不全家族と正反対の要素です。

 

 

 

 

ケンカしてもいいから

ここだけは外さないこと。

 

 

★これは親同士の問題であること

 

★子どもである君の責任ではないこと

 

★嫌だろうけど関係をよくするには

こういったことも時には必要になること

 

★気になるだろうけど君は今この時も

過ごしたいように過ごしていていいこと

 

 

 

 

こういったことを

できればケンカする前に、

難しければケンカが終わった後に

子どもに伝えてあげてほしいのです。

 

 

 

 

両親のケンカは

子どもにとっては苦しい体験ですが、

先のことをきちんと伝えておくことで

子どもは回復することができます。

 

 

 

 

しかしそれがないままであれば、

子どもはこんな思い込みをします。

 

 

 

 

ケンカを止められないのは・・・

 

「自分のせいだ!」

「自分が悪いんだ!」

 

 

 

 

これが何の根拠もない

 

●罪悪感

●自己否定感

 

という地雷を子どもの心に

埋め込んでしまうことは

あまり知られていません。

 

 

 

 

もう一つ。

 

 

 

 

それは

 

家庭が壊れる恐怖

 ||

つまり

「見捨てられる恐怖」

 

 

 

 

これは子どもを

心の底から脅かします。

 

 

 

 

だからこそ、

度を越えていなければですが、

夫婦ゲンカ自体は全然OKなので、

先のメッセージだけはお子さんに

ぜひ伝えてあげてくださいね。

 

 

 

 

その上でお互いが

相手に

 

★してもらいたいこと

★してほしくないこと

 

を出し合いましょう。

 

 

 

 

それを満たしあえるよう

話し合ってお互いに工夫できれば、

下手すると夫婦仲良しまでいけるかも!

ですよ♪

 

 

 

 

もちろんその時は

お子さんも

 

★子どもらしく

★自分らしく

★自然体で

 

過ごせることでしょう!

 

 

 

 

かくいう我が家も

年に1~2回はそれなりの

ケンカが発生しております( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

共にトライアンドエラーを

繰り返しながら

 

★わが家を安全基地に!

 

していきましょー!

 

 

 

ーーーーーーーーー

お知らせ

ーーーーーーーーー

 

ぐるぐる思考の苦しみストップ!

実践!マインドフルネス体験セミナー

*5月20日締め切り!

*残席2!

 

 

 

「詳細見たよ~」の方で

直接お申し込みの方はこちらから

↓↓↓

https://bit.ly/3FI2EEf

 

 

 

「詳細知らないよ~」の方はこちらをどうぞ

↓↓↓

https://trifolie.net/seminar

 

 

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事