「子どもを傷つけたくない!」という親の思いが時に子どもの傷になる理由 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
「子どもを傷つけたくない!」という親の思いが時に子どもの傷になる理由 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 「子どもを傷つけたくない!」という親の思いが時に子どもの傷になる理由 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

「子どもを傷つけたくない!」という親の思いが時に子どもの傷になる理由

「子どもを傷つけたくない!」という親の思いが時に子どもの傷になる理由

 

こんにちは。

子育て感情トレーナーの高澤です。

 

 

自分の子どもには・・・

「私みたいな思いをさせたくない!」

「絶対に傷つけたくない!」

 

 

だから

「私はあの親のようにはならない!」

 

 

幼少期を機能不全家族で育ち、

情緒的ニーズがあまり満たされず、

生きづらくなった方たちから

こんな言葉をたくさん聞きました。

 

 

独身の方に至っては

 

「親になって子どもを傷つけるのが怖い。

自分がそうならない自信がない。

だからずっと結婚しない」

 

と決めている方が結構おられました。

 

 

自分がわが家で傷ついた

大人になった

自分も同じことしそうで怖い

だから結婚しない(親にならない)

 もしくは

何があっても子どもを傷つけない

 

 

そう固く誓うわけです。

悲壮ともいえる強い覚悟です。

 

 

だけど、実は

「絶対に傷つけたくない!」

思いが強い親御さんほど、

結果的に子どものニーズを

満たせないことが多いんです。

 

 

これはキコさん(仮名)の事例です。

 

 

無関心な父親

過干渉(支配的)な母親

のもとに育つ

何度も傷つく体験をした

「私は愛されない」

「価値がない」

と思い込んだ

生きづらくなった

年を経て自分も親になった

「子どもを絶対に傷つけたくない!」

わが子を傷つけることをひどく恐れた

子育てを気楽に楽しめない

リラックスして心穏やかな状態で

子どもに接することが難しい

子どもがネガティブな反応を示す

ますます不安が高まる

そのうち子どもと触れ合うこと

自体に抵抗感や嫌悪感が肥大

身体と心の距離が離れていく

子どもからすれば

これは

「暴力は振るわれていない」

 

けれど

「愛されていない」状態

結果的に

子どもは傷つく

 

 

「傷つけたくない!」

は言わば愛そのものです。

 

 

しかしこれが強すぎたことで

結果的には

「愛せない」

 

つまり

「子どもは傷ついた」

のです。

 

 

このケースにおける

「解決」は何でしょうか?

 

 

キコさんを責めること?

親として頑張らせること?

 

あるいは

わが子と引き離すこと?

 

 

これでは誰も救われませんよね。

 

 

キコさんはもちろん、

子どもはもっと救われません。

 

 

ここで言う解決は

*わが子を傷つけることに対する

過度の恐怖心を和らげていくこと

 

 

そのためには

*キコさんの中に残っている

「痛みの記憶」を処理すること

 

 

ここが完了すれば

こんな流れに変えていけますよね!

 

 

過去の痛みが終わる

傷つける恐れが和らぐ

自然体で子育てできる

子どもの心に穏やかさが戻る

それがさらにキコさんの心を平安にする

この親子の情緒的交流を通じて

 


★幸せ親子回復!

 

です^^

 

 

親が子を愛せないとか、

望ましくない仕打ちをするだとか。

 

 

行為としては容認しがたいです。

 

 

ですが、そんな親御さんの中には

子どもを大切にしたいと強く願うが故に

逆説的に傷つけてしまうというケースも

あるのです。

 

 

ここで言っているケースには

わが子のことを

 

・邪魔なだけの不要な存在

・自分の人生の障害物

・ペットのほうがまだマシ

 

といった主張を本気で

信じている人を含んでいません

 

 

「愛したい」

のに

「うまく愛せない」

 

 

「傷つけたくない」

のに

「傷つけてしまう」

 

 

「ちゃんと親業したい」

のに

「どうすればいいかわからない」

 

 

そんな愛情ベースの

親御さんを指しています。

 

 

その思いさえあれば

自分を変えていくことも、

子育てをより良くしていくことも、

十分可能です!

 

 

そのためにはまず

*自分を調えていく

 

 

それに役立つ

☆今の自分にできる

☆ほんの小さなこと

からでも始めてみてください。

 

 

●1日1回ストレッチ&深呼吸

 

●水をためた浴槽に顔を突っ込んで

不平不満を全力でぶちまける

 

●自分のためだけの時間を3分確保して

ホッとなることをする(ココア飲むとか)

・・・とか。

 

 

それも難しいなら

●空を見上げる

●大きなため息をつく

●冷えた水を飲む

くらいはいかがでしょうか?

 

 

なんじゃそれ?

って思われるかもしれませんが、

こんなことだけでも自律神経系を

調えてくれますよ。

 

 

つまり

・イライラ

・不安

がほんの少しずつ減っていくと

言う意味です。

 

 

よかったら

参考にしてみてくださいね。

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事