子どもの心に安心・安全・幸福をインストールする秘策 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
子どもの心に安心・安全・幸福をインストールする秘策 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 子どもの心に安心・安全・幸福をインストールする秘策 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

子どもの心に安心・安全・幸福をインストールする秘策

子どもの心に安心・安全・幸福をインストールする秘策

 

こんにちは。

子育て感情トレーナーの高澤信也です。

 

 

世代を問わず

子育ての悩みを抱える方の多くに

共通しているなぁと感じている

テーマがあります。

 

 

それは、、、

*夫婦関係に難あり!

です。

 

家庭の安心感は両親の関係が左右する

子どもが健やかに育つには

わが家に安心安全を保つことが

とてもとても大事です。

 

 

それを大きく左右するものが

夫婦(両親)の仲

 

 

たとえ父母の双方が子どもに対して

ほどほどに適切な関わりをしていても、

両親が不仲だとそれだけで子どもの

「内的な安心感」

はひどく脅かされるものなのです。

 

 

 

 

親は子どもの幸せを願う

子育てに悩み、

どうにかしたいと願う親御さんには

共通している想いがあります。

 

 

それは、、、

 

「子どものことなんてどうでもいいから

とにかく自分が楽に生きたい!」

 

 

 

 

ではなく!

 

 

 

 

「子どもには元気に健やかに

育っていってもらいたい!!!」

 

という愛ある願いです。

 

 

これ聞くたびに

熱いものが胸にグッときます。

 

 

 

 

その対処で合っていますか?

冒頭でお伝えした通り、

子育てに悩む方の多くが

夫婦不仲というテーマを抱えています。

 

 

そのままだと

*わが子の安心・安全・幸せ

の実現は困難ですよね。

 

 

だからこそ

それをどうにかしようと

多くの方が努力なさいます。

 

 

だが!しかし!

その解決のための策自体が

問題だよなぁってことが

とっても多いのです。

 

 

その代表が、、、

 

 

 

 

 

 

相手を変えようとすること!

 

 

例えば・・・

 

 

子育てに我関せずの夫に

「ちゃんと一緒にやってよ!」

と怒りをぶつける。

 

 

ワンオペ環境を改善しない夫に

「大変さをわかってよ!」

と怒りをぶつける。

 

 

また、

子どもに甘すぎる妻に

「それだとダメなんだよ!」

と怒りをぶつける。

 

 

子どもの不適切な行動を見るたび

「母親だろ!ちゃんとやれよ!」

と怒りをぶつける。

 

 

これは双方ともに

現状の改善を願っています。

 

 

ですが、

そのための手段が

*相手を変える

 

 

これは間違いなく

「解決努力」ではあるものの、

これ自体が膠着を招いている

原因でもあるわけです。

 

 

 

 

想定外の副作用

夫婦が互いに嫌悪感を覚え、

相手を変えようとするほどに

争いは増える一方です。

 

 

さすがにそれはまずい・・・

と大抵は気づくことでしょう。

 

 

怒りをぶつけ合うことに疲れ、

相手が変わらないことに諦めを感じ、

徐々に家庭内に暗黙の目的が自然発生します。

 

 

それが、、、

 

*波風を立てないこと

 

 

これが暗黙の目的になれば、

確かに怒りをぶつけ合うことは

なくなっていくでしょう。

 

 

だけど、両親の争いさえなくなれば、

子どもの心に「安心安全」は増える?

 

 

残念ですが

それは無理な相談です。

 

 

なぜなら

両親の不仲はふだんの

 

・会話の質の低さ

・量の少なさ

・お互いのつれない態度

・目に見えない張り詰めた空気

 

を招きます。

 

 

これを感じ取らない

子どもなんていませんって。。。

 

 

そんな環境で過ごす子どもは、、、

 

●その空気を読み取り

●不安や緊張に苛まれ

●常にアンテナを張って警戒し

●親の機嫌ばかりを気にする

 

 

そんな疲弊まっしぐらの生き方を

選択することもあるんです。

 

 

これでは心の安心安全どころか

子どもらしく過ごすことさえ困難。

 

 

争いさえなければ

子どもには悪い影響を与えない。

 

 

これは完全に誤った思い込みです。

 

 

 

 

解決策を変えていこう

ということで

「両親の仲が良くなるといいですよね」

「頑張って関係を改善してください!」

 

 

なんて言えば

うまくいくでしょうか?

 

 

それで改善するくらいななら

元から関係改善できてますって!

 

 

言うほうは気安く言えても、

当事者には無理な相談なのですよ。

 

 

では何から始めればいい?

 

 

そこで今日も一つ提案です。

 

 

それは

 

 

 

 

★相手を変えようとしている自分に気づこう!

 

です。

 

 

●相手の嫌なとこが目につく

●変えたい気持ちがムクムク湧いてくる

★「あ!いま相手を変えたがっている!」ということに気づく

●「私はまだ相手を変えたいんだなぁ」と客観視する

●深呼吸して「今ここ」でやるべきことに戻る

(掃除とか、仕事とか)

 

 

以上です。

 

 

相手だけでなく

自分も変えようとせずに、

ただ

*気づく

 

 

それだけでOKです。

 

 

 

 

気づきの精度が高まると

たかがそれくらいと

侮ることなかれ!

 

 

気づきの精度が上がるほど、

これまでの自動反応パターンに

いち早く気づけるようになります。

 

 

気づきが早まるほどに、、、

 

★一旦立ち止まることができる

★そこで落ち着くことができる

★より良い策を選択できる

★望ましい結果をもたらしやすくなる

 

なんてことが起こってきます。

 

 

実際に以前は本人曰く

「鬼みたいに怒っていた」

仮名エーコさんですら(汗)

こう変化したほどです。

 

 

*相手を変えたがっている自分に気づいた

*その自分を変えようと決断した

*その自分を変えていくことに取り組んだ

*自分が変わった

*するとなぜか子どもや夫まで“いい感じ“に変わった

 

 

このルートに乗ったとき、

本質的な生きやすさも

より良い子育ても手に入ります。

 

 

まずは気づくことから。

 

 

引き続きあなたの健闘を祈っています!

 

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事