「私、毒親かも…」と悩んでいませんか?その思いが毒親卒業につながる理由 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
「私、毒親かも…」と悩んでいませんか?その思いが毒親卒業につながる理由 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 「私、毒親かも…」と悩んでいませんか?その思いが毒親卒業につながる理由 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

「私、毒親かも…」と悩んでいませんか?その思いが毒親卒業につながる理由

「私、毒親かも…」と悩んでいませんか?その思いが毒親卒業につながる理由

↓5月13日にアメブロにアップした記事の転載です↓

 


 

タイトルに「毒親」という言葉を

いきなり2回書いてしまいました。

 

 

 

私はこの言葉、

まったく好きではありません。

 

 

 

わが子を害しても

さして痛みを感じることなく、

傲慢で身勝手でエゴ全開で、

まさに毒親と呼ぶにふさわしい

人は確かに存在します。

 

 

 

でもそういった人たちは

自分の在り方に悩んでいません。

 

 

 

だからそもそも

相談にも訪れません。

 

 

 

むしろ自分は

毒親なんてものとは正反対で

「こっちこそ被害者!」

と本気で信じている人もいるくらいです。

 

 

 

そんな人たちを応援する気は

私にはありません( 一一)

 

 

 

でもこの世には

 

「毒親卒業したい!」

「ちゃんと子育てしたい!」

「子どもには幸せになってほしい!」

 

という思いで必死に克服目指して

頑張る人が少なからずいるんですよね。

 

 

 

意外と知られていないのが

とても残念ですけど。。。

 

 

 

私は人一倍子どもが好きです。

 

だから子どもを傷つける行為を

許容する気はまったくありません。

 

 

 

そうであっても

今は不適切養育をしているけれど、

その克服を目指して頑張っている

親御さんを責めたい気持ちもまた

1ミリもないんです。

 

 

 

だって、、、

 

 

 

 

そんな人も

 

 

 

 

ずっと昔は子どもだった。

 

 

 

そしてその子を

蔑ろ(ないがしろ)にしていた親も

ずっと昔は子どもだった。

 

 

 

大人になり、親となったとき、

不適切な養育をしているとしても、

みんな昔は子どもだったんです。

 

 

 

親が子を蔑ろにする

その子が親になる

その人も子を蔑ろにする

その子もいずれ親になる

親になりまたわが子を・・・

 

 

 

問題はこの

悪循環

 

 

 

その悪循環を切りたくても

切れずに困っている人たちが

「私は毒親なんです」

といって相談に来るわけです。

 

 

 

ということは、

その方たちはその時点で、、、

 

 

 

 

連鎖を切断できる

最有力候補!

 

なのです!

 

 

 

「私は毒親です」と認め、

自分の課題と向き合い、

回復を目指していく。

 

 

 

子どもに幸せのバトンを

つなげる自分になることを

決してあきらめない!!!

 

 

 

今の自分は認められなくても、

その志こそが、、、

 

★未来の幸せ親子

 

につながっていきますよ♪

 

 

 

大変ですが

頑張ってくださいね♪

 

応援しています!

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事