子どもは○○で育てるべき存在! | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
子どもは○○で育てるべき存在! | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 子どもは○○で育てるべき存在! | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

子どもは○○で育てるべき存在!

子どもは○○で育てるべき存在!

 

突然ですが質問です。

 

 

あなたは・・・

 

☆自分が生きている

この世界は安全だし

 

☆人は仲間だからそのままの

自分を受け入れてくれるもんだし

 

☆だからもちろんその自分は

かけがえのない大切な存在だし♪

 

が腑に落ちていますか?

 

 

 

これが腑に落ちていれば

それが

★愛着が育っている状態

です。

 

 

 

ここがそれなりなら生きやすく、

足りないと生きづらいってことは

想像しやすいですよね。

 

 

 

だからこそ親の大切な

仕事のひとつが

『子どもの愛着を育てる』

なわけです。

 

 

 

だけどもし子ども以前に

私たち親自身の愛着が脆弱だと、

子育てを通じてわが子の愛着を

育むことには困難を伴います。

 

 

 

「それでも親が頑張るしかない!」

 

 

 

それってちょっと

無理難題感がありませんか?

 

 

 

たとえると、

運動音痴の人が

アスリートを目指すみたいで。

 

 

 

「じゃあどうすりゃいいのさ!」

ってなりますね。

 

 

 

だからこその

今日のタイトルなんです。

 

 

 

子どもは○○で

育てるべき存在!

 

 

 

○○とはなんぞや?

 

 

 

それは、、、

 

 

 

 

★社会★

 

です。

 

 

 

違う言い方をすれば、

『多くの人の手のなか』

です。

 

 

 

親はもちろんですが、

親の親、きょうだい、親戚、

地域の人、子育て支援者、

行政機関などなど。

 

 

 

それって

めちゃくちゃ大切なこと。

 

 

 

ではあるのですが、

子どもの愛着を育むことが

できる存在となると・・・。

 

 

 

やっぱり

親(養育者)しかいない_| ̄|○

 

 

 

ではありません!!!

 

 

 

子どもの愛着育てに

絶大なる力を発揮してくれる

存在がいます。

 

 

 

それは、、、

 

 

 

 

\★保育士さん★/

 

 

 

親や家族以外で唯一と

言ってよいほど

=============

★子どもの愛着を育める存在

=============

なんですよね。

 

 

 

ちなみにわが家で

両親や祖父母を除いて

最も息子の愛着を育んで

くれた人は誰?と聞かれたら、、、

 

 

断トツのぶっちぎりで

★保育園の先生!

って答えます(`・ω・´)ゞ

 

 

 

特に年長でかかわって

くださったM先生とR先生!

 

 

 

息子にとって先生たちと

当時の友だちの存在の大きさは、

もしかしたら父である私を

上回っていたのではないかと

感じるほどです。

 

 

 

そんな思いをずっと持っていて、

それもあって親御さんだけでなく

保育士さんのサポートもしたいと

ずっと思っていました。

 

 

 

目的は何一つ変わりませんよ。

 

 

 

子どもたちの愛着が

育つ環境が増えることを通じて

 

 

★============★

 子どもたちが子どもらしく

 その子らしく自然体で

 幸せに生きていけること!

★============★

 

 

 

この思いが炸裂した今日、

勢いあまって保育士さん専門の

サポートも始めることに決めました!

 

 

 

まずはブログでの発信です!

↓↓↓

https://ameblo.jp/supporters-school/

 

 

 

ひきつづき親御さんの

支援はつづけていきますが、

同時並行的に

 

★保育士さん(ここ、最重要!)

★子育て支援者

★幼稚園、小学校、学童の先生がた

などなど

 

の支援もおこなっていきますよー。

 

 

 

子どもの愛着育ての手が

ひとつでもふたつでも

増えることを願って!!!

 

 

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事