「悩みは自分で作り出している」〜自分と向き合う処方箋〜 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
「悩みは自分で作り出している」〜自分と向き合う処方箋〜 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 「悩みは自分で作り出している」〜自分と向き合う処方箋〜 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

「悩みは自分で作り出している」〜自分と向き合う処方箋〜

「悩みは自分で作り出している」〜自分と向き合う処方箋〜

 

人は誰しも悩むものです。

 

 

 

では悩みとはなんでしょうか?

それはこんなシンプルな仕組みです。

 

 

 

【期待】

 ↑

 ↓

【現実】

 

 

 

この

【期待】と【現実】のギャップ

を「悩み」と呼びます。

 

 

 

期待が満たされない状態ですから、

その時には不満を覚えるものです。

 

 

 

今日は対人不安が強い方向けの

セミナー業務だったのですが、

人間関係で感じる「不満」を聞くと

こんな答えが出てきましたよ。

 

 

 

●Aさん

「親が子育てにいちいち口出ししてくる。

それが鬱陶しくてたまらない!」

 

 

 

●Bさん

「夫はいつも文句と批判ばっかり。

口も聞きたくない!」

 

 

 

●Cさん

「相談相手が誰もいない。

ずっと孤立状態でつらい」

 

 

 

ではこの不満(悩み)を解消すべく

どんな行動をしているのか聞いてみました。

 

 

 

●Aさん

親の口出し

言っても変わらないから諦めている

 

 

 

●Bさん

パートナーの文句・否定

言ってもやめないから諦めている

(そして愚痴を友だちに聞いてもらう)

 

 

 

●Cさん

孤立

どうにもならないから何もしていない

(諦めている)

 

 

 

これでは不満は

一切解消されません。

 

 

 

だったらその不満そのものを

解消する行動を選んだほうが

いいはずです。

 

 

 

たとえば・・・

 

●Aさん

親の口出しに対して

何回口出しされても

毎回毅然と「ノー」で一線を引く

 

 

 

●Bさん

パートナーからの文句・批判に対して

やめてと言う。

聞いてくれないなら別れる

 

 

 

●Cさん

孤立状態に対して

集まりの場に自ら出向く

 

 

 

ところがこんな行動を

誰も取っていないわけです。

 

 

 

不満は募る一方なのに!

しんどさは増すばかりなのに!

 

 

 

それには理由があります。

それは、、、

 

 

 

 

 

不安を避けたいから!

 

 

 

「不満」は嫌ですね。

きついですね。

 

 

 

でもまだ我慢できます。

 

 

 

では「不安」はどうでしょう?

そのままにしておけるでしょうか?

 

 

 

これがなんとも難しいわけです。

 

 

 

不安にさらされるくらいなら、

不満があっても我慢するほうを

選択する人は少なくありません。

 

 

 

つまりしんどいのは

[不満 < 不安]

と言うことです。

 

 

 

不安を避けるために

不満を我慢するという生き方は

とっても生きづらいものです。

 

 

 

さっきの例だと

こんな不安があったようです。

 

 

●Aさん

親に何度口出しされてもその都度

「ノー」で一線を引けばOK!

なのにそれをしないのは

・親から責められること

・拒絶されること

…が不安だから

 

 

 

●Bさん

夫が批判をやめてくれないなら

離縁状でも叩きつけて別れればOK!

なのにそれをしないのは

・一人で生きていくこと

・2度とパートナーが現れないこと

(=ずっとひとりぼっちになること)

・新しい人と出会ってもうまくいかないこと

…が不安だから

 

 

 

●Cさん

孤立がつらいなら

人の集まりに自ら出向けばOK!

なのにそれをしないのは

・誰からも受け入れてもらえないこと

・傷つくような目に遭うこと

…が不安だから

 

 

 

不満と不安を天秤にかけ、

不安が現実化するくらいなら

不満に耐えたほうがマシ・・・

という生き方が選ばれているわけです。

 

 

 

その場では不安を避けられているので

ある意味成功しています。

 

 

 

でもその一方で、

こんなとんでもない副作用が

現れていることにはあまり気づけません。

 

 

 

<不安を避ける副作用>

・望みが満たされず不満が募るばかり

・ストレス対処力が上がらない(成長しない)

・自己肯定感が下がる一方

それよりも何よりも

 

★不安に対する耐性がダダ下がり

||

つまり不安という

「一番嫌なものを引き寄せてしまう」

というとんでもない副作用!

 

 

 

ということで

ここがターニングポイントです。

 

 

 

不安を避けることで

その場しのぎの安心感を

得ることを優先するのか?

 

 

 

それとも

勇気は必要だけど

不安を乗り越える自分に

なっていくことを優先するのか?

 

 

 

選択は自由です。

但し結末は大きく異なります。

 

 

 

前者を選べば

 

・繰り返し不安に苛まれ

・不満は解消されず

・むしろ不安傾向は強まり

・自尊感情は下がり

 

がくっついてきます。

 

 

 

後者を選べば

 

・自信

・自尊感情

・自由意志で物事を選択

・自然体

 

といったものが得られます。

 

 

 

あなたは

どちらが欲しいですか?

 

 

 

もちろんオススメは

 

★不安を乗り越える

ことができる自分になる!

です!

 

 

 

「そのために何をすればいいの?」

のその前に、、、

 

まずは本気で不安を乗り越えることに

取り組んでいくか?いかないか?

の決断がとても大切になります。

 

 

 

まずはそこからです。

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事