わが家を「幸せ親子」「幸せ家族」に育む秘訣 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
わが家を「幸せ親子」「幸せ家族」に育む秘訣 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ わが家を「幸せ親子」「幸せ家族」に育む秘訣 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

わが家を「幸せ親子」「幸せ家族」に育む秘訣

わが家を「幸せ親子」「幸せ家族」に育む秘訣

 

こんにちは。

子育て感情トレーナーの高澤信也です。

 

 

 

「子どもが言うこと聞かない!」

「夫が家のこと何もしない!」

「妻が自分の頑張り認めてくれない!」

 

 

 

そんなお悩みありますか?

 

 

 

それ以外にも

 

・親が!

・上司が!

・ママ友が!

・同僚が!

 

などと人間関係で悩んでいる…

という方は少なくないですよね。

 

 

 

アドラー心理学では

人の悩みの99%は

「人間関係」

と言われるくらいですから、

それもしょうがないのでしょうか。

 

 

 

だからといって

しんどいものをしんどいままに

抱えておくこともまたつらい…。

 

 

 

そこで多くの人が不思議なほど

選ぶ解決努力が、、、

 

 

 

 

*コントロール戦略

 

 

 

相手を変えようとする試みです。

 

 

 

たとえば親子関係であれば

 

●親が子に、、、

・怒りをぶつける

・罰を与える

・餌で釣る

・誉め殺し/ご機嫌うかがい

・泣き落としで訴える

・冷たくあたる

etc.

 

 

しかしこういった試みを

続けていくと、、、

 

 

●子どもの側は、、、

・人への恐怖心が芽生える

・罰でしか動かなくなる

・賞でしか動かなくなる

・エゴが肥大する

・罪悪感を刷り込まれる

・自己肯定感や他者信頼感が下がる

etc.

 

といった副作用が起こりがちです。

 

 

 

目先で相手(ここでは子ども)が

思うように動いてくれるとホッとしますが、

コントロール戦略は中長期的に見ると

副作用(弊害)のほうが大きかったりします。

 

 

 

なので、

できることなら戦略自体を

見直したいところです。

 

 

 

そこで一つご提案。

 

 

 

これもまたアドラー心理学で

大切にされている「目的」です。

 

 

 

それが

かの有名な・・・

 

「課題の分離!」

 

 

 

 

と思いきや

それではなくて、、、

 

 

 

 

☆みんなの幸せ!

 

 

 

人が誰かとの関係で悩むとき、

「相手に変わってほしい!」

と無意識に願っているものです。

 

 

 

「子どもに言うことを聞いてほしい!」

「夫に家のこと手伝ってほしい!」

「妻に自分の努力をわかってほしい!」

 

 

 

あるいは

「親に口出しをやめてもらいたい!」

「上司に認めてもらいたい!」

「ママ友から優しくされたい!」

 

 

 

もっと言えば

「誰からも嫌われたくない!」

「みんなから優しくされたい!」

 

 

 

でもこれは難しい相談。

 

 

 

だって、、、

*自分の幸不幸が相手次第

になっているから。

 

 

 

自分を幸せにできるのは

究極的には自分自身だけです。

 

 

 

人は思い通りになんて

なってくれません。

 

 

 

だったら

自分で自分を幸せにしてあげる

ことに取り組めばいいですよね!

 

 

 

と言いたいところですが、

だからと言って、

*自分だけが幸せ!

で本当にいいんでしょうか?

 

 

 

それだと下手すると

周りは不幸・・・

なんてことになるかもしれません。

 

 

 

そこで先の提案に戻ります。

 

 

 

どうせなら

 

☆みんな幸せ!

 

が良くないですか?

 

 

 

「私だけ」幸せでもなく、

「あなただけ」幸せでもない、、、

 

☆みんな幸せ!

 

 

 

ですが、これ、

めちゃくちゃ難しい!

 

 

 

なぜなら、

自分がストレス感じてるのに

こう考える必要があるからです。

 

 

 

★「みんなの幸せのために

 私にできることは何だろう?」

 

 

ポイントは

「みんな」

です。

 

 

 

そこには

「相手」

だけでなく

「自分」も

含まれていないといけません。

 

 

 

これ、やってみてください。

ほんとに難しいんです。

 

 

 

きっと最初は失敗だらけです。

 

 

 

私はアドラー心理学のある先生から

10年以上前にこの宿題をいただきました。

 

 

 

なのですが、、、

今現在でも「できている!」なんて

思えることの方が圧倒的少数です。

 

 

 

打率にして1割?2割くらい。。。

(いや、2割ないかも)

 

 

 

それまでの打率といったら

それはもう悲惨の一言_| ̄|○

 

 

 

先生!ごめんなさい(( _ _ ))

って感じです。

 

 

 

だけど、

諦めなければ勝機はあります!

 

 

 

仲良し親子を目指すなら、

仲良し夫婦を目指すなら、

仲良し家族を目指すなら、

 

取り組んでみる価値はきっとあります!

 

 

 

もちろん

わが家以外の人間関係でも!

 

 

 

ストレスを感じる場面で

あろうとなかろうと、

 

「みんな幸せ!」のために

 私にできることはなんだろう?

 

を考える。

 

 

 

浮かんだ案の中で今日の自分にできる

*小さなこと

だけやってみる。

 

 

 

その結果がどうであっても、

それにチャレンジした自分を

*褒めたおす!

 

 

 

これが今日の提案です。

 

 

 

よかったら

私と一緒に失敗しまくりませんか?

 

 

 

仲間がいれば

私も非常に心強いです^^

 

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事