心の苦しみを根っこから改善!「3つの心のスイッチ」 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
心の苦しみを根っこから改善!「3つの心のスイッチ」 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 心の苦しみを根っこから改善!「3つの心のスイッチ」 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

心の苦しみを根っこから改善!「3つの心のスイッチ」

心の苦しみを根っこから改善!「3つの心のスイッチ」

 

「子育ての悩みも大きいけど、

自分のことでもよく悩んでしまう」

 

 

「解決しようと自分なりに

頑張ってみるけどうまくいかない」

 

 

 

心の悩みを解決したくて

色々取り組んでも悩みが続き、

気持ちスッキリになれないと

つらいですよね。

 

 

 

そこで今回の記事では

それを乗り越える方法を

をお届けします。

 

 

 

それを読んでいただくと、、、

 

⚫︎なぜ自分の「しんどい」は

消えずに繰り返されてきたのか?

 

⚫︎そこから脱出するには

具体的に何をすればいいのか?

 

がわかると思います。

 

 

 

その解決策とは

 

①自分の意識が留まっている

(=ハマっている)現在地に気づく

②心のスイッチを使って

意識を別の領域に切り替える

 

です。

 

 

 

詳しくは後述しますが、

この方法は三大セラピストの

フレデリック・パールズさんが

創始した「ゲシュタルト療法」という

心理療法の視点を援用しています。

 

 

 

ゲシュタルト療法はいろんな悩みを

解決する視点を持っていますが、

特に「親子間葛藤」の解決には

すごいパワーを発揮しますよ。

 

 

 

ACの生きづらさ回復には

もってこい!かもですね。

 

 

 

ではこの方法を使う上で

欠かせない前提知識から

まずご紹介します。

 

 

 

人が接する3つの領域

私たち人間は

ふだん3つの領域に

接しながら生きています。

 

 

 

①外界の現実(五感で気づく)

②身体感覚や感情(身体で気づく)

③頭の中の思考(脳で気づく)

 

 

 

この3つの領域を

順番に説明していきますね。

 

 

 

五感で外界に気づく

今この文章を読んでいるのは、

「視覚」を使って文字を認識

しているからですよね。

 

 

 

他にも

・嗅覚で匂いに気づく

・聴覚で音に気づく

・触覚で触れた感覚に気づく

・味覚で味に気づく

 

 

 

こんなふうに

五感を使うことで私たちは

 

★自分の外にある現実

 

に気づくことができています。

 

 

 

もし五感が機能不全なら、

私たちは外界を認識することが

できません。

 

 

 

私たちが「今ここ」にある現実

に気づくことができるのは

この五感のお陰です。

 

 

 

身体で感覚や感情に気づく

とはいえいくら五感を

研ぎ澄ましたとしても、

自分の内側に気づくことは

できません。

 

 

 

例えば、、、

・頭がカッと熱くなる

・息が荒くなる

・胸に圧を感じる

・肩や腕の筋肉が緊張する

…という身体反応に気づいて

自分の「怒り」という

感情を認識する

 

 

 

これは五感では

気づけないものです。

 

 

 

私たちがふだん

*「感情」(気持ち)

と言っているもの、

 

これ、実は、

*身体の反応(感覚)

なんです。

 

 

 

したがって、

もし身体感覚がなくなれば、

私たちは感情も感じない…

ということになります。

 

 

 

感情は行動のエネルギーであり、

「今ここ」でどう動けばいいかを

教えてくれるコンパスでもあります。

 

 

 

感情に気づけないと、

人は何をどうすればいいか

わからなくなってしまいます。

 

 

 

脳で思考に気づく

五感で気づくものも、

今からだで感じている感覚も、

どちらも「今ここ」で

現れている事実です。

 

 

 

しかし唯一思考だけは

現実と無関係であっても生じます。

 

 

 

たとえば、、、

 

目の前の相手はあなたに

「嫌い!」と言ってもないし、

「ダメ!」と批判してもいない。

だけど頭ではどうしても・・・

「怒られる!」

「嫌われている!」

と思ってしまう。

その結果

・落ち込み

・恐れ

といった苦しみを伴う感情を

わざわざ作り出してしまう

 

 

 

思考は

「現実」とリンクしていれば

超パワフルな力を

発揮してくれるのですが、

 

先のように現実と乖離すると

それは途端「妄想」と化し

私ちに無用な苦しみを与えます。

 

 

 

ここまでをまとめると、

 

①五感で現実に気づく

②身体で感覚・感情に気づく

③脳で思考に気づく

 

という3つの「気づき」を 使って

私たちは生きているわけですね。

 

 

 

悩み癖を克服する

ここまでご紹介した

「3つの領域」への気づきが、

 

★3つの心のスイッチ

 

になります。

 

 

 

*生きやすい!

*ラク!

 

という状態は、

この3つの領域を自由に

行き来できる状態を指します。

 

 

 

一方でどこかの領域に

“ハマってしまう“と

行き詰まって苦しむのです。

 

 

 

ということで、

この3つの心のスイッチの

上手な使い手になるための

方法をお伝えしましょう。

 

 

①嫌な感じに気づく

まずは身体で感じている

・嫌な感覚

・不快な感じ

に気づきましょう。

 

 

 

うまく言葉にできない

 

・もやもや

・そわそわ

・イライラ

 

程度の感覚に気づければ

それで十分です。

 

 

②3つのどの領域にいるかに気づく

嫌な感じに気づいたら、

いま自分は

 

・外界

・身体

・思考

 

のどの領域に

“ハマっているか“

に気づきましょう。

 

 

 

それに気づけるだけでも

不快さは和らぎますよ。

 

 

③他の領域に意識を向ける

自分がどの領域に

ハマっているかに気づけたら、

 

★別の領域に意識を向ける

 

ことをやってみましょう。

 

 

 

たとえばこんな感じです。

 

 

 

思考で

 

・やるべきこと

・問題解決

・ルールを守ること

 

といったことばかり考えて

脳がパンパンになっているなら、

★自分の身体で感じている

感覚に意識を向け直してみる

 

 

 

身体で感じる感情、

特に不安や自己否定感に溺れる

ことが多いのなら、

★いま目に見えているもの

(=視覚で気づいている現実)

を声に出して実況中継する

 

 

 

ところで

 

・事実

・データ

 

といった外界の情報に

意識がハマりがちなときも

人にはあると思いますが、

 

それで苦しい感じは

あまりしないかもですね。

 

 

 

だけどそこにハマりがちだと

空虚な感じを感じることも

あるかと思います。

 

 

 

それをどうにかしたいときは、

★身体で感じている自分の

気持ちに意識を向けてみる

 

 

 

慣れるまでは

簡単に「いつものパターン」に

ハマってしまうものですが、

 

継続して練習しているうちに

この3つの領域を自由自在に

行き来できるようになるものです。

 

 

 

そうなるとしめたもので、

不快な感じに苛まれても

そこから自力で脱出できる自分!

になっていけますよ^^

 

 

 

今日のまとめ

では今回の記事のまとめです。

 

 

 

もしあなたが
悩み癖で困っているなら、

 

↓↓↓

 

①嫌な感じに気づく

    ▼

②3つの領域のどこに

“ハマっているか“に気づく

    ▼

③別の領域に意識を向け直す

 

 

 

これを日々意識して

練習してみる。

 

 

 

続ければ続けるほど、

なんと!

 

 

 

 

そもそも「悩むこと」自体

グングン減っていく!

 

になりますよ。

 

 

 

千里の道も一歩から。

よかったら参考にしてみてくださいませ♪

 

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事