「うちの親」を超越して生きやすくなる最初の一歩 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
「うちの親」を超越して生きやすくなる最初の一歩 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 「うちの親」を超越して生きやすくなる最初の一歩 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

「うちの親」を超越して生きやすくなる最初の一歩

「うちの親」を超越して生きやすくなる最初の一歩

 

おはようございます。

子育て感情トレーナーの高澤信也です。

 

 

 

『私は親のようにならない』

(クラウディア・ブラック著)

 

 

 

この本が

“アダルトチルドレン“

という概念を

世に広めた一冊です。

 

 

 

最近では毒親育ちという

言葉のほうがメジャーですが、

呼称がなんであっても、、、

 

「親があんな風でなかったら、

こんなに苦しまずに済んだのに…」

 

という痛みを抱えた人たちです。

 

 

 

だからこそ

 

「親みたいにならない!」

と決めて、

 

「親とは違う私」

になろうとするわけです。

 

 

 

それなのに

いざ自分が親になってみると、、、

 

子どもは思い通りにならない

    ↓

感情の波に度々襲われる

    ↓

それを自分で調整できない

    ↓

感情の引き金である「子ども」を

コントロールしようとする

    ↓

しかし思い通りにはいかない

    ↓

ますます感情の波に襲われる

    ↓

より強いコントロール手段を使う

    ・

    ・

    ・

    ↓

そして気づけば「うちの親」と

同じなことをしている自分がいる…

    ↓

そんな「ダメな」自分を

否定せずにいられない

    ↓

自尊感情がダメージを受ける

    ↓

ますます感情の波に襲われ・・・

 

 

 

こうやって

同じ悪循環を回り続ける。

 

 

 

苦しみは増える一方です。

 

 

 

ではなぜこの苦しい状態から

多くの人が脱出できない?

 

 

 

それは車で例えると

わかりやすいです。

 

 

今あなたは

車の運転席に座っている、

と仮定します。

 

 

 

そして

『現在地』がどこか

わかっています。

<現在地>

「あの親」と変わらない自分

あるいはそうなりそうな自分

 

 

 

向かいたい『目的地』が

どこかもわかっています。

<目的地>

「あの親」とは違う

心穏やかな(親としての)自分

 

 

 

⚫︎現在地

⚫︎目的地

がわかっているならあとは

車を目的地に向けて走らせるだけ!

 

 

 

なんですが、

残念ながらあなたはそこに

辿り着けるルートを知りません。

 

 

 

だけど前に進まないと

目的地に辿り着けない。

 

 

 

だからとりあえず

車を走らせるしかない。

 

 

 

それで時々は

進んでるように感じるけど、

やっぱり目的地には着けない。

 

 

 

それを繰り返すうちに

疲弊して行き詰まっていく。。。

 

 

言ってみれば

こんな状態にある ということです。

 

 

 

じゃあどうすれば

この状態から抜け出せる?

 

 

 

車だったら、

カーナビさえあれば

難なく目的地に辿り着けますね。

 

 

 

ACであれ毒親育ちであれ、

「あの親」とは違う自分、

つまり回復にたどり着くために

必要なものがまさにこの、、、

 

★カーナビ役

 

なんです。

 

 

 

そのカーナビ役とは

たとえば

 

★自助グループの

スポンサーであったり

 

★カウンセラーや

セラピストであったり

 

★その目的地に

すでに辿り着いている

“一歩先行く仲間“だったり

 

 

 

そういった方たちが

あなたにとっての

カーナビ役になるんですよ。

 

 

 

自分の力では

どうにもならないことは、

 

自力だけでは無理!

 

潔く認めた上で

他力を借りることが必須です。

 

 

 

もしあなたが いくら頑張っても

「親みたいになりたくない!」

に近づけないなら、

ぜひ他力を借りてみてくださいい

 

 

 

人の手を借りることは

弱さでも甘えでもありません。

 

 

 

人に

「手を貸してください!」

を頼むことを援助要請と言います。

 

 

 

これって実は

*自力で頑張る!

に次いで大切なスキルです。

 

 

 

だって私たち人間に

できることには限りがありますもの。

 

 

 

自力に行き詰っているなら、

カーナビ役である“他力“

借りてみることをお勧めします。

 

 

 

そしたらとっても楽ですよ♪

 

 

 

だってどの道を通ればいいか

教えてもらえるわけですから、

それに沿って自分の役割である

運転を頑張ればいいからです。

 

 

*注

但し、運転まで

人任せにしちゃだめですよ。

それ、成長を阻む依存ですから。

 

 

 

他力を借りるメリットは

それだけでありません。

 

 

 

カーナビと違って

他力は「人間」ですから、

そのつながり(絆)が

回復度を爆増させてもくれます♪

 

 

 

未来に希望を持てたり、

折れそうな心を立て直せたり、

自分をいたわる気持ちが湧いたり、

もちろん子育てをより良くできたり。

 

 

 

どうかあなたが

よきナビ役と出会えますように(^人^)

 

 

 

「と言っても何から始めればいい?」

 

 

 

その一歩に役立ちそうな

勉強会を間もなく2回開催予定です。

 

 

 

詳細はこちらに書いてますので

よかったらこれも「小さな他力」

として試しに使ってみてくださいね。

↓↓↓

【勉強会】「毒親になりたくない!」ママさん限定!

 

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事