「わが子の幸せを本当に望んでいますか?」それは親の〇〇次第です。 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
「わが子の幸せを本当に望んでいますか?」それは親の〇〇次第です。 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 「わが子の幸せを本当に望んでいますか?」それは親の〇〇次第です。 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

「わが子の幸せを本当に望んでいますか?」それは親の〇〇次第です。

「わが子の幸せを本当に望んでいますか?」それは親の〇〇次第です。

 

昨日は週1回の行政の仕事で

不登校・ひきこもりの親御さん向け

セミナーの講師業務でした。

 

 

 

昨日は特にわが子の不登校に悩む

親御さんが大半でした。

 

 

 

昨日のお母さんたちもそうでしたが、

本気で解決を望んでいる方たちは

ネット、書籍で情報を得て終わり…

なんてことはありません。

 

 

 

セミナーや講座を受講して学んだり、

スクールカウンセラーに継続相談したり、

官民のいろんな場に相談に出向いたり。

 

 

 

そしてそこで得た知見を

実際に行動に移していく

「動くおかあさん」です。

 

 

 

それだけの動きができることが

本気で真剣に努力している証ですね。

 

 

 

実はこの姿勢こそが

解決につながるリソース。

 

 

 

解決に至るまでにはそれなりに

お金も労力も時間もかかるけれど、

その姿勢が解決に近づけてくれます。

 

 

 

その一方で、それと正反対の

悲しい事例も過去にはそれなりに

ありましたよ。

 

 

 

「幼い子どもを怒鳴ったり

叩いたりする自分を変えたい!」

 

 

「(不登校になって)話すら

してくれなくなった子どもとの

関係を改善したい!」

 

 

「ひきこもって死んだように

生きている子どもを自立させたい!」

 

 

 

それを聴くと

「よっしゃー!

一緒に頑張りまっしょい!」

なんて気にもなるわけですよ。

 

 

 

だけど、相談の予約を取る

という段階までは到達できても、

その際に・・・

 

●お金がかかる

●労力がかかる

●時間がかかる

 

ことがわかったとたん

 

 

「じゃあ、いりません!」

 

なんて電話ガチャ切りされたり、

メール返信なしなんてことは

実は1回2回ではありません(涙)

 

 

 

こういった方々も間違いなく

問題解決は望んでおられます。

 

 

 

だけど、

 

「お金がかからない」

「労力やかからない」

「時間がかからない」

 

ことを望んでいるということは、

 

「解決はしたい!」

だけど

「大変な思いはしたくない」

 

という姿勢であることがうかがえます。

 

 

 

できるだけ楽な状態での

解決を希望する姿が垣間見えます。

 

 

 

敢えて言葉を選ばずに

言わせていただければ、

 

それは本気ではない!

と言えます。

 

 

 

突然ですが質問です。

 

 

 

親子の悩みにかかわらず、

問題を解決する上で

“最初に”

必要なことは何だと思いますか?

 

 

 

●有能な支援者?

 

●相手が自分の問題に気づいて

自ら変わってくれること?

 

●周りの共感的な理解とサポート?

 

●相手を思い通りに変えられる

魔法みたいな言葉?

 

●これさえやれば万事解決!

みたいな奇跡みたいな秘策?

 

 

 

どれもあるといいですよね。

 

 

 

ですが全部ぶぶー。

不正解です。

 

 

 

正解は、、、

 

何があっても

絶対に解決してやる!

という腹くくり

 

 

 

つまり

★覚悟という姿勢(=あり方)

です。

 

 

 

これを心理療法では

willingness(意志)

と呼びます。

 

 

 

解決に向けた

★志(こころざし)

のことです。

 

 

 

これが備わっていないと

依存的な姿勢からなかなか

抜け出すことができません。

 

 

 

「できれば無料か安価で!」

 

「できれば代わりに誰かがやってくれるか、

 無理でも超簡単な方法で!」

 

「1秒でも早く終わる方法で!」

 

なんてものを求めがちになるわけです。

 

 

 

もしかすると世の中には

そんな方法もあるかもしれません。

 

 

 

ですが、

たとえそんな方法に出会えたところで

覚悟なきままに「楽さ」を求める姿勢が

維持されていれば、必要最低限のことすら

愚直に実践ができません。

 

 

 

結局は問題解決には至らないのです。

 

 

 

ある問題に行き詰っている時とは、

 

・自分の価値観

・これまでのやり方

 

行き詰っているというサイン。

 

 

 

ここから脱却するには

自分がこれまで長いこと

使ってきたものとは異なる、、、

 

●価値観

●視点

●あり方(マインド)

 

が絶対的に必要です。

 

 

 

自分にないものを得る必要がある

ということになるわけですから、

お金も労力も時間も必要です。

 

 

 

それを惜しむことなく

★絶対に成し遂げてやる!

 

 

 

その覚悟こそが

●親の成長

●子どもの幸せな未来

を創ります。

 

 

 

親が腹をくくると態度

(子への接し方)が変わります。

 

 

 

親の接し方が変わると

子の反応が変わります。

 

 

 

子の反応が変わると

親子が話し合える仲間に

変容していきます。

 

 

 

親子が仲間になると

子どもの心に勇気が芽生えます。

 

 

 

勇気が芽生えると

行動が変化していきます。

 

 

 

行動の変化によって

問題が解決していきます。

 

 

 

親が腹をくくりによって

こういった変化が現れたケースは

決して少なくありません。

 

 

 

子ども自身に変化を求めるのではなく、

愛するわが子のためにまずは自分が

腹をくくって自らを変えていく!

 

 

 

自分にできることをやっていく!

 

 

 

それが結果的に

問題解決だけでなく、、、

 

★わが子の勇気

★親子の絆

 

といったものまで

もたらしてくれるんです。

 

 

 

志を土台に

すでに動いているあなたへ。

 

 

 

今はまだ解決の道の途中で

きっと困難も多々あると思います。

 

 

 

でもその志(覚悟)があれば

きっと道は開けます!

 

 

 

だからとにかくその歩みだけは

止めないでくださいね。

 

 

 

失敗とは

「途中でやめた」

という意味に過ぎません。

 

 

 

したがって途中でやめなければ

きっと道は開けます!

 

 

 

覚悟をもって動いているあなたを

心から応援しています!!!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

【追記】

但し、動く「方向性」がズレると

徒労に終わるし解決にも至りません。

 

 

 

ということで、

近いうちに

★頑張る方向性

についてもお届け予定です。

 

 

 

こうご期待!

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事