» 「このブログはつまらない」|AC回復・毒親卒業ブログ
 » 「このブログはつまらない」|AC回復・毒親卒業ブログ

アダルトチルドレン(AC)専門の心理カウンセラー高澤信也 公式サイト

「このブログはつまらない」|AC回復・毒親卒業ブログ

「このブログはつまらない」|AC回復・毒親卒業ブログ

 

福岡のアダルトチルドレン支援カウンセラー高澤です。

 

気づけばもう3月。

そろそろ春ですね〜。

 

このサイトをアップして丸々2ヶ月経過しました。

最近はブログも(以前より)マメに挙げています。

 

だがしかし!です。

前のブログをよく読んでくれていた奥さんに今朝

「わしのブログ見てくれてる?」

と尋ねたところ、、、

 

あなたのブログはつまらない

妻「ブログ?最近はあんまり見てないよ」

私「え、なんで?」

妻「だってぇ、、、つまらんもん。つまらんけん見らんよ〜^^」

私「つ、つ、つまらんと?み、み、見とらんと?な、な、なんで?」

妻「だって〜、訳わからんノウハウばっかりやん。つまらんもん^^」

私「( ̄◇ ̄;)」

 

 

おぢさん反撃→しかし撃沈

かなりの衝撃ではありましたが、負けじと奥さまに自分の意見を言ってみました。反撃開始であります( ̄▽ ̄)

 

私「でもさ、お役立ち情報があるけん、見てくれる人がおるっちゃないと?それ無しに地方の訳わからんおじさん(=私)のブログなんかに興味もてる?」

 

妻「ノウハウだけなら、そんなもん本があれば十分やん。ていうか、そもそも『お前誰やねん!』が伝わっとらんのに、その人の話を誰が信じるかなぁ^^」

 

おいおい、奥さんよー。

キラキラした笑顔できついこと言いますなぁ。

衝撃が膝にくるよ。膝に_| ̄|○

 

でも確かにそうでした。

私が敬愛する水澤都加佐先生も同じようなことおっしゃっていたことを思い出しました。

 

ところで1ミリも遠慮のない奥さまの発言(しかもキラキラ笑顔で)はこのあとも続いたのでした…。

 

 

「つまらないポイント」探索

ということでただ今、奥さまからいただいた貴重なご意見を参考にして、クライエントさんが来る前のこの時間を使って

◎このブログのつまらなさ探索(涙)

をしているところであります。

 

確かにノウハウの羅列みたいなことばっかり書いてあって、なんとなく無機質というか、温かみが感じられないというか、そんな感じがしました。

 

そういえば奥さまも

「なんか、『ノウハウあるから、あとは自分で勝手にやって!』って突き放された感じもするし」

なんておっしゃっておられました(( _ _ ))

 

自分で言うのもなんですが

「偉そうに専門家テイスト出してんじゃねーよ!そもそもお前誰やねん!」

って感じなんじゃないだろうかと思ったところであります。

 

きっと今夜は涙で枕を濡らすことでしょう・゜・(ノД`)・゜・。

 

 

ご意見・リクエストお待ちしてます

もちろんほかにも見直すべきポイントはたくさんあるのだろうと思います。

ですが今回は今日の振り返りの視点の分だけ見直してみることにしました。

 

お役立ち情報は引き続き発信いたしますが、「お前誰やねん」状態からの脱却も目指していこうという所存でございます。

 

あと、息子大好き人間ですので、親バカならぬバカ親っぷりも臆することなくさらしてまいろうかとも思っております。

 

ですが、それ以上にこのブログを読んでくださっているあなたからの「こんなの載っているといいよ〜」「こんなのあると助かるよ〜」といった声が一番の助けになります。

 

そういったリクエストやご意見などありましたらお知らせくださいませ(^人^)

自分の力量でお答えできるもので、尚且つそれが当事者のみんなの助けになるものでしたら極力載せていこうと思います。

 

お詫び)コメント欄なくて申し訳ないです。そもそも設定がなされていないのです。当面は問い合わせフォーム、Facebookページのコメント欄、メールなどからお願いします。

 

◯問い合わせフォームはこちら

◯Facebookページはこちら

◯メール:info@trifolie.net

※注)携帯会社のキャリアメールは不着が頻発するようですので、メールはプロバイダのメール、もしくはgmailなどのフリーメールにてお願いします。

 

 

直言されても倒れなくなった理由

奥さまから今朝もらった(喰らった?)ような遠慮なしの直言。

昔の私なら瞬時に全身が熱くなって反射的に言い返していたことでしょう。

 

さらにその直後には

「頑張りを粗末に扱われた!」

「人格を否定された!」

「俺のことを見下している!」

なんて捉えて怒り大爆発状態へ移行。

 

しかしそれが時間が経つと

「また(同じ失敗を)やってしまった…」

「こんなこと言われるのは自分がダメだから…」

「ほんとに自分が情けない…」

と自己批判モードでバタンキュー状態。

 

怒り→爆発→自己批判→恥…の繰り返し

 

苦しいのに同じ仕組みを何度も何度も繰り返す。

やめたくて自分なりに必死に頑張るけど変わらない。

 

かつてはそんな日々でした。

 

今朝みたいな会話を穏やかな気持ちで笑いながらできる日が来るなんて、昔の自分には想像もできなかったことです。

 

自分で言うのも変ですが、人間って本当に変われるんですね。

 

支援者になる前からセルフヘルプをいろいろやってきておりますが、今日のような変化を一番助けてくれたものは

*自己慈悲(セルフ・コンパッション)

だったんじゃないかと思います。

 

自分のお尻を叩くことなく

自分を卑下することなく

そのままをゆるす、みたいな感じです。

 

以前は

「出来が良い“すごい”自分」

「周りから尊敬される自分」

つまりは「誰からも批判されない自分」

…そうなるしか手はないと思っていました。

 

でもこの「恥の鎖」から解放してくれた自己慈悲はまったくの正反対でした。

 

*不十分で不完全な自分を受け入れる

*失敗や間違いを犯す自分をゆるす

*それでも懸命に生きている自分を敬う

 

一直線にこうできるようになったわけではありませんが、これができるようになって、昔よりずっと肩の力を抜いて生きていけるようになりました。

 

だって「すごい自分」にならなくていいのですから。

 

自分を楽にしてあげるプロセスは一生つづくものですから、これからももっと自分を助けていこうと思っています。

 

それを、自分助けを頑張りたい方たちと仲間になって共有できたらうれしいかぎりです^^

 

 

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事