子どもの自己肯定感を高める唯一無二の方法 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
子どもの自己肯定感を高める唯一無二の方法 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 子どもの自己肯定感を高める唯一無二の方法 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

子どもの自己肯定感を高める唯一無二の方法

子どもの自己肯定感を高める唯一無二の方法

 

こんばんは。

子育て感情トレーナーの高澤信也です。

 

 

 

「うちの親みたいにならない!」

「毒親にはなりたくない!」

 

 

 

その思いを実現するために

必要なことが学べる勉強会は

11月17日(木)締切です。

 

 

 

残席わずかですので

ご希望の方は今すぐこちら!

↓↓↓

【勉強会】「毒親になりたくない!」ママさん限定!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

「子どもまで自己肯定感が

低くなってしまった・・・」

 

 

 

そんなお悩みありませんか?

 

 

 

いまや自己肯定感ブーム

真っ盛り。

 

 

 

関連情報はそれこそ

数えきれないほどありますね。

 

 

 

親向けに

「子どもの自己肯定感を高める」

なんて本もたくさんです。

 

 

 

なんかここまでくると

「それないとやばいよ!!!」

って脅しに近い気もします 汗

 

 

 

そこで生まれる問いは、、、

 

どうしたら子どもの

自己肯定感は高まるの?

 

 

 

グーグル先生で調べてみると

↓↓↓

●子どもの話に耳を傾ける

●子どもの意見を尊重する

●自分で選択してもらう

●結果でなくプロセスをほめる

●よその子と比べない

などなど・・・

 

 

 

確かにこんなことが

できたら子どもはきっと

 

\この自分でいいんだ!/

 

って感じられるかもですね。

 

 

 

なにせ私も数日前の

子育て講座で似たようなこと

話してきましたし。

 

 

 

でもですね、

ここにひとつ落とし穴が

あるわけなのですよ。

 

 

 

それはなにかと言えば

============

”良い方法”さえあれば

悩み・問題は解決できる!

は、前提の誤り!!

============

 

 

 

こんな前提があるから

人は困ったり悩んだときに

「何をしたらいい?」

と方法を探すわけですよね。

 

 

 

それで

「良い」

と言われるのをやってみる。

 

 

 

だけどなぜか

うまくいかない。

 

 

 

そこでまた別の

「良い」

と言われる方法を探して

やってみる。

 

 

 

ちょっとは変化あるけど

やっぱりうまくいかない。

 

 

 

それを繰り返すうちに、、、

「いったいどうすりゃいいのさ!」

と行き詰ったりする。

 

 

 

頑張っても結果が出ないと

そりゃしんどいですわね。。。

 

 

 

いい方法で解決できないなら

何で解決できるのさ!

って私なら嚙みつきたい

ところですな~(^^;)

 

 

 

そもそも方法だけで

悩みや問題が解決するなら、

本やネットの情報だけで万事解決!

とならないとおかしいわけで。

 

 

 

現実がそうなってないということは、

それ以外の要因があるってことです。

 

 

突然ですが

あなたはスポーツしますか?

 

 

 

たとえばテニス。

 

 

 

ウィンブルドンで優勝した

選手が使っているラケットや

シューズと全く同じものさえあれば、

同じ結果が出せるでしょうか?

 

 

 

んなわけないですよね。

 

 

 

何が違うって

*道具を使う人

が全然別ですもの。

 

 

 

私たちの悩みもこれと同じ。

 

 

 

 

探し回ってすごくいい方法に

出会うことができたとしても、

それを扱える自分になってないなら

結果が出るはずないですよね。

 

 

 

ここで冒頭に戻りまして、

じゃあわが子の自己肯定感を

高めることのできる自分になるには

どうしたらいいのか?

 

 

 

それは上述したような

「子どもの自己肯定感を高める方法」

を難なく行動に移せる自分になること。

 

 

 

その重要項目が、、、

 

 

============

親自身が欠点も弱点もある

自分を受け容れること!

============

 

 

 

いわゆる

★自己受容

ってやつです。

 

 

 

不完全な自分を

受け容れることができると、

不完全なわが子も

受け容れることができます。

 

 

 

不完全な自分を

受け容れてもらった子どもは、

 

素の自分を

「大切な存在!」

と感じることができます。

 

 

 

つまりそれこそが

子どもの自己肯定感が

高まった状態!

 

 

 

そのための必要条件が

親の自己受容です。

 

 

 

まずは手始めに

『自分責め』

に気づくことから

始めてみてはいかがですか?

 

 

 

「あ、また自分で自分に

心でダメって言っちゃった」

 

「これ、結構やってるな~」

 

くらいで十分ですから。

 

 

 

決して

「自分を責める自分」を責める

なんてしなくていいですからね~♪

 

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事