勘違いしていませんか?「やさしい母親」「厳しい父親」にまつわる誤解 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
勘違いしていませんか?「やさしい母親」「厳しい父親」にまつわる誤解 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 勘違いしていませんか?「やさしい母親」「厳しい父親」にまつわる誤解 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

勘違いしていませんか?「やさしい母親」「厳しい父親」にまつわる誤解

勘違いしていませんか?「やさしい母親」「厳しい父親」にまつわる誤解

 

母親はやさしく!

父親は厳しく!

 

 

 

時代が変わっても

現存している価値観です。

 

 

 

確かに両方とも大切。

どちらもないと困りますよね。

 

 

 

だけど、

 

⚫︎(母性的な)やさしさ

⚫︎(父性的な)厳しさ

 

という言葉が誤って

理解されているケースが

あまりにも多いことに驚きます。

 

 

 

まずは

「やさしさ」

 

 

 

これは例えば

 

*子どもの話に耳を傾ける

*感情をそのまま受容する

*弱っているときは勇気づける

*感情的に動揺しているときはなだめる

(特にハグ(触れる)が効果的!)

 

などといった関わりです。

 

 

 

だけどこの

「やさしさ」が勘違いされ、

こんなことになっているケースは

実は珍しくありません。

 

 

 

・子どもが傷つかないよう先回り

・したいことはさせ、

 したくないことは免除する

・子どもがすべきことも肩代わり

・トラブルあると事実がどうであれ

 わが子を「被害者」の立ち位置に据える

etc.

 

 

 

これはやさしさでも愛でもなく

「甘やかし」

です。

 

 

 

その場では仲良し親子で

いられるかもしれませんが、

先々この子は生きづらくなる

可能性が非常に高いんです。

 

 

 

だって、

☆自分で生きる力

が全然育たないから。

 

 

 

親はそれを「やさしさ」と思い、

子どもはその関わりに快を感じる。

 

 

 

だけどそれが時を経て、

先々生きづらさを抱えて

困るのは他ならぬ子ども自身。

 

 

 

これはまぎれもない

“地雷“

です。

 

 

 

次いで

「厳しさ」

 

 

 

これまた勘違いが

とっても多い言葉です。

 

 

 

これは大きな括りで

言えば次の2つです。

 

*子どもがしたくなくても

 すべきことは促す

 

*子どもがしたくても

 すべきでないことは止める

 

 

 

但しここで言う

「すべき」

「すべきでない」

は親の価値観とは無関係。

 

 

 

わが子が

 

☆自分の力で生きていける

☆周りの人間と協力できる

☆不完全な自分を肯定できる

 

ようになっていくために

必要か否か?という視点です。

 

 

 

とはいえこれを闇雲に

押し付けることはまた違います。

 

 

 

*子どもの言い分を聞き

*なぜそれが必要かを真摯に伝え

*わが子がそれをできるように

 サポートしていく

 

 

 

こんなあり方がセットで必要です。

 

 

 

そして「厳しさ」もまた

同じように勘違いされ、

こんなふうになっているケースは

あちらこちらで散見されます。

 

 

 

・親が正しいと思う価値観を押し付ける

・親の言うことを聞かないと力づくで正す

(責める、怒鳴る、叩く、罰を与えるなど)

・子どもの意見や反論に耳を貸さない

etc.

 

 

 

これは厳しさではなく

「支配」(コントロール)

です。

 

 

 

もし子どもが

これに屈してしまえば

「生きていく欲求」

は根こそぎ削がれます。

 

 

 

だってそこに

「自分の人生」

なんてものは皆無だから。

 

 

 

もし子どもが

これに徹底抗戦すれば

「争う生き方」

が身についてしまいます。

 

 

 

そうなるとその子は

*人と対等につながること

がとても難しくなります。

 

 

 

だって

人は敵!

になってしまうから。

 

 

 

いかがですか?

 

あなたのわが家では

●母性的なやさしさ

●父性的な厳しさ

は勘違いされていませんか?

 

 

 

「はっ!勘違いしてた!」

と思ったなら今がチャンスです♪

 

 

 

今ここから

変えていけばいいだけですもの。

 

 

 

もしも

母性的なやさしさと

父性的な厳しさをもって

わが子に関わることができたら、

 

その先にはこんな

親子関係が訪れるかもですよ。

 

 

 

★子どもに生きる力が備わる

★「人は信頼できる」と感じる

★「私はこの私でいい!」と思える

 

 

 

それより何より

 

★生まれてきてよかった!

 

と感じられる。

 

 

 

わが子にこんな未来を

プレゼントしてあげたいなら、

今が最大のチャンスですよ♪

 

 

 

かく言う私もまだ全然道の途中。

一緒に頑張っていきましょう!

 

 

 

追伸、どうせ頑張るなら、

喜びや実りがある方向に向けて

頑張りまっしょい!

 

 

 

 

+───────────────

【SNS】

●LINE公式

https://lin.ee/j0zYBB0

 

●アメブロ

https://amba.to/3rA5WTX

 

●YouTube

https://bit.ly/3ki26ec

───────────────+

 

 

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事