不登校の問題の中核は「学校に行けないこと」ではなく、親の○○ | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
不登校の問題の中核は「学校に行けないこと」ではなく、親の○○ | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 不登校の問題の中核は「学校に行けないこと」ではなく、親の○○ | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

不登校の問題の中核は「学校に行けないこと」ではなく、親の○○

不登校の問題の中核は「学校に行けないこと」ではなく、親の○○

 

「子どもが学校に行かなくなってしまった」

「親の話を全然聞いてくれない」

「ゲームばっかりで外にも出ない」

「どう声かけすればいいかわからない」

「一体どうしたらいいの?」

 

 

今や小学校低学年でも

珍しいものではなくなった不登校。

 

 

あなたにもそんな

お悩みがあるでしょうか?

 

 

令和3年10月の文科省データによると

 

●小・中学校における長期欠席者数

287,747人

(前年度252,825人)

 

●このうち不登校によるもの

196,127人

 

 

 

先の訴えは

ある日突然お子さんが不登校になり、

困り果てて相談に来られた母の声です。

 

 

子どもの不登校を解決しようと

多くの親御さんがやりがちな

解決努力は、、、

 

●無理やり学校へ連れていく

●説教や批判をして登校を強制する

 

 

でもわが子は動かない。

 

 

そこで、、、

 

●親がどれだけ困っているかを訴える

●懇願する

●ご機嫌伺いをする

 

 

それでも動かない。

 

 

そして、、、

 

●諦めて声かけをやめる

●腫物扱いする

(親が子を避け出す)

 

 

ますます関係は悪化。

 

 

そこで、、、

●困り果ててカウンセラーに相談

 

 

すると

「本人の力を信じて

黙って見守りましょう」

などと言われる。

 

 

その言葉を支えに見守った結果、

気づけばわが子は30代、40代…

 

 

こういった悲しい事例が

数え切れないほど起こっています。

 

 

他人事として見れば

こんな関わりが奏功しないことは

明らかなのですが、でも多くの

親御さんが不思議と同じ道を辿ります。

 

 

それは多くの親御さんが誤って

信じてきたある思い込みのせいです。

 

 

その思い込みとは

 

 

 

 

「子どもは親の言うことを聞くのが当たり前」

 

 

別の言い方をすれば

「子どもはコントロールできる」

 

 

この前提があるからこそ、

子どもが思い通りにならなくなった途端、

多くの親御さんが狼狽するわけです。

 

 

親子と言えども別人格。

思い通りにならないことが

ほんとは前提なんですけどね。

 

 

それなのになぜ多くの親が

こんな思い込みを持っているのでしょう?

 

 

それは、、、

*子どもが小さい頃は

この方法が有効だったから

 

 

しかしその戦略があるとき

急にうまく行かなくなります。

 

 

わが子の不登校で親御さんが

困り果てるのもその一つでしょう。

 

 

不思議なもので、

うまく行かなくなったのに

大抵は同じ方法が繰り返されます。

 

 

やっていることは同じなのに

結果だけは違うものを求めても、

得られるはずもないですよね。

 

 

さてさて、

不登校に関わらず、

子どもを望み通りに

動かせなくなってしまった…。

 

 

ではこれは問題かというと、、、

 

*実は大チャンス!!!

 

 

何のチャンス?

 

 

それは

☆わが子への関わりを見直す好機!

 

 

「今までのやり方が通用しなくなった」

ということは

「違うやり方に変えればいいよ!」

というお知らせとも言えます。

 

 

子どもの成長に合わせ、

親は関わり方を変えていく。

 

 

それは親の成長を意味する。

 

 

それがより良い

親子関係を創りだしていく。

 

 

不登校に関わらず、

子どもへの関わりが

うまく行かなくなったら

☆子育てを次のステップに

進めることができるチャンス!

 

 

これまでとは違う

わが子との関わりを模索しながら

親子で一緒に成長できたら素敵ですよね!

 

 

そのためには、

やっぱり、

変わるのはまず親から!

 

 

これ、合言葉です(^-^)b

 

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事