子育てのしんどさをグッと軽くする「三種の神器」 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ
子育てのしんどさをグッと軽くする「三種の神器」 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリロゴ 子育てのしんどさをグッと軽くする「三種の神器」 | 親育ちと子育てをサポート|トリフォリ

子育てのしんどさをグッと軽くする「三種の神器」

子育てのしんどさをグッと軽くする「三種の神器」

 

「いろいろやってきたけど、

子育て全然ラクにならない!」

 

 

 

そんな状態での子育ては

とってもつらいものです。

 

 

 

だからといって

誰かが代ってくれるわけでもない。

 

結局自分がやるしかない。

 

 

 

それじゃあまりに

報われないってもんです。

 

 

 

そこで今日のメルマガでは

そのしんどさを解消してくれる

『三種の神器』

をお届けします。

 

 

 

それがわかると

親の私たちが何を

備えればいいかがわかります。

 

 

 

その三種の神機とは、、、

 

①環境

②他力

③自力

 

の三つを指します。

 

 

 

子育て支援に限らず、

対人支援機関ではこの3つの

いずれかを必ずサポートしています。

 

 

 

それが全部揃えば

結構な無敵状態!

 

 

 

それはさすがに難しくても、

一つでも多くのものを得たいですね。

 

 

 

ではその三種の神器を

一つずつ説明していきましょう。

 

第一の神器:環境

環境調整

という言葉があります。

 

 

 

私たちを取り巻いている環境の

現状をより良くするという意味です。

 

 

 

懸命に子育てしているけれど、

それがうまくいかずに悩む

親御さんがおかれている環境には、

大抵助けになる資源が不足しています。

 

 

 

たとえば、、、

 

●家庭内に安心安全が不足している

(例:DV、虐待、支配的関係)

 

●病気、障害を抱える家族成員がおり、

ケアに労力を割く必要がある

 

●経済的苦境などで

日常生活に支障が生じている

 

 

 

こういった環境では

子育て以前に通常の日常生活を

送ることに支障をきたします。

 

 

 

こういった環境にある方に

まず必要なことが環境調整ですが、

これは自力だけではどうにも

ならないことがほとんどです。

 

 

 

ここで必要な資源は

行政や社会福祉といった

公的資源の手を借りること。

 

 

 

そういった手助けを通じて

まずは環境を整えることが

最優先です。

 

 

 

第二の神器:他力

環境に最低限の安心安全と

生きるための必要条件が戻ったら、

次に必要なものが

『他力』

 

つまり他者の助力です。

 

 

 

特に

 

・シングルマザー(ファーザー)

・夫婦が協力的関係にない

 

家庭では他者の助力は必須です。

 

 

 

地域によって偏りはありますが、

官民を問わず子育て支援機関は

数多く存在しています。

 

 

 

・行政の子育て相談窓口

・市区町村の保健所

・かかりつけのお医者さん

・各地域の社会福祉協議会

・子育てママさん専用サークル

・自助グループ

・カウンセラーやセラピスト

etc.

 

 

 

子育てに行き詰った「後」ではなく

「前」に他力を活用することで、

心の余裕のなさが少しずつ

解消されていくものです。

 

 

 

他力を使わないと、

「子」育てが

「孤」育てに

なってしまいますよ。

 

 

 

活用できる他力を

ひとつでも多く活用して

子育てをラクにしてくださいね。

 

 

 

第三の神器:自力

第一に環境を調え、

第二に人の手を借りる。

 

 

 

ここでようやく

「自分で自分を助ける」

セルフヘルプの出番です。

 

 

 

たとえば

 

・好きな音楽を聴く

・好きなアロマを嗅ぐ

・触り心地の良いクッションを抱く

・おいしいご飯を食べる

・好きな映画を観る

 

などのような

★五感が喜ぶこと

をする。

 

 

 

ほかにも

 

・ヨガやストレッチをする

・ゆっくり優しい呼吸をする

・身体をなでたりさすったりする

 

などのように

★身体が喜ぶこと

をする。

 

 

 

あるいは

 

・気の置けない人とゆっくり過ごす

・安心して過ごせる居場所を見つける

・愛する人と共に時間を過ごす

 

などのように

★つながり(絆)

を感じることをする。

 

 

 

こうやって自分を助けることも

とっても大切なことですよね。

 

 

 

ですが時折、

 

「すでにいっぱいっぱいなのに、

これ以上何かをするなんてムリ!」

 

といった訴えを耳にします。

 

 

 

働きながら、

家事をしながら、

その状態での子育て。

 

 

 

余裕を持つのは

とても難しいことです。

 

 

 

それなのに

セルフヘルプという「何か」まで

やらないといけないとなると、

 

「もうこれ以上は頑張れないよ…」

となるのも自然なことだと思います。

 

 

 

とはいえ、

自分助けをしなければ

ラクになりたくてもなれません。

 

 

 

じゃあどうしたらいいんだよ!

って話です。

 

 

 

それこそが今日一番

伝えたかったことです。

 

 

 

現状で自力を使えない時って、

大抵はその手前の二つの神器、

 

①環境調整

②他者の助力

 

が不足しているから。

 

 

 

この2つを先に備えたうえで

自分助けは初めて機能します。

 

 

 

自分のお尻を叩いて

ムリして頑張らせる前に、

まずはこの2つを備えましょう。

 

 

 

そこには決して

手を抜かないでくださいね。

 

 

 

自分助けはそのあとで

十分ですから。

 

 

 

追伸でお知らせ

先日予告した通り、

10月は体験セッションを

複数回実施いたします!

 

 

 

ひとまず日時だけ確定したので

お知らせしときますね。

 

①10月10日(月・祝)10:00~12:00

②10月21日(金)10:00~12:00

③10月25日(火)13:30~15:30

 

*いずれも先着3名さま限定です。

 

 

 

体験セッションは

今回紹介した三種の神器のうち、

第三の神器である「自力」を

詳しく知る機会にもなります。

 

 

 

これまで体験セッションに

参加したことない方はぜひ

お越しくださいね♪

 

 

 

では今日はこのあたりで(@^^)/~~~

 

 

 

関連記事

まずはお気軽にご相談下さい 【無料動画】生きづらさを抱えた母親の育児がもっと楽になる秘訣

おススメの記事