アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • ACと援助職とタフラブ

     

    こんにちは。

    たかざわです。

     

     

    とうとう新年度。

    まわりは満開の桜が咲き乱れていて

    とても美しいかぎりでございます。

     

     

    そんななか心臓手術の日程が決まり、

    一気にビクビクドキドキになってます。

     

     

    クライエントさんがたには

    「生還したらまた会おう」

    「ダメだったら会えなくなるけどごめんね」

    などとお伝えしている昨今でございます。

     

     

    するとある方(仮名Aさん)が

    とつとつと自分の想いを語ってくれました。

     

     

    注)以下で事例を紹介しておりますが、

    個人が特定されないよう複数の事例に

    脚色を加えたものになっています。

     

     

     

    あるAさんの物語

    乳幼児期から過酷な家庭環境で

    生き抜いてきたAさん。

     

     

    胎内にいた頃から腹をけられ、

    出生や性別まで否定され、

    日々のくらしでは暴言暴力、

    面前DVにもさらされ、

    果ては命を奪われかけたことも。

     

     

    こんな過酷な環境を

    よくぞ生き抜くことができたと

    驚くばかりです。

     

     

     

    志は心指し

    このAさん。

     

     

    親への恨みやら怖れやら執着やら

    いろんな感情で苦しみながらも、

    自分を助けることだけは最後まで

    決して諦めずに続けて来られました。

     

     

    私はそのAさんを支援してきたはずですが、

    昨今明らかに追い抜かれた感がございます(汗)

     

     

    人の力って恐るべし!

     

     

    そしてこのまえこっそり

    援助者を目指していると教えてくれました。

    しかもトリフォリをいつか手伝いたいと(涙)

     

     

    ACの特質には

    ・見捨てられ不安

    ・世話焼き

    ・低い自己評価

    といったものがあるため、

    それを取り除けないままに援助職に就くと

    かえってつらいことになりがちです。

     

     

    おそらく現職の方の中にも

    この特質を残したまま援助をなさっている方は

    少なからずいらっしゃるかもしれません。

     

     

    一方でこのAさん、

    徹底的に自分にフォーカスを当て続け、

    徹底的に自分の課題に取り組みつづけ、

    自分助けの腕を上げたうえでのこの志。

     

     

    志(こころざし)は

    心指し(こころざし)というように、

    援助職はAさんの心が

    指し示す方向だったのだと思います。

     

     

     

    カウンセラーに向かない人

    そのAさんがこう尋ねてきました。

    「私、カウンセラーに向いてますか?」

     

     

    一般常識的な目線からすれば

    ・人の話を聴くのが得意

    ・親身になれる

    ・人の気持ちがわかる

    ・人が傷つくようなことを言わない

    ・専門知識がある

    ・やさしく温かい

    …なんて素養があるとよさそうですよね。

     

     

    でも、実際にこの仕事をやってみると、

    意外とそうでない部分も多々でした。

     

     

    たとえば

    *クライエントにとってそれが必要なら

     耳が痛い現実でも指摘する

     

    *クライエントの感情や責任と

     カウンセラーの感情や責任を区分できる

    (境界線を保ち必要な距離を取ることができる)

     

    *聴くだけでなく

     分からないことは率直に訊く

     

    *相手のことを分かった気にならず

     「自分は知らない」という姿勢で聴く

     

    なんてことのほうが数倍大切みたいで。

     

     

    個人的にとても尊敬している先輩曰く、

    カウンセラーに向いている人は

    「悪者になれる人」。

     

     

    クライエントの福祉に資するなら

    悪者になることも辞さない!

     

    タフラブですね♪

     

     

     

    自分という道具を調える

    ところで先のAさん。

     

     

    最近はタフラブも育ち、

    自己開示も自己受容も超がつくレベル。

     

     

    しかも密かに心理学の勉強も始め、

    着々とその道を歩んでいるようです。

     

     

    Aさんは私なぞ遥かにしのぐ

    カウンセラーになるに違いありません。

     

     

    その理由は、

    「苦しい環境を生き抜いてきた

    当事者だから人の痛みを分ってあげられる」

    ということではありません

     

     

    ときに当事者性が支援の妨げに

    なることも少なくありません。

     

     

    ではAさんはなぜ向いていると思うのか。

     

     

    それは

    *自他境界が引けるようになった

    *ストレスの原因を他者に転嫁しなくなった

    *役に立つと思ったら即行動に移す

    *学ぶ姿勢がある

    *セルフヘルプに積極的に取り組む

    *もとより素直

     

     

    対人援助は自分という「道具」を使って

    他者の援助を行うのが仕事ですから、

    その道具である自分のクセを知りぬき、

    上手く扱うことが大切なのだと思います。

     

     

    ところでAさんが本当に仲間になったときには、

    私はコンサルタントやトレーナー向きですので

    カウンセリングをまるっとお任せいたしまして、

    私はグループやセルフヘルプスキルの提供に

    注力したいと思っています( ̄ー ̄)ニヤリ

     

     

    ということで

    後進のためにももうしばらく

    老兵は頑張らないといけません(^^;)

     

     

     

    別件ですが、、、

    ホームページの全面改修が

    やっとこさ決まりました。

     

     

    心臓手術および入院を無事終えたら

    サイト総入れ替え+新サービスに着手です!

     

     

    乞うご期待(≧▽≦)

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

     

    2019年04月06日(土)

    アダルトチルドレンの回復とは

     

    こんにちは。

    たかざわです。

     

     

    今日のテーマは

    アダルトチルドレンの回復

    です。

     

     

    何をいまさら、、、

    という感じがしないでもないですが、

    せっかくなのでお付き合いくださいませ。

     

     

    自助グループ

    アディクション(≒依存症)から回復する場の

    代表例といえば自助グループですね。

     

     

    AC回復も自助グループが

    支援のベースであるべきと思っています。

     

     

    なぜなら

    ・境界線(人間関係の距離)の課題

    ・コミュニケーションの課題

    ・見捨てられ不安の課題

    ・低い自尊感情の課題(加えて承認欲の課題)

    ・人に対して安心安全が持ちにくい課題

    などといった人間関係にまつわる課題が

    私たちの主要なテーマだからです。

     

     

    人にかかわるテーマがあるからこそ、

    回復ももちろん人の中!ってわけです。

     

     

    もっと言えば、

    人は他者との感情体験の共有の中で

    「自分でいていい」という

    基本的な自尊感情が育つからです。

     

     

    ところで自助グループは英語で

    Self Help Group

     

     

    なので頭文字を取って

    通称SHGです。

     

     

    ACの自助グループの種類

    ACの自助グループは一つではなく、

    いくつかのグループが存在しています。

     

     

    ●ACoA(Adult Children of Alcoholics)

    ●ACA(Adult Children Anonymous)

    ●ACODA(Adult Children of Dysfunctional Families Anonymous)

    などがございます。

     

     

    ACの自助グループの総本山的な存在に

    Adult Children of Alcoholics World Service Organization

    というところがあります。

     

     

    そこでは『Big Red Book』というテキスト

    (バイブル)的な書籍をはじめとして、

    ワークブックやお役立ち書籍などが

    いろいろ販売されておりますよ。

    (ご興味ある方はこちらをどうぞ)

     

     

    ちなみに私もここで本を2冊購入しまして、

    本自体は1冊10ドル弱という日本の専門書では

    考えられない破格のお値段。

     

     

    だがしかし、外国からの空輸ですから

    送料が80ドルと本の何倍もかかりまして(涙)

     

     

    ご注文の際はまとめ買いが

    お得だと今回学びました_| ̄|○

     

     

    回復とは

    その本には

    The Solution

    という項目のページがありました。

     

     

    日本語でいうところの「解決」ですね。

    それが回復を指しているようでした。

     

     

    そこには次のようなことが書いてありました。

     

     

    注)和訳は拙く、誤訳もあるかと思いますので

    それを踏まえてお読みくだされば幸いです。

     

     

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    解決とは、

    あなた自身があなたを愛する親になることです。

     

    (自助グループの)ACAがあなたの安全基地に

    なるにしたがって、心のうちに閉じ込めてきた

    すべての傷つきや怖れを表現できるようになります。

    そして過去から持ち越してきたシェイム(存在の恥)や

    自己批判から自分を解放できるようになります。

     

    もはや子ども時代の反応パターンに支配されることのない

    大人へと変化していきます。

     

    自分自身を愛し、受け入れることを学ぶにつれて、

    あなたの中にいる子ども時代のあなたが回復していくのです。

     

    孤立から勇気をもって抜け出して初めて

    私たちの癒しが始まります。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    人を人の中で傷つきますが、

    人の中で癒されもします。

     

     

    どうかあなたの痛みが人の中で癒されますように。

    どうかあなたの力が人の中で活かされますように。

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

     

    2019年03月29日(金)

    カウンセラーの役割・クライエントの役割

     

    今日はちょいと趣を変えて

    カウンセラーってなにする人?

    に触れてみようと思います。

     

     

    カウンセラーとは?

     

    カウンセラーって

    どんなイメージがありますか?

     

     

    私がこの仕事に就く前は

    「心を読み取れる人」

    「なんか勝手に良い感じにしてくれる人」

    「自分の問題を華麗に解決してくれる人」

    なんて妄想バリバリ状態でした(汗)

     

     

    で、実際なってみてわかったことは、

    なんとも華のない、地味で、根気のいる

    作業ばかり_| ̄|○

     

     

    ウルトラスーパーな能力とかが身に着いて

    その力で人を助け上げられるわけでもなく。

     

     

    ほどなくこの私の妄想は打ち砕かれ(涙)、

    紆余曲折を経て最近はこう思ってます。

     

     

    カウンセラーが為すべきことって

    ●相手の苦しみの根っこが何かを見定める

    ●どうしたら”本人”がそれを乗り越えられるか一緒に考える

    ●そのための材料をもってなかったら有用なものを提案する

     

     

    するとご本人は自分で頑張りだすもの。

     

     

    でもときには

    「なんで自分がこんな思いしなくちゃいけないんだ!」

    「悪いのは私じゃないのに!」(悪いのは親!とか…)

    なんて恨みめいた気持ちが湧いてくることも。

     

     

    そんなときには

    ●その気持ちを受け取りつつ、それと同時に

    「親の課題と自分の課題」を切り分けてもらう

     

    どんなに苦しくなっても常にここが原点です。

     

     

    本人がもつべき分担は、、、

    *自分の課題に目を向け

    *自分でそれを解決する責任を引き受け

    *解決のために「できること」をやっていき

    *自力でできない部分は人の手を借りる

    に尽きると思います。

    (親の課題は親の責任。放っておきましょう(*^^)v)

     

     

    そしてそこに立ち戻れるとまた頑張れるもの。

     

     

    それでも時に頑張る方向自体がずれることも。

    そんなときは

    ●「頑張るのはいいけど、そっち、崖よ」とお伝えする

     

     

    こんなところくらいじゃないかと思います。

     

    とはいえこれはあくまで主観であって、

    世のすげーカリスマさんたちは違うかもです(^^;

     

     

    余談ですが

    「したいことだけしていい」

    「がまんしなくていい」

    「迷惑をかけていい」などなど

    の言葉をアマゾンの書籍紹介やレビューで時折見かけます。

     

     

    これは自分を抑え込んできた方には結構大切な視点です。

    というか、練習してでも育てたい「自然な子ども」のパーツです。

     

     

    その一方で、、、

    ・自己愛や欲の暴走で苦しんでいる方

    ・劣等感の裏返しから自己理想が非現実レベルまで

     飛躍してしまって自縄自縛に陥っている方

    ・愛情飢餓もしくは愛情過多の影響で相手への

     要求が過剰となり渇望状態にまで至っている方

    、、、などがこの世にはおられます。

     

     

    そういった方の中にはさっきのセリフを鵜呑みにすると

    生きづらさが100倍、1000倍と膨れ上がってしまう方も

    いらっしゃいますのでくれぐれもご注意を<(_ _)>

     

     

    もうひとつの自立

     

    AC回復は自力だけでは難しいものです。

     

     

    というか、むしろ

    「なんでも自分でやらなきゃ!」

    に囚われるのもACの特質のひとつ。

     

     

    まあ、言っちゃうと、

    エゴ(我欲)ってことになるのかもですが。

     

     

    そのためか

    ここまで自分を苦しめてきたはずの

    ●自分の考え方

    ●自分の感じ方

    ●自分の振舞い方

    ●自分の関係の持ち方

    のパターンの延長線上で頑張ろうとします。

     

     

    ですが、同じことをやり続けて、

    違う結果が出ることはありません。

     

     

    糖質の摂り方を工夫したところで、

    「摂りすぎる」パターンが変わらなければ

    痩せないのと同じことです。

     

     

    回復のために為すべきことを為すのは

    もちろん自分自身の責任(担当)です。

     

     

    ただそれと同等、もしくはそれ以上に

    *「できないこと」はできる人(存在)にゆだねる

    ことも大切です。

     

     

    以前の私はなかなかこれができず、

    ハムスター宜しく同じ輪っかのなかを

    グルグル状態でした( ノД`)シクシク…

     

     

    本当の意味で自分を助けるには

    ①自立

    だけではなく

    ②援助要請(SOS!)

    することってかなり大事です。

     

     

    もちろん自分にできることは頑張ってみる。

     

     

    でもできない部分は「できないんだ…」と

    とその”事実”をそのままに受け容れないと

    助けを求めることができません。

     

     

    言わばそれは我欲を諦めること。

     

     

    そこを手放せると、、、

    *助けを真摯に求め

    *もらった助けを謙虚に受け入れ

    なんてことができるようになります。

     

     

    真の回復はこんなとこから始まります。

     

     

    手助け先をお探しのあなたへ

     

    ちなみにここでいう助けは

    カウンセラーを指しているわけではありません。

     

     

    自助グループなんてすごくいいし、

    理解ある友人も超いいし、

    侵入してこないパートナーもいいし、

    尊敬できるメンター的な人もいいし、

    穏やかに話を聴いてくれる近所のじいちゃんばあちゃんもいいし。

     

    (むしろこういった存在のほうがいいかも、なんて。

     あ、ただの独り言です 汗)

     

     

    いろんな手を借りてみるのも良いかと思います。

     

     

    ただし外したくないポイントが一点だけ。

    それは「~あげる」がない人限定です。

     

    私が

    「聞いてあげる」

    「考えてあげる」

    「言ってあげる」

    「やってあげる」etc.

     

    しまいにゃ

    「私がどうにかしてあげる」

     

     

    こんな「あげる」がない人をおススメします。

     

     

    だってそれは援助ではなく

    自立をブロックする「依存」を招きかねないので。

     

     

    それでは健闘を祈ります!

     

     

    ということでいつもの締めのセリフです。

     

     

     

    生きとし生けるものが幸せでありますように^^

     

     

    2019年03月07日(木)

    恋愛依存の禁断症状 @12月13日

     

    こんばんは。

    たかざわです。

     

     

     

    数か月前のことですが、

    卒業したクライエントさんが

    数年ぶりに顔を見せに来てくれました。

     

     

     

    名前を仮にマイコさんとします。

     

     

     

    マイコさんは来談当初は誰ともつながれず、

    生きづらさ満載でとても苦しい状態でした。

     

     

     

    それがいざ回復への取り組みに着手すると、

    逃げ出すことなく自分の課題として引き受け、

    臆することなくチャレンジをつづける雄姿。

     

     

     

    一足飛びで変化成長していくその姿には

    いつもこちらが勇気づけられました。

     

     

     

    孤立して生きてきた状態から、

    気づけば知人、友人、さらには

    親友というつながりまで育んだ彼女。

     

     

     

    そしてとうとう

    異性との交際という親密関係へ。

     

     

     

    恋愛は素晴らしいものですね。

     

     

     

    しかしそんなマイコさんに

    大きな壁が立ちはだかります。

     

     

     

    それは、、、

    恋愛依存でした。

     

     

     

    まだこの時は心に空いた穴が十分に

    ふさがっていない状態。

     

     

     

    そして偶然か必然か、

    心の穴は相手も空いていたのです。

     

     

     

    マイコさんの例に限らず

    心に穴が空いた者同士の恋愛は、

    時を経るごとにお互いをひどく

    傷つけあうことが少なくないのです。

     

     

     

    暴言や暴力に至ることも珍しくありません。

     

     

     

    「離れたくても離れられない」

    「離れたくないのに離れないと傷つく」

     

     

     

    そんな矛盾をはらんだ関係を続けていけば、

    状況は徐々に悪化の一途をたどります。

     

     

     

    そして進退窮まったとき、

    「遠ざかる」という選択によって

    苦しみから解放されればいいのですが、

    その先には次の苦しみが待っています。

     

     

     

    離脱症状(禁断症状)です。

     

     

     

    恋愛依存もほかの依存症同様、

    対象から離れずに抜け出すことは困難です。

     

     

     

    とはいえ離れたら離れたで

    ほかの依存症同様に禁断症状が起こります。

     

     

     

    水が尽きて砂漠を彷徨う人が水を渇望するように、

    四六時中依存対象のことで頭がいっぱい。

     

     

     

    それと同時に愛しているけど

    自分をひどく傷つけてきた相手への

    強い怒り(憎しみ)も併存します。

     

     

     

    恋愛依存症の禁断症状は、

    渇望と憎悪が併存するという

    筆舌に尽くしがたい苦しみです。

     

     

     

    しかしここを抜けて初めて、

    ほんとうの回復への道が開けてきます。

     

     

     

    恋愛依存症者にとっては

    恋愛は心の穴を埋めるための借り物。

     

     

     

    いわば

    痛みを和らげる鎮痛剤

    みたいな役割です。

     

     

     

    一時しのぎにはなっても、

    本質的に満たされることはありません。

     

     

     

    では本質的に満たしてくれるものって

    いったいなんなのでしょう。

     

     

     

    それはたぶん子どもの頃に

    ほしかったのにもらえなかったもの。

     

     

    気にかけてもらうこと

    守ってもらうこと

    気持ちをなだめてもらうこと

    家の中を安全に保ってもらうこと

     

     

     

    心に空いた穴(痛み)は

    一時的には鎮痛剤の力を借りながらも、

    いずれは本来そこに入るべきもので

    満たしていきたいものですね。

     

     

     

    それでこそ

    渇きも癒えるというものです。

     

     

     

    ところで今回の事例のマイコさん。

     

     

     

    しっかり禁断症状を乗り越え、

    心の穴も自分の手でケアし、

    その後卒業の時期を迎えます。

     

     

     

    すると神さまがそれを祝福するかのように

    すばらしいパートナーとの出会い。

     

    そして結婚。

     

     

     

    それから数年を経て

    久しぶりに会った彼女のおなかは

    大きくなっていました。

     

     

     

    援助職ってけっこうしんどいですが、

    こんな素晴らしい体験もさせてもらえます。

     

     

     

    ほんとうにありがたいです。

     

     

     

     

     

    追伸

    これからも私はここにいて

    ずっとあなたたちの幸せを祈っています。

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

     

    2018年12月13日(木)

    ぷちマインドフルネス @12月10日

     

    こんばんは。たかざわです。

     

     

    突然ですがここ数年はやっている

    マインドフルネス

    というものをご存知でしょうか。

     

     

    人が悩んでいるときって、

    意識がいろんなところに

    取っ散らかっております。

     

     

    ひとつは「過去」。

     

     

    まだ処理が終わっていない

    人からされた嫌な体験に意識が向けば

    それは恨みとなります。

     

     

    未完了の自分の失敗に意識が向けば

    それは後悔や落ち込みとなります。

     

     

     

    次は「未来」。

     

     

    まだ訪れていない未来を憂えると

    それは不安や憂うつになります。

     

     

     

    更には「人の頭の中」。

     

     

    「こう思われているんじゃないか?」

    「こう言われているに違いない!」

     

     

    こんなふうに人の頭の中を

    ネガティブに読み取っていると

    それは不信感や猜疑心となります。

     

     

     

    もひとつ「自己イメージの中」。

     

     

    「私はダメな人間」

    「誰からも好かれない」

    「誰からも必要とされない」

     

     

    こんなセリフを鵜呑みにしてしまうと、

    自分を恥じてしまいます。

     

     

     

    マインドフルネスな状態とは、

    過去やら未来やら人の頭のなかやらに

    意識が飛んで行ってしまうのとは

    正反対の状態。

     

     

    意識(注意)が現実である

    「今、ここ」

    に留まっている状態です。

     

     

    意識があっちこっち旅立っても、

    「今、ここ」に戻ってこれたら

    人の心は平安でいられます。

     

     

    それを練習して身につけよう!

    というものが

    マインドフルネス・エクササイズ

    です。

     

     

    とてもパワフルなワザですが、

    即効性がないので地道な練習が

    必要、、、ってのがちょっと難点。

     

     

    で、わたしが個人的にふだんやっている

    マインドフルネス(的?)な口ぐせを

    参考までにご紹介します。

     

     

    自分に含み聞かせるように

    やさ~しく言ってあげてます( ̄ー ̄)ニヤリ

     

     

    個人的にはこれだけでも

    そこそこ役立ってて助けられてます☆彡

     

     

     

    *怒りをかんじたときの口ぐせ

    →「人は思い通りにならんもんねぇ」

     

    ご存知の通り、

    他者を思い通りにはできませんものね。

     

     

    *不安をかんじたときの口ぐせ

    →「先のことはわからんもんねぇ」

     

    これまた同じく、

    未来も望み通りに変えるなんて無理ですもの。

     

     

    *過去を嘆いたときの口ぐせ

    →「時間は巻き戻せんもんねぇ」

     

    これも同じ。

    終わった出来事はどうにもできないですね。

    (捉え方は変えられますけどね)

     

     

    *自分嫌いが発動したときの口ぐせ

    →「人間には限界があるけんねぇ」

     

    人間は誰だって不完全。

    さっきの3つと同様に

    自分を理想通りの人間にするのは難しいものです。

     

     

    ところで私は締めのセリフとして

    こんなフレーズをちょいと父性的に

    言って自分を諭したりしてます。

     

     

    「気持ちはわかるよ。

    でもさ、変えられんもんは

    変えられんとよ♪」

     

     

    以上、一応書いてみましたが、

    あなたのお役に立つかどうかは

    責任持てませんのでご容赦を(`・ω・´)ゞ

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

     

     

    2018年12月10日(月)
    « go backkeep looking »
    ページの上部へ