アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • 子どもの課題・親の課題

     

    こんにちは。

    トリフォリの高澤です。

    いつもありがとうございます。

     

     

    昨日は久しぶりに息子とケンカしました。

     

     

    親友にいじめのような扱いを受けたのに

    ヘラヘラして「嫌だ」を言わなかった

    ことが理由でした。

     

     

    自分を守ることを疎かにしなさんな。

    嫌っていう気持ちを大切にしなさい。

     

     

    ちょっときつめに叱ってしまいました。

     

     

    とはいえ、必要以上に強い苛立ちを

    感じた自分にも違和感。

     

     

    よくよく探ってみると、

    そこには私自身の「怖れ」と「欲」が。

     

     

    息子の…

    ・傷つく姿を見たくない

    ・みじめな姿を見たくない

     

    だから…

    ・もっと強くなってほしい

    ・やられたらやり返してほしい

     

     

    でもこれは残念ですが子どもの課題。

     

     

    親が介入したところで息子が嫌なことに

    立ち向かう力は1ミリも増えませんものね。

     

     

    もっといえば親友と対等な関係を築く、

    いわば親密性を築く力も増えませんし…。

     

     

    だったら私たちは家のなかを安全にして

    話を聴いて後押しすれば十分。

     

     

    では過度にイライラなった

    私の課題ってなんでしょう。

     

     

    それは支配されることなく、

    そこに溺れることもなく、

    自分の怖れや欲をしっかり見つめて

    そこそこうまくつきあっていくこと。

     

     

    それと向き合うことを疎かにして

    息子を強く叱ったのは私の不徳(涙)

     

     

    尊敬してやまないお釈迦さまも

    こう仰っていたのに。

     

    「まず自分を正しくととのえ

     次いで他人を教えよ。」

     

     

    これは親としての自分、

    援助者としての自分、

    双方に当てはまりそうです(汗)

     

     

    「どうするか」

    よりも

    「どうあるか」

     

     

    厳しいけれど大切な道ですなぁ。

     

     

     

     

     

     

    2017年06月09日(金)

    【大野城】子育て応援セミナー6月開催

     

    こんにちは。

    カウンセリングオフィス・トリフォリです。

     

    早いもので今日から6月です。

    運動会シーズンですね。

    お弁当作りをはじめ、おかあさんにとって

    ビッグイベントではないでしょうか?

     

    さて、毎月開催しています

    子育て応援セミナー&自助グループ

    について、6月開催の時間や場所など詳細が

    確定しましたので下記の通りお知らせいたします。

     

    子育て応援セミナーのお知らせ

    ■日時

    2017年6月17日(土) 13:00~14:30

     

    ■場所

    福岡県大野城市中央1丁目5−1

    大野城市中央コミュニティセンター

    (2階 研修室2)

     

    ■内容

    1.セミナー

    【テーマ】 ありのままの自分にOKを出そう

    「自分は劣っている」

    「自分はダメ」

    「自分が嫌い」

    こういった思いは自分をどんどん追い詰めていきます。

    「私はありのままでOKだ」と思えればいいのですが、

    それが難しくなってはいませんか?

     

    そこで今回セミナーは…

    ①「私はOK」を妨げているものを知ろう。

    ②その妨げになっていることをやめてしまおう。

    ③「私はありのままでOK」と思えることに取り組もう。

    …こんな流れで進めていく予定です。

     

    不完全で不十分な今の自分を愛し、

    その自分で周りの大切な人に愛を与えていきましょう^^

     

    2. フリートーク

    ほかでは話しづらいことも気軽に

    打ち明けられる安全な場です。

    普段言えないことをここで話してみませんか?

     

    ■参加費 

    500円

     


    それでは、当日あなたにお会い

    できることを楽しみにしています^^

     

     

     

     

     

    2017年06月01日(木)

    自分が好き

     

    おはようございます。

    トリフォリの高澤です。

    いつもありがとうございます。

     

     

    昨夜に息子と話している時のこと、

    とても嬉しいというかびっくりというか、

    そんなことがありました。

     

     

    彼がお約束を守らずに叱られてしばらくした後、

    普段通りの何気ない会話をしていたときのこと。

     

     

    息子「ぼくはね、おとうちゃんおかあちゃんから

    おこられてもね、それでもじぶんがいちばんすきとよ」

     

    父「自分がいちばん好きって大事ね。いいね」

     

    息子「うん。おこられるのはいやっちゃけど、

    なんでかわからんけどじぶんがいちばんすきって

    思うっちゃん」

     

    父「そっか。かあちゃんととうちゃんも、ケンカしたって

    怒ったって、それでもいつもあなたが大好きよ♪」

     

    息子「うん!しっとるよ!」

     

     

    他人と比べて「勝った」「負けた」とか、

    誰それから褒められたとか、そういった

    条件付きでの「私はOK!」だったら私も

    子ども時代にありました。

     

     

    でもそれ以外で「自分はOK」と思えた

    記憶はありません。

     

     

    ましてや怒られた(怒鳴られた)ときは

    「自分はダメだ…」と心底思っていた

    気がします。

     

     

    なのにそんなときでも「自分が好き」

    なんて思える息子に度肝を抜かれました。

     

     

    精神年齢はすでに息子が上かも(^^;

     

     

    子どもの力って植物と同じ。

    ほんとにすごいですね。

     

     

    植物は種自体をどうこうしなくても、

    お日様に当てたりお水をあげたりすると、

    あとは自分の力で育ってくれます。

     

     

    子どももそれと一緒で、私たち親にできる

    ことは「種」をどうこうすることではなく、

    その種が芽を出せるよう「環境」をしっかり

    ととのえることなんだろうと思います。

     

     

    環境をととのえることとは、

    まずは親である私たちが元気でいること、

    笑っていること。

     

     

    それ以上にまず私たちが自分を愛していること

    その愛する自分を使ってわが子を敬うこと

     

     

    もしかしたらそれだけで「種」である子どもたちは

    すくすく伸びていくのかもしれませんね。

     

     

     

     

     

     

     

    2017年05月31日(水)

    おかあさんたちの自助グループ

     

    こんばんは。

    トリフォリの高澤です。

    いつもありがとうございます。

     

     

    毎月開催している

    子育て応援セミナー+自助グループ

    は5月開催も無事終了し、現在は

    6月開催に向けて準備を進めています。

     

     

    5月のテーマは「境界線」でした。

     

    自分と他者の間にある見えない境目に

    気づき、自分の安全基地を自分自身で

    構築していくワークをおこないました。

     

     

    終了後にはおかあさんグループでは

    初となる懇親会も開催しました。

     

     

    今回ご参加の方に許可をいただき、

    届いたコメントを掲載いたします。

     

     

    もしもあなたが

    「ちょっと怖いけど参加してみたいな」

    「でも大丈夫かな。ちょっと不安だな」

    「もしなじめなかったらどうしよう…」

    といった思いで参加を迷っていらっしゃるなら、

    参加者のおかあさんがたのコメントを参考に

    なさってみてくださいね。

     

     

    A.Kさん

    私は人の顔色や場の雰囲気ばかりを読み、

    自分の気持ちで決めることがありませんでした。

     

    そうやってずっとやってきたので、自分の本当の

    気待ちが良く分からないことに驚いています。

     

    あまりにも自分の感情に無関心だったことに

    セミナーで気づかされました。

     

    ワークの時強い感情を掘り起こし、

    それを人に伝えるという事をしたとき、

    誤魔化すように笑ってしまっている自分がいました。

     

    (怒りの表現の時に)無意識のうちに笑っているようで、

    指摘されるまで全く分かりませんでした。

     

    大切なことに気づくことができました。

     

    すぐには難しいかもしれませんが、

    これからは誤魔化すことなく自分の気持ちを大切に

    寄り添っていきたいと思っています。

     

    次回のセミナーを楽しみに、また一カ月を過ごします。

    本当にありがとうございました。

     

     

    K.Yさん

    1年ほど前からトリフォリさんのHPを

    時々拝見させていただいていましたが、

    今回初めて参加させていただきました。

     

    私の場合、子供を産んでから今までより

    更に生きずらさや悩みが大きくなってきてしまい、

    本などもたくさん読んできましたが中々自分の

    考え方を変えることも難しい為、同じ悩みを

    持つ方とお話できることで何かのきっかけに

    なればと思い伺わせていただきました。

     

    高澤さんや他のメンバーの方がお話し

    いただいたことが、どれも自分にも

    思いあたる事ばかりで、あっという間の

    2時間でした。

     

    中々周りの人には理解しずらい点があるかと

    思うのですが、今回同じ悩みを持つ方と

    お話させていただいたことで1歩踏み出せた

    ような気がします。

     

    自分自身の子育てで同じようなことを

    してしまわないように、また自分自身の

    40歳からの人生を今度は自分の考えで

    選択して納得して進んでいけるように、

    皆様と勉強させていただければと思います。

     

     

    S.Oさん

    境界線については、まず『自分の境界線を

    相手にきちんと示していいんだ』というのが最初でした。


    示すのは悪いことだと漠然と考えていましたので…。


    あまりにも相手に合わせ過ぎて、

    自分の境界線に気づきにくくなっていたのだ、

    と気づかせてもらえました。

     

    まずは自分の心を基準にして、

    少しずつ信じてあげようと思います。

     

    懇親会は終始とても和やかで、

    心から楽しい時間でした。

     

    みなさんのお悩みを聞き、自分のことも聞いてもらい、

    皆さん否定することなく、実体験からアドバイスくださったり、

    うなずいて聞いてくださったり…

    ここまでさらけ出せたのは他にない気がします。

     

    大切なご縁に本当に感謝致します。

    ありがとうございます。

     

     

    K.Sさん

    こんにちは!

    先日は素敵なセミナーと、

    楽しい懇親会ありがとうございました。

     

    息子もとっても嬉しかったようで、

    「おねえさんと、たくさんトリケラトプス探したよ!」

    といってました(^-^)

    (高澤追記:懇親会には息子さんも参加。

    サポーターのカウンセラーと元気いっぱい

    遊んでいた男の子でした^^)

     

    母として嬉しい限りです、ありがとうございます。

     

    ■セミナー『境界線』コメント

    自分の境界線を守る事の大切さを改めて認識しました。

    自分の境界線をもっと大事にしたいと思います。

     

    ■懇親会コメント

    同じような悩みを抱えた仲間と出会えた事に感謝しています。

    1人ではないと知るだけで、元気をもらいました。

    次回も楽しみにしています(^-^)

     

     

    K.Sさん

    先日はお疲れさまでした!

    懇親会のみの参加でしたが、楽しかったです。

     

    他の会合とは違い、安心して参加できました。

    仲間って感じがしました。

     

    みなさん、それぞれ子供を育てながら、

    自分の痛みと共に一生懸命生きてるなぁと実感しました。

     

    わたしだけじゃないんだぁと心強く思いました!

     

    小さなゲストくん(上記K.Sさんの息子さん)の

    自由さにわたしの中の子供が圧倒されてましたが、

    かわいかったです。

     

    今回は、セミナーに参加できなかったので

    残念ですが、次回是非参加したいです。

    ありがとうございました!

     

     

    参加者のみなさんへ

    ただでさえ生きづらさの回復に取り組むのは

    大変です。

     

    それは自分の育て直しだから。

     

    子育てしながらそんな難事業に取り組んでいる

    おかあさんがたの生きる力とその姿にいつも

    こちらが勇気をいただいています。

     

    自分を育て直して、自分を愛する。

    その愛する自分で、愛するわが子に愛を与える。

     

    これからも一緒に歩んでいきましょう!

    いつもありがとうございます^^

     

     

     

     

     

     

    2017年05月28日(日)

    5月の子育て応援セミナー&自助グループ終了

     

    おはようございます。

    トリフォリの高澤です。

     

     

    お陰さまで昨日開催の

    子育て支援セミナー&自助グループ

    も無事終了しました。

     

     

    今回は

    「人に安心感を持とう」

    というテーマを元に

    「自他境界(バウンダリー)」

    の話とワークをおこないました。

     

     

    自分を傷つけるような行為をする人に

    「いやだ!」を伝えて止めるための

    ワークでは、ふだんはたいへんもの

    静かなあるおかあさんが、しっかりと

    した声を出して、両手を前に出して、

    相手を止めることができました。

     

     

    感想で

    「久しぶりに人前で大きな声を出しました!」

    とおっしゃっていたのが印象的でした。

     

     

    人が生きやすくなるためには、安心安全が大前提です。

    そんな「安全基地」を自分で作っていけるよう、

    来月のセミナーでもワークをやっていこうと思います。

     

     

    今回は終了後に懇親会も開催。

    たいへん盛り上がりました。

     

     

    人に言いにくいことも気兼ねなく話せている

    様子を見て、改めて安全基地の大切さを痛感

    したところです。

     

     

    来月は6/17(土)開催予定です。

    人には言いにくい子育てや家族の悩みも

    安心して共有できる場です。

     

     

    あなたの参加をお待ちしています!

     

     

     

     

     

     

    2017年05月21日(日)
    keep looking »
    ページの上部へ