アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • サイト全面入れ替えまであと3ヶ月

    こんにちは。

    たかざわです。

     

     

    またもやブログの間隔が空いております<(_ _)>

     

     

    といいますのも、

    やっとこさサイト全面リニューアルに着手し、

    そちらにエネルギーを注いでおります。

     

     

    見た目としてのサイト変更にとどまらず、

    支援のスタイルや方法、料金、メニュー、

    サービス内容などマーケティング部分まで

    含めてメスが入っております。

     

     

    ということでとうとうこのサイトとも

    お別れが近づいてまいりました。

     

     

    新しいサイトに入れ替わったあとは、

    ブログ以上に動画をアップしていく予定です。

     

     

    それがお役に立つことを願っています。

     

     

     

    話変わりまして

    教えて!gooウオッチの専門家コーナーで

    またもやコラムを担当させてもらいました。

     

     

    昨日アップされたばかりみたいでして、

    タイトルは

    「巣立たない大人は問題なのか?実家住まいの是非」

     

     

    パラサイトシングルや子供部屋おじさん(おばさん)に

    対する質問を契機とした質疑応答によってできあがった

    記事です。

     

     

    ご興味ある方はご覧くださいませ(*^^)b

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

     

     

     

    2019年06月06日(木)

    生還いたしました

     

    たかざわです。

     

    昨日で10連休も終わり。

     

    今朝の息子は5月病みたく

    ふさぎ込んで登校していきました。

     

    ふさぎ込みの理由をインタビューしたところ、

    あんなにあったたくさんの遊びの時間が

    なくなったから、、、とのこと。

     

    遊びの時間=幸せ、らしいです。

     

    ということで今日も帰って来るや否や

    速攻で遊びに出かけていきました。

     

     

    近況報告

    わたくしごとで恐縮ですが、

    お陰さまで入退院を経て無事生還(`・ω・´)ゞ

     

    まだ体力的に少ししんどいものの、

    これから薬物療法と運動療法と

    食事療法をしっかりやっていけば

    一病息災も可能な感じ。

     

    孫を抱くその日までは生き延びたいので、

    先生の言いつけしっかり守ります<(_ _)>

     

     

    記事紹介

    入院直前の話ですが、

    「教えて!gooウォッチ」という

    ヤフー知恵袋の専門家バージョンみたいな

    サイトから質問への回答依頼をいただきました。

     

    質問は

    ・親と子の呼称の是非

    ・その影響

    ・子育てに役立つこと

    などなどです。

     

    それが少し前に無事アップされています。

    (「教えて!gooウォッチ」の記事はこちら

     

    結構な分量の文章を書いたのですが、

    さすがにサイトに載る分は限られていますから

    そこそこ削られておりました。

     

    それはまったく問題ないものの

    せっかく創りあげた文章です。

     

    そのままポイっとしたくないので、

    それを「マイベストプロ福岡」の

    コラムに全文掲載いたしました。

     

    以前はこのブログにも載せていた

    子育てに関するものは現在すべて

    そちらに載せています。

     

    ということで

    そのマイベストプロのコラム欄に

    掲載した全文はこちら

     

    ご興味ある方はぜひ(@^^)/~

     

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

     

     

    2019年05月07日(火)

    終活やってます

    たかざわです。

     

     

    少し前に心臓手術をすると

    お伝えしておりましたかね。

     

     

    生還(汗)希望ではありますが、

    もしもってこともありますので

    最近終活に取り組んでおります。

     

     

    買ってほったらかしにしていた

    エンディングノートを引っ張り出し、

    あれやこれやと書き込んでおります。

     

     

    大切な人の連絡先とか

    やり残したことの引継ぎのお願いとか

    銀行口座とそれにまつわる情報とか

    ほかにもいろいろ。

     

     

    びっくりしたのは

    履歴書を書く欄があったこと。

     

     

    あ、あと、死んだときに

    来てほしい人来てほしくない人の

    リストを書いてみたりもして(-_-;)

     

     

    ノートのほかにも、

    一昨日は葬祭場にお邪魔して

    お葬式の互助会に入会してきました。

     

     

    こんなことをいろいろやっていると

    死ってそんなに遠い存在じゃないことに

    不思議と気づかされます。

     

     

    親近感というか、親和性というか、

    なんとなくそんな感じを覚える

    最近でございます。

     

     

    相談に来てくださっている

    クライエントさんたちには

    「来月連絡なかったら向こうに

    旅立ったと思っといてね」

    なんて冗談で言っております。

     

     

    すると大半の方が

    「それはダメです。私が困ります!」

    的なことをおっしゃいますの。

     

     

    心配は後回しかいっ!

    って突っ込みを入れずにはおられません(汗)

     

     

    ところで突然ですが、

    もしあなたが明日死ぬとしたら

    今日やっておきたいことって何ですか?

     

     

    私は愛する家族に

    あなたたちのお陰で

    どれだけ幸せだったかを伝えたいです。

     

     

    ふだんからちょこちょこ伝えてますが、

    それでもやっぱり言いたいです^^

     

     

    「なんか後悔あるかな?」

    なんて考えたりもしてます。

     

     

    でも意外とこれはなさそうです。

     

     

    昔は超ゲス(涙)だったわたしですが、

    いちおう回復してからはそこそこ

    まっとうに生きてきた自信はありますので。

     

     

    でも心残りはありますね。

     

     

    何より息子が成長し、

    彼女ができて、

    結婚して、

    子どもが生まれて、、、。

     

     

    なんとか孫を抱っこするまでは

    生き延びたいと願ってますので、

    それがなにより残念かもです。

     

     

    あとは、

    愛する家族と離れないといけないこと。

    大切な友だちと会えなくなること。

    クライエントさん全員の卒業まで

    お付き合いできなかったこと。

     

     

    あ、そうそう、傷つけた人への

    埋め合わせがまだ残ってることも。

     

     

    こういったことも心残り。

    やっぱり残念です。

     

     

    でも人間は誰しも

    いつかは死ぬもの。

     

     

    昔は拒絶していたこの視点、

    少し受け入れられてきた最近です。

     

     

    とはいえおくさま曰く、

    「〇〇っ子世にはばかるって言うやろ?」

    ですって。

     

     

    ということで

    無事生還するってことにしときます(*^^)v

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

    2019年03月26日(火)

    「明日、死ぬかもよ?」

     

    こんにちは。

    たかざわです。

     

     

    今日のタイトルの

    「明日、死ぬかもよ?」

    は昨年末あたりから繰り返し何度も

    なぜか頭の中をよぎるようになったセリフです。

     

     

    その影響でしょうか。

     

     

    終活ノートを購入したり、

    死別のグリーフにまつわる本を読んだり、

    やり残したことをノートにしたためたり…。

     

     

    死というものをとても近くに感じました。

     

     

    虫の知らせ?

     

    そんな様子だった先月末、

    胸に軽い違和感をおぼえ病院受診。

     

     

    結果は労作性狭心症とのことで

    来月に入院&手術とあいなりました。

     

     

    自覚症状は散歩後の息切れ程度でしたし、

    その症状もすぐ治まっていましたし、

    日常生活には何の支障もなかったし、、、

    といった状態でしたから以前の自分なら

    病院すら行ってなかったと思います。

     

     

    ですが今回はここ最近「死」というものが

    ぐっと近づいてきていたことがひとつ。

     

     

    さらに不思議なことにたまたまつけたテレビで

    心臓病にまつわる番組に短期間で3つも遭遇。

     

     

    そんなこんなもあって、

    今回は病院受診を選ぶことができました。

     

     

    死がさらに身近に

     

    病院ではまず検査からということで、

    いきなり6つほど受けました。

     

     

    検査結果は陰性。

     

     

    「あー、やっぱりね。気のせいね。

    だって大した症状ないもん!」

    と胸をなでおろした私。

     

     

    ですが先生曰く、

    90%以上陰性と言ってもいいけど、

    でも疑いを拭いきれないと。

     

     

    強制はできないけれど、

    造影剤の検査を勧めたいと。

     

     

    あまりに真剣なまなざしにグッときて、

    その場で「受けます!」とお返事。

     

     

    そしてふたを開けてみると

    結果は驚きの陽性。

     

     

    しかも症状がかなり進行しておりました。

     

     

    死というものが身近でなかったら、

    心臓病の番組3つに遭遇しなかったら、

    この先生と出会えなかったら。

     

     

    もしかしたらいま頃は

    心筋梗塞で倒れていたかもしれません。

     

     

    いろんな力に助けてもらいました。

     

     

    Unfinished Business(未完の仕事)

     

    そういったいろんな力に助けらたお陰で

    人生におけるやり残しを書き出す勇気が

    湧いてきました。

     

     

    その書き出した中に、

    私がまだ終わらせていなかった

    大切な仕事がありました。

     

     

    それは私がかつて傷つけた人たちに

    直接埋め合わせをしに赴くことです。

     

     

    これはACを始めさまざまなアディクションの

    自助グループで用いられている12ステップの

    第9ステップにあたります。

     

     

    それはたとえば

    直接会って自分の非を認めて真摯に謝罪する。

     

     

    勇気が要りますね。

     

     

    直接会えない場合は

    傷を与えてしまった自分の特質を改善し続ける、

    なんてことも埋め合わせと言えると思います。

     

     

    決して

    「許してください」

    と免罪符をもらうためのステップではありません。

     

     

    たとえ許してもらえなくても

    *言い訳せず自分が犯した過ちを真摯に認める

    *そのことを直接傷つけた相手に伝える

    *傷つけるに至った自分の課題に取り組み続ける

     

     

    これが埋め合わせだと私は思っています。

     

     

    私たちはこの行動によって長らく抱えてきた

    罪悪感や後悔

    とさよならすることができるのです。

     

     

    つまり埋め合わせとは

    自分を助けるステップなのです。

     

     

    私が傷つけた人

     

    話を私事に戻します。

     

     

    改めて傷つけた人たちを書き出した結果

    10人ほどの方を私はひどく傷つけていました。

     

     

    18歳のころから取り組んだお陰もあって、

    そのうちの6人の方に対する埋め合わせは

    すでに終えています。

     

     

    とはいえ、その方たちを傷つけた

    特質の改善には今も取り組み続けています^^

     

     

    ところでこの6人の皆さま、

    なんと全員私を笑顔で許してくださいました。

     

     

    それどころか援助職になったことを

    応援してくれる方までおられました。

     

     

    驚きと感謝で胸がいっぱいになったことを

    今もはっきりと覚えています。

     

     

    死の力を借りて

     

    残るは4人。

     

     

    そのなかに最大の関門が

    待っています。

     

     

    実は私はバツイチでして、

    最も埋め合わせ(感謝と謝罪)を

    したい方は別れた元の奥さまです。

     

     

    彼女が私から離れてくれたおかげで

    私は自分の生き方を本気で改善する方向に

    舵を切ることができました。

     

     

    夫婦として暮らしていた頃は

    私のことをとても大切にしてくれていました。

     

     

    ちゃんと伝えられなかった感謝の言葉が

    行き場ないままたくさん残っています。

     

     

    それなのに私は彼女をかつて

    深く傷つけてしまいました。

     

     

    ちゃんと伝えられなかった謝罪の言葉も

    行き場なくたくさん残ったままです。

     

     

    これまではそこまで

    踏み込むことができずにいた私。

     

     

    でも今回のことで気づきました。

     

     

    人の命はあっけないということに。

    それなのに生きていられるのは

    いろんな力に支えられているお陰だということに。

     

     

    それが腑に落ちた今、

    ようやく埋め合わせに赴く決心がつきました。

     

     

    とは言え連絡先すらわからないので

    何から始めていいか悩むところですが、

    どうにかして埋め合わせを実践してきます。

     

     

    もちろん相手とその周りの方を

    傷つけないということが大前提で。

     

     

    正直すごく怖いんですけどね。。。

     

     

    でも愛する妻が応援してくれていますし、

    死というものが他人ごとではない距離となった今、

    逃げずに未完の仕事をしっかり終わらせてきます。

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

     

    2019年03月05日(火)

    資格の登録証が届きました

    (↑生年月日と本籍地は消してます)

     

    たかざわです。

     

    望まれつつも長らくできなかった

    心理職の国家資格ができておりまして、

    その1回目の試験が去年おこなわれました。

     

    公認心理師という名前の資格です。

     

    試験日は9月(だったかな?)。

    合格発表は11月30日。

     

    直後に申請して3ヶ月弱経った

    本日やっと登録証が届きました。

     

    私は今回実務経験5年以上のGルートという

    受験資格での受験でした。

     

    もし落ちていたら

    心理学の必要科目の履修(単位取得)

    +実務経験のFルートで次回受ける予定でした。

     

    2回目受験に至ることなく合格できて、

    無事登録まで終わってほっと一息です。

     

    前回受けずに今年受験する仲間もおりまして、

    無事に合格することを祈るばかりです。

     

    というか、自分の分が終わったので

    他人事テイストで気楽に応援です(^^;

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

    2019年02月19日(火)
    keep looking »
    ページの上部へ