アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • 國分康孝先生ご逝去

     

    こんにちは。

    高澤信也です。

     

    きょうは息子の運動会。

     

    子どもたちの頑張りに感動し、

    足取り軽く帰宅。

     

    ポストに目をやると封筒が一通。

     

    開封すると、最高の師と慕い

    憧れていた國分康孝先生の訃報でした。

     

    ショックが大きすぎて、

    ちょっと今抱えきれずにいます。

     

    私がカウンセラーとなって間もないころ、

    構成的グループエンカウンターの研修に

    参加した時の先生が國分先生と奥様の

    久子先生でした。

     

    國分先生は私がそれまでに出会った、

    いわゆるカウンセラーという人たちとは

    持つ雰囲気がまったくちがいました。

     

    ただそこにいるだけで

    温かさとか優しさとか愛が

    肌を通して伝わってくるのです。

     

    何一つ構えなくても

    安心してそこにいられる。

     

    そばにいるだけで

    なぜか涙が出そうになる。

     

    そんな先生でした。

     

    私も絶対に國分先生みたいになろう!

     

    そう心に決めてやってきたものの、

    当然の如くまったく足元にも及ばず。

     

    それでも、先生が放っていた

    まるで生まれたわが子を愛でる

    母親のようなあの空気感。

     

    まだあきらめずに目指したいと思います。

     

    写真は國分先生と久子先生に

    いただいた言葉。

     

    ずっと支えにしています。

     

    この言葉を胸に刻み、

    またここからやり直します。

     

    國分康孝先生のご冥福をお祈りいたします。

    どうぞ安らかにお眠りください。

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

    2018年06月03日(日)

    今更ですが、自己紹介

    こんにちは。

    トリフォリあらため

    福岡ペアレンティングスクール(仮)

    の高澤信也です。

     

    さいきんお世話になっているコーチが

    主催しているあるイベントに参加して

    お仲間探しをしています。

     

    3人ワンセットになって、

    いろんな社会貢献して、

    いろんな課題を突破して、

    そして世界クルーズに行こう!

    っていうどえらいイベントです(;・∀・)

     

    そのお仲間探しでフェイスブックに

    書き込んだ自己紹介をここにも載せてみます。

     

    「あー、こんなおぢさんなのね」

    なんて知ってもらえたらうれしいかぎり。

     

    もし社会貢献+世界クルーズに興味あり!

    という方は、下の私の自己紹介見てみてください。

     

    それで

    「仲間になりたい!」

    と思ったらお知らせください。

     

    そのイベントに仲間として

    一緒に応募しましょう^^

     

    ちなみに残席は1ですが( ̄▽ ̄)

     

    では、以下、自己紹介です(`・ω・´)ゞ

     

    Q.あなたはどんな人ですか?

    ・奥さんと息子が大大大好き

    ・小さな子どもが懸命に生きる姿に胸が熱くなる
    (泣く、ハイハイする、たどたどしく歩く、遊びに夢中とか)

    ・人が怖いものに勇気をもって立ち向かっていく姿に超感動

    ・困難を乗り越えて自立していく姿を見ると涙があふれる

    ・人に阿るの嫌い・依存や馴れ合い大嫌い

    ・心地よい人間関係は狭く・深く(「誰とでも仲良し」超苦手)

    ・小学生みたいなおじさん

    ・慣れると明るいけど慣れるまではビビリで臆病で内弁慶

    ・心の声が口から漏れてしまう

    ・真剣は大好き・深刻は大嫌い

     

    Q.何を大事にしていますか?

    ・不完全な自分に慈悲を与えること

    ・自主自立(I love「まず自分を調えよ」byお釈迦様、です)

    ・子どもの笑顔

    ・家族

    ・笑い

    ・自分に正直(自分と異なる価値観の受容とセットです)

    ・協力(補い合うこと)

     

    Q.どんな人と仲間になりたいですか?

    *とにかく本気で子どもを取り巻く世界をよりよくしたい人

    …あと、ぜいたく言えば…

    *目の前の困難を「自分の課題」として引き受けられる人

     

    Q.あなたが得意なことはなんですか?

    ・知識の吸収(但し心が向くもの限定。自助、子育てなど)

    ・自分の助け方を人に教える(喋る)

    ・本質に気づく(でも気づかせるのは下手)

     

    Q.あなたが求めていることは何ですか?

    家庭を家族全員にとっての最高の安全基地にしていきたい

    子どもが明るく自由に子どもらしく生きられる世界に変えていきたい

     

    Q.仲間はどこにいると思いますか?

    それがよくわからない。

    同業者(カウンセラー)探したけどどうにもぴんとこず…。

     

    Q.どんな風に声をかけたら、心が動くと思いますか?

    自分の志をくどく暑苦しく(汗)語る

    (すると同じ志の人が反応してくれる、気がする)

     

    Q.どんな一歩を踏み出しますか?

    これをフェイスブックに載せてみる

    (ビビリだから本当は載せるのめっちゃ怖いけど)

     

    ということで、

    また次回~♪

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますよう。

    2018年05月17日(木)

    自分で自分を責める

    おはようございます。

    トリフォリの高澤です。

     

    「最近ブログの更新がなさすぎて

    見なくなりましたよ」

    とクライエントさんから言われまして、

    あちゃーと思ってアップしてます(;´・ω・)

     

    今日は読んでくれてるかな(汗)

     

    今日のテーマ

    【自己批判】

     

    人は何のために自分を批判するんだろう?

     

    そんなことしたって苦しいだけだし、

    元気は無くなるし、惨めな気分になるし、

    自分のことがどんどん嫌になるし。

     

    同じことを人からされたら

    到底平気ではいられないはずなのに。

     

    それなのに自分を批判するのは

    「何のため」

    だろう。

     

    *自分が怠惰にならないよう律するため

     

    *はっぱをかけて自分に努力させるため

     

    *自分を恐怖で脅して動かすため

     

    *自分は自分を甘やかしていないと証明するため

     

    *ほんとうの自分はこんなものではない。

     もっと優れた(良い)存在だという

     自己像を維持するため

     

    以前の自分は一番下の目的を持っていた気がします。

    もとい、がっつり持っていました。残念…。

     

    どんなに不可解な行動であっても、

    人の行動には必ず目的があります。

     

    私たちは

    「自分が劣っている」

    から自分を責めるのではありません。

     

    れっきとして目的がそこにはあります。

     

    私(相手)は

    「なぜあんなことをしたんだろう?」

    ではなく

    「何のためにしたんだろう?」

     

    行動の目的に気づくことによって、

    その謎はきっと解けます。

     

     

     

     

     

     

    生きとし生けるものが幸せでありますように。

    2018年02月16日(金)

    子育てブログ復活

    トリフォリの高澤です。

    3年間も放置していたブログを再開しました。

     

    愛する息子が20歳になったときに読んでもらいたい

    「20歳の君へ」

    の代わりです。

     

    人の命は儚いもので、

    いつ終わりを迎えるかわかりません。

     

    だからその時がいつ来ても悔いのないよう、

    せめてわが子には

    「自分が両親から深く愛されていた大切な存在」

    であることを伝えていきたいと思います。

     

    「なら3年も放置すな!」

    なんて息子には言われそうですが( ̄▽ ̄)

     

    『20歳の君へ~きみの安全基地になりたくて』

     

    2018年01月30日(火)

    あけましておめでとうございます。

     

    新年あけましておめでとうございます。

     

    気づけば長らくブログ更新しておりませんでした。

     

    私事ですが、年末に右肩の腱が断裂しまして、

    今年はお正月もひとり自宅で寝込んでおりました。

     

    愛する家族と離れての大晦日&お正月は、

    寂しいやら切ないやら(T-T)

     

    まあそれ以上に痛みが半端なしでしたが(汗)

     

    とはいえ、今年は生きづらさ回復に

    資する活動を広げていこうと思っています。

     

    ①生きづらさを抱えたまま子育てをしている

    親御さんたちが回復し、生きづらさをわが子に

    連鎖させない力を身につけるためのオンラインスクール

     

    ②遠隔地の方ともつながれるスカイプカウンセリング

     

    ③子育て支援セミナー&自助グループへのオンライン参加

     

    などなどを目論み、すでに行動を進めております。

     

    本年もどうぞよろしくお願いいたします!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2018年01月06日(土)
    keep looking »
    ページの上部へ