アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • アドラー心理学

     

    こんにちは。

    トリフォリの高澤です。

     

    突然ですが、

    近年はやりのアドラー心理学。

     

    きっかけは

    書籍『嫌われる勇気』

    だといわれています。

     

    自身がアドラーの存在を

    知ったのが15年ほど前。

     

    その時何冊かアドラーの著書を読みましたが、

    なんだか難しくてよく分かりませんでした。

     

    でも気になってネットで調べていると、

    アドラーに関するある団体が検索にヒット。

     

    そこから

    『アドラー心理学教科書』

    なる本を購入。

     

    読むとそれが面白くて、

    ちゃんと勉強したいと

    思った次第でした。

     

    しかしそれも何となく後回し。

     

    そこから10年ほど経った4~5年前に

    もう一回ネットで検索してみると、

    アドラー心理学の学会があるという

    ことを知りました。

     

    そこでその時は思い切って

    基礎講座と応用講座という

    ものをダブルで受講しました。

     

    そのあとは子育て講座の

    パセージとパセージプラスも。

     

    受講して気付いたことは、

    アドラー心理学って

    とてもシンプルだし、

    すごく魅力的。

     

    そんな自分になれたら

    どれだけ素晴らしいか!

     

    でも日常生活で実践するほど

    難しいやら行き詰るやらで

    失敗の連続…。

     

    でもやっぱりその生き方を

    やめたくはなくて自分なりに

    アドラー的生き方をぼちぼち

    継続しておりました。

     

    それで最近気づいたこと。

     

    これまで心理面の援助に必要な

    スキルをいろんなところで学んで

    きました。

     

    *REBT(論理情動行動療法)

    *CBT(認知行動療法)

    *スキーマ療法(認知行動療法のひとつ)

    *交流分析

    *アディクションアプローチ

    *ブリーフセラピー

    *トラウマセラピー

    *ゲシュタルト療法

    *内観療法

    …その他もろもろ。

     

    学ぶことでスキルアップできたし、

    少しは援助する自信も増えたし。

     

    でもつまづくときは決まって

    いつもある一点でした。

     

    それは、

    「何をするか?」(To do)

    ではなく

    「どうあるか?」(To be)

     

    たくさんの学びは

    「何をするか」

    はたくさん増やしてくれました。

     

    ですが、自分が援助者として

    「どうあるか」

    を腑に落ちるまですっきりと

    具体的に示してくれたものは

    アドラー心理学だけでした。

     

    ということでいまは、

    「何をするか?」はいくつかの

    心理療法の技法を使いながら、

    「どうあるか?」については

    アドラー先生の考えを柱にして

    日々歩んでおる次第です。

     

    そのお陰でしょうか、

    仕事に関しては

    「自分と向き合う」

    ことにだけしっかり取り組めば

    あまり悩まなくていいようになりました。

     

    さらには、

    子育てが楽だったり

    楽しかったりという

    おまけまでついてきました^^

     

    そんなアドラー心理学。

     

    昨今のブームのお陰(せい?)か

    たくさんのアドラー本が出ています。

     

    現在は50冊ほど持っておりますが、

    そのなかではこのシリーズ(4冊)が

    個人的におススメです!

    (2だけは支援者向きかもです)

     

    アドラー心理学を語る

    1.『性格は変えられる』

     

    2.『グループと瞑想』

     

    3.『劣等感と人間関係』

     

    4.『勇気づけの方法』

     

     

    これからも未熟ながら、

    自分や周りが幸せになるために

    自分にできることを考えながら、

    自分のTo beを磨いていきたいと

    思っています。

     

     

    2017年09月11日(月)

    「自分は必要とされない」

     

    こんにちは。

    トリフォリの高澤です。

    福岡は今日は暑さが戻ってきました!

    夏大好きの私はお陰さまで元気倍増です(^^;

     

    ところで、昨日のことですが、ある青年との

    カウンセリング開始後ほどなくして…

     

    私「(…沈黙)もうそろそろみたいね」

    彼「はい。自分もそう思ってました」

     

    という会話。

     

     

    これは、もうカウンセリング卒業だよね、

    という意味のやりとりです。

     

    毎度不思議なもので、そのタイミングが

    訪れると、お互い何かが通じ合ったように

    今回みたいなやり取りが自然に起こります。

     

    ちなみにこの青年、最初来たときは不信感も

    自己卑下も強く、とても生きづらい状態でした。

     

    しかも本来は感情豊かな性質なのに、

    それを抑え込んで必死に「頭」で処理しようと

    してきたため、余計に苦悩が増していたのです。

     

    なぜそんなきつい生き方を身につけたかというと、

    家庭の事情で子ども時代に望むようなプラスの

    関心を向けられず、そのときに自分で

    「自分は愛されない」

    「必要じゃない」

    と思いこんでしまってたから。

     

    いわゆるきょうだい児だったのでしょう。

     

    その深いところにある思い込みが人生の

    どこかで、誰かとの出会いで解消されれば

    よかったのですが、残念にもそういった体験が

    得られず、ここまで持ち越してしまったのです。

     

    そんな彼も昨日、今の自分の状態を

    「最近は今までに感じたことない感じ」

    「生まれて初めてこんな感情を豊かに感じる」

    「以前とは正反対。人生がひっくり返った感じ」

    「これからも何か(問題)あっても対処していける」

    などと教えてくれました。

     

    なぜここに到達できたのか。

    それは彼が本来持っている力を自力で

    活用できるようになったからです。

     

    そもそももっている感受性の豊かさ、

    人とつながることを求める愛、

    怖くてもチャレンジする勇気…。

     

    そのほか、元々備え持ついろんな力を

    自分で活用できるようになったからです。

     

    だからでしょうか、この話を聴かなくても

    彼の大いなる変化にはすぐに気づけました。

     

    目にとても強い光を感じていたから。

    例えて言えば「目覚めている」状態。

     

     

    彼を始め、卒業前のみんなが言うには、

    地道な回復過程のなかのある瞬間に突然

    ものすごい変化が起こるそうです。

     

    あまりに変わり過ぎて自分でも

    ついていけないほどだそうです。

     

    私自体はじわじわ変化でしたので、

    ある意味そんな変化をうらやましく感じます。

     

    さてさて、あとは仕上げだけですね。

    一緒にもうひとふんばりしましょうか^^

     

     

    *注

    この事例をブログに載せることについては、

    事前に本人の了解を得ています。

     

     

     

     

     

     

     

     

    2017年09月08日(金)

    ACグループセラピーのご紹介

    こんにちは。

    トリフォリの高澤です。

     

    昨日は、アダルトチャイルドと言う名の

    「生きいきづらさを抱えた方」たちの

    グループの日でした。

     

    毎月一回開催のメンバーのみ

    参加可能なクローズドミーティングです。

     

    昨日は第4期メンバーの初顔合わせで、

    最初は全員緊張の塊 汗

     

    その緊張がほぐれるワークをしたり、

    自己紹介しあったり、生きづらさが

    出来上がる仕組みを理解してお互いの

    生きづらさを共有したり。

     

    そこではみんなとても穏やかで和やかで

    有意義な時間をもっていました。

     

    輪の中から見ていた私もとても嬉しかったです。

     

    次回は「自分が嫌い」の原因を理解することと、

    みんなで克服するためのワークを行なう予定です。

     

    トリフォリではグループ(仲間)の中での

    回復をとても大切にしています。

     

    ご興味ある方はお問い合わせください(^^)

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

    2017年08月27日(日)

    ここ1か月のこと

     

    ご無沙汰しておりました。

    トリフォリの高澤です。

    いつもありがとうございます。

     

    5月末に風邪をひき、

    それがこじれてしまい、

    咳喘息と気管支炎を併発。

     

    病院に2度行って治療するも

    なかなかひどい咳が改善せず、

    この1か月少しばかりの間は

    しんどい日々を送っておりました。

     

    夜は眠れないは、体は重いは、

    脳は働かないは、息は苦しいはで

    へたばっておりました。

     

    それがようやくここ数日で少し

    楽になり、ようやく長いこと

    おさぼりしていたブログにも

    着手した次第です(^^;

     

    先月の子育て応援セミナーのご報告と、

    今月の予定を近々アップいたします。

     

    もう少々お待ちくださいませ<(_ _)>

     

     

     

     

     

     

    2017年07月07日(金)

    ラジオCM収録しました

     

    こんばんは。

    トリフォリの高澤です。

    いつもありがとうございます。

     

     

    今日は生まれて初めてラジオスタジオに

    入れていただきました。

     

     

    まちの専門家ということで紹介して

    いただいているマイベストプロ福岡・佐賀の

    サポートの一環として、ラジオCMをつくって

    いただきました。

     

     

    バックアップ企業はKBCさんですので、

    収録もやはりKBCさんのラジオスタジオ。

     

     

    私は小学校のころからラジオ大好きで、

    暇さえあればラジオばかり聴いていました。

     

     

    大好きさが沸騰した学生時代には

    「ラジオのパーソナリティになる!」

    と真剣に考えていました。

     

     

    その夢は当時は叶いませんでしたが、

    その分今回の体験は生涯大切にしたい

    貴重な体験となりました(^^;

     

     

    あとはこのラジオCMの声が、

    子育てで苦悩しているけれど、

    そのしんどさを共有する仲間がいない、

    手を安心して借りられるサポーターがいない…

    一人でも多くのそんなおかあさんたちに

    届くことを願っています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2017年05月22日(月)
    keep looking »
    ページの上部へ