アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • 11月は研修3つ受けてきます @2018年10月29日

     

    こんにちは。

    トリフォリの高澤です。

     

     

    この仕事に就いてからというもの、

    数多くの研修を受けてきました。

     

     

    最多時には

    週末はすべて東京に(全部泊り)行きつつ、

    福岡でも複数研修を受けつつ、しかもそれを

    毎月ずっと、と、「仕事以外はほぼ研修」な

    時期もありました。

     

     

    今にして思えばこれってすごく

    強迫的

    ですよね(汗)

     

     

    AC回復の12ステップの第1段階は、

    ”私たちはアディクションの影響に対して無力”

    ということを受け容れるステップです。

     

     

    アディクションの特徴は

    強迫的

    なことです。

     

     

    言わば

    *取りつかれたように

    *駆り立てられたように

    活性化しては自動的にやり過ぎる状態。

     

     

    この時はまさにこの

    「駆り立てられたように」

    やっていたわけです。

     

     

    やはり回復のプロセスは

    終わりのある「完了」ではなく

    終わりのない「成長」なのですね。

     

     

    お陰さまで最近は憑き物がとれたようで

    ピーク時の1割程度に落ち着ています。

     

     

    改めて振り返ると

    やはり当時の私は強迫的かと( ̄▽ ̄)

     

     

    今がちょうどよくて楽です(^^♪

     

     

    そんな現状ですが、

    来月は久しぶりに研修3つ受けてきます。

     

     

    まずは認知行動療法学会の大会で岡山へ。

    スキーマ療法とACTのワークショップに

    参加してきます。

     

     

    スキーマ療法の研修は創始者である

    ヤング先生のを含めると通算4回目。

     

     

    スキーマ療法のエッセンスはとても

    役に立ちますので助かってます。

     

     

    もう一か所はいつもお世話になっている

    アスクヒューマンケアさん(東京)へ。

     

     

    テーマは

    恋愛系のサイトなどで「自己中男」の

    典型例として扱われることはあっても、

    書籍や研修などで臨床的な視点から

    触れられることの少ない回避依存

     

     

    アルコールやギャンブル等への依存や

    共依存ほどメジャーではないのですが、

    実は親密性や共依存などに深くかかわる

    大切なテーマなんです。

     

     

    今回きっちり深めてきまっせ!

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

     

    2018年10月29日(月) カテゴリー: ジャーナル
    ページの上部へ