アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • 「わが子が大好き」の落とし穴

    こんにちは。

    高澤信也です。

     

    この記事を読まれている方には

    子育て中の親御さんも多いかと思います。

     

    私も目下子育ての真っただ中。

    日々格闘(汗)しております。

     

    なんで大変かって?

     

    それは

    「思い通りにならない」

    からですよね。

     

    とはいえわが子大好き!

    目の中に入れても痛くない!

    なんて言葉は本当だな~って痛感。

     

    それどころか

    わが子の命と引き換えなら

    自分の命だって差し出せる。

     

    そこまで思える

    尊くて愛しい存在です。

     

    しかしながら、

    この「愛しさ」である愛が

    一方で子育てを難しくもするんです。

     

    今日はそんなお話です。

     

    これまでの相談事例から

    これまで相談に来られた親御さんのなかには

    子どもを怒鳴ったり手をあげたりといった方が

    少なからずおられました。

     

    はたから見ると愛情不足みたいに

    思わる方も多いようですが、

    実際は子どもを愛しているケースが

    ほとんどです。

     

    子どもは愛している。

    その子を怒鳴ったり叩いたりする。

     

    これって相反する感じがするでしょうか。

     

    愛情がもたらす副作用

    愛は大切だという前提が

    世の中では一般的かと思います。

     

    確かに愛情は大切ですが、

    一方で愛が子ども(相手)を苦しめることが

    少なくありません。

     

    それはたとえばこんな仕組みです。

     

    わが子を愛している。

    だから、、、

    傷ついてほしくない。

    嫌な目に遭ってほしくない。

    損してほしくない。

    それが不安でたまらない。

    子がそんな目に合わないよう、、、

    親が子どもの課題を肩代わりしてしまう。

    子どもの課題に介入してしまう。

    あるいは

    「ああしなさい、こうしなさい」

    と事細かに指示命令したり

    「あれしちゃだめ、これしちゃだめ」

    と過剰に禁止する。

    (無力感を学習していなければ)

    子どもは抵抗・反発する。

    親が自分の不安を処理できなければ

    力を加えてでも子どもを変えようとする。

    それが時に怒鳴る、叩くへ。

     

    「愛」という名の支配

    愛情は子どもを守り育みます。

     

    ただよくよく自制していないと

    愛は容易に「執着」に形を変えていきます。

     

    執着は容易に侵入や支配へと

    形を変えるでしょう。

     

    その結果、その子の

    「らしさ」や「自由性」を

    奪いかねないという側面ももっています。

     

    相談に来られる方の半分くらいの方は

    「私は愛されてきました」

    「別に虐待を受けていません」

    「だからACではないかもしれません」

    などとなぜかおっしゃいます。

     

    これは先の

    「愛という名の支配」

    によって苦しみを抱えた方たち

    なのかもしれません。

     

    愛するからこそ

    私も子育て中だからこそ

    日々実感しています。

     

    かわいいわが子には

    できれば幸せであってほしい。

    不幸な目に遭ってほしくない、と。

     

    だけど

    その愛するわが子は自分の力で

    この社会の中で生きていかねばならない。

     

    とすると

    私たち親がなすべきは

    庇護することよりも、

    社会の中で生きていける力を

    身に着けるためのお手伝い。

     

    そこを育むには、

    わが子を愛するからこそ

    執着しない努力

    が必要なのだと思います。

     

    どうすれば執着せずに済む?

     

    それは自分のニーズが満たされていること。

     

    パートナーがいれば

    パートナーとのより良い関係。

     

    バートナーがいなければ

    1人でいいので他者との親密な関係。

     

    親自身が、、、

    *安全で

    *安心できて

    *自分でいられて

    *自分をオープンにできる。

     

    そんな居場所が必要です。

     

    そんな居場所があれば

    私たち親がまず安定します。

     

    その「親の安定」が結果的には

    ★安心・安全・自分らしさ

    を子どもに提供できることにつながるから。

     

    こんなことを書くと

    「そんな居場所がないから困ってる!」

    って言われそうですね(汗)

     

    そんな方のためにも

    子育てのワンストップの学校を

    つくりたいんです。

     

    もう少々お時間頂戴しますけれども(^^;)

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

     

     

     

    2018年08月11日(土) カテゴリー: 子育て応援
    ページの上部へ