アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • 苦悩の根っこは実はひとつ @11月5日

     

    こんばんは。

    トリフォリの高澤です。

     

     

    つい先日のこと、

    カウンセリングに通ってきていた

    ハナコさん(仮名)が卒業なさいました。

     

     

    最初の頃は

    悩み苦しみの塊みたいで

    息をするのもやっと、、、

    といった感じだった方です。

     

     

    それが曰く

     

    「苦しかったときのこと、

    思い出そうとするんですけど

    ぜんぜん思い出せないんですよね。

     

    今、すごく楽だし、

    したいことたくさんあるし、

    自分って元からこうだったかも、

    なんて感じすらするんですよね。

     

    不思議ですよね^^」

     

     

    この方はセルフヘルプのために

    いろんな心理療法の練習に取り組み、

    多くを身につけて活用してきました。

     

     

    そこで尋ねてみました。

     

     

    「何が一番役に立った?」

     

     

    ハナコさんがもっとも相性の良かった

    ビリーフ(強い信念)の書き換えに

    使っていた論理療法かな、と予測。

     

     

    しかし彼女の答えは

    どの心理療法のワザでもなく、

    話を聴いてもらったことでもなく。

     

     

    それこそが

    苦悩のたった一つの根っこ

     

     

    ハナコさん曰く

    「悩みは自分の欲が作り出している

    という前提が腑に落ちたのが一番でした」

     

     

    それまでは

    「自分は誰からも愛されない」

    「誰からも必要とされない」

    「どこにも安全な場所はない」

    と強く信じていたハナコさん。

     

     

    しかしこういった信念は

    誰よりも愛されたい」

    誰からも必要とされたい」

    常に安心安全でいたい」

    という現実的とはいえない

    過剰な欲が作り出したもの。

     

     

    しかし自分がそんな過剰な欲を

    持っているなんて信じたくもないし、

    向き合いたくもなかったはずです。

     

     

    しかしハナコさんはその

    「見たくない自分」

    から目を逸らさずに

    向き合ってきました。

     

     

    それが結果的に自分の生き方を

    *現実に即した生き方

    *道理に合った生き方

    いわばマインドフルな生き方に

    変えていったようです。

     

     

    今も時々は

    「誰からも愛されたい!」

    「誰からも必要とされたい!」

    「いつだって安心安全を感じたい!」

    は突き上げてくるそうですが、

    そのたびその欲の過剰さに気づき、

    自分で自分を慈しんでいるそうです。

     

     

    ところでメジャーな心理療法に

    認知行動療法というものがあります。

     

     

    この療法ではストレス対処のその前に、

    まずはストレス体験の観察に取り組みます。

     

     

    そこで観察する内容は

    ◎ストレスの引き金になった出来事

    ◎その時の自分の認知(考えやイメージ)

    ◎その時の自分の感情

    ◎その時の自分の身体反応

    ◎その時の自分の行動(衝動)

     

     

    そこにもうひとつ

    観察に加えたいものがあります。

     

     

    それが今回のテーマである

     

     

    負の感情で苦しくなったときは

    「自分は何を欲しているんだろう?」

     

    相手がいる場合は

    「私は相手にどうなってほしいんだろう?」

     

     

    そこに自分の隠された欲が潜んでいます。

     

     

    たとえば自分の大変さを

    理解しようとしない相手に

    怒りを覚えたとき。

     

     

    そこに潜んでいる欲は

    「私が望むように理解してほしい!」

     

     

    欲が見つかったら

    自分自身にこう問いかけてみます。

     

     

    「あなたは人を思い通りに

    変えることができますか?」

     

     

    これが回復の起点、

    「変えられないものは

    落ち着きをもって受け容れていく」

    ということ。

     

     

    ハナコさんの回復の要諦は、

    スタート地点であるここだったようです。

     

     

     

    注)ハナコさんの事例は個人が

    特定できないよう、ほかの方の

    事例を交えたものにしています。

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

     

     

     

    2018年11月05日(月) カテゴリー: 「愛着の傷」回復Tips
    ページの上部へ