アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • 好きなのに、「嫌われてる…」

     

     

     

    こんにちは。

    トリフォリの高澤です。

     

    前回は

    好きじゃない人からも

    「嫌われたくない!」「好かれたい!」

    の話でした。

     

    今回は

    「好きな人に嫌われた…」

    のお話です。

     

    ・・・・・・・

     

    わたくし先日、

    ある研修に参加しました。

     

    講師の先生は

    以前からとてもお世話になっている

    個人的に好きな方です。

     

    とても信頼もしています。

     

    それが先日久しぶりに会ったときの

    様子にちょっと(いや、だいぶ)違和感。

     

    「あれ?」

    「私のこと、もしかして、苦手?」

    「・・・嫌われてる、、、の?」

     

     

    これ、おそらく

    事実

    ではなく

    考え(推測、解釈、思い込み)

    です。

     

    ですがここでは敢えてそれを

    「事実」

    として話を進めます。

     

     

    さて、嫌いな人ならいざ知らす、

    好きな人に嫌われている…。

    (と思い込んでいる 汗)

     

    相性もいいと思っていたのに…。

     

    「がーん!!!」

     

    って感じ。

     

    ということで、この

    「がーん!」

    を処理することにしました。

     

     

    【その①】

    認知(考え)を変えてみる

     

    以下、自問自答。

    「嫌われていると思う根拠は?」

    「そうとは言えない根拠(反証)は?」

    などなど

     

    「思い込みだろうねぇ」と思えたものの、

    これだけではまだ”気持ち”が収まらず。

     

     

    ということで

    【その②】

    認知(考え)と事実を切り分ける

     

    心の中でこうつぶやきました。

    「『嫌われている』って気がしてる

    「『嫌われている』っていう考えが出てきてる

     

    これは、認知はただの考えであって、

    事実ではないよと脳に覚えてもらう練習。

     

    これで少し余裕ができました。

    ほっ♪

     

    でも気持ちのスッキリ感がまだまだ。

     

     

    で、

    【その③】

    感情処理

     

    自分の中にある感情、

    このときは悲しみですが、

    これを呼吸で吐き出す。

     

    ここでかなりスッキリ!

    だいぶ楽になりました。

     

    あとはなんともいえない

    気持ち悪い引っ掛かりが少々。

     

     

    ということで、

    【その④】(ラスト)

    セルフコンパッション(自己慈悲)

     

    「好きな人から嫌われる」は喪失体験。

    その喪失の悲しみで苦しんでいる自分に

    深い慈しみを与える。

     

    ちょっと長いですが、以下、

    このとき私が自分にした声かけです。

     

    「自分が好きで信じている人から嫌われたら、

    そりゃ堪えるね。きつかったね。

     

    そういえば君(自分のこと)は子どもの頃から

    『ありのままでいると嫌われる』

    って信じていたよね。

     

    その人にも素の自分をだいぶ出してたから、

    その古傷が出てきたんじゃないかな。

     

    君はもともと感情が豊かだったから、

    気持ちとか欲求とかをしっかり表現してました。

     

    小さい頃はそれをあまり受け取ってもらえなかったね。

    悲しいとか、怖いとか、嫌とか、寂しいとか。

     

    受け取ってもらえずずっと苦しかったよね。

     

    そのためか、

    受けとってもらえない「自分がダメ」

    って前は信じていたでしょ。

     

    あのとき君がほしかったのは、

    「そのままを受け取ってほしい」

    だけだったのに。

     

    君が生まれもった感情の豊かさを

    周りの大人が受け取ってくれたら

    よかったけど、そうならなかった。

     

    ほんとに残念だけどさ、

    親も大人もみんな不完全なんだよ。

     

    だけどそれでも君は

    「嫌われないために自分を隠す」

    ではなくて、

    「嫌われたくないけど自分を表現する」

    を選んだよね。

     

    そのぶん君は表現するたびに

    たしかに嫌われることが増えていきました。

     

    君は周りには隠していたけど、

    本当はそのたび深く傷ついていたこと、

    ひとり泣いていたこと、私は知っています。

     

    とてもつらかったね。

    どれだけ苦しかっただろうね。

     

    それでも君は自分を出し続けた。

     

    きつかったのに、

    勇気出して頑張っていました。

     

    だからかな。

    君が小学生のとき、

    君のお姉さんの友だちが言ったセリフ。

     

    「お前はいつもちゃんと

    気持ちが出てるから好きだよ!」

     

    これをずっと覚えているでしょ。

     

    やっぱり君はずっと

    感情豊かな「ありのままの自分」

    を真正面から受け容れてもらいたかったんだね。

     

    それって、

    そんな自分が好きだからなんだよね。

     

    これからも自分を出していくと、

    たぶん君を嫌う人は出てくると思う。

     

    それはつらいとも思う。

     

    でも、君は君でいていいね。

    「ありのままの自分」でいいね。

     

    それを愛してくれている人、

    すでに周りにいるでしょ?

     

    その人たちと、

    「そのままの自分」

    で楽しく過ごしてね。

     

    きっと大丈夫。

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    これでやっと心がスッと軽くなりました。

    (というか、涙が…)

     

    「私は私でいていい!」

     

    これを貫こうとすると、

    *嫌われること

    *拒絶されること

    *否定されること

    そして

    *傷つくこと

     

    残念ながらこれを避けることは不可能です。

     

    だからこそ、

    自分自身が自分の最強の味方になる。

    あたかも理想の親みたいになる。

     

    世界中を敵に回しても

    自分だけは自分を最後まで裏切らない。

     

    自分が自分に深い慈悲をかけられたら、

    きっと人生は軽くなっていきます。

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように

    2018年04月20日(金) カテゴリー: 「愛着の傷」回復Tips
    ページの上部へ