アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • 恋愛依存の禁断症状 @12月13日

     

    こんばんは。

    たかざわです。

     

     

     

    数か月前のことですが、

    卒業したクライエントさんが

    数年ぶりに顔を見せに来てくれました。

     

     

     

    名前を仮にマイコさんとします。

     

     

     

    マイコさんは来談当初は誰ともつながれず、

    生きづらさ満載でとても苦しい状態でした。

     

     

     

    それがいざ回復への取り組みに着手すると、

    逃げ出すことなく自分の課題として引き受け、

    臆することなくチャレンジをつづける雄姿。

     

     

     

    一足飛びで変化成長していくその姿には

    いつもこちらが勇気づけられました。

     

     

     

    孤立して生きてきた状態から、

    気づけば知人、友人、さらには

    親友というつながりまで育んだ彼女。

     

     

     

    そしてとうとう

    異性との交際という親密関係へ。

     

     

     

    恋愛は素晴らしいものですね。

     

     

     

    しかしそんなマイコさんに

    大きな壁が立ちはだかります。

     

     

     

    それは、、、

    恋愛依存でした。

     

     

     

    まだこの時は心に空いた穴が十分に

    ふさがっていない状態。

     

     

     

    そして偶然か必然か、

    心の穴は相手も空いていたのです。

     

     

     

    マイコさんの例に限らず

    心に穴が空いた者同士の恋愛は、

    時を経るごとにお互いをひどく

    傷つけあうことが少なくないのです。

     

     

     

    暴言や暴力に至ることも珍しくありません。

     

     

     

    「離れたくても離れられない」

    「離れたくないのに離れないと傷つく」

     

     

     

    そんな矛盾をはらんだ関係を続けていけば、

    状況は徐々に悪化の一途をたどります。

     

     

     

    そして進退窮まったとき、

    「遠ざかる」という選択によって

    苦しみから解放されればいいのですが、

    その先には次の苦しみが待っています。

     

     

     

    離脱症状(禁断症状)です。

     

     

     

    恋愛依存もほかの依存症同様、

    対象から離れずに抜け出すことは困難です。

     

     

     

    とはいえ離れたら離れたで

    ほかの依存症同様に禁断症状が起こります。

     

     

     

    水が尽きて砂漠を彷徨う人が水を渇望するように、

    四六時中依存対象のことで頭がいっぱい。

     

     

     

    それと同時に愛しているけど

    自分をひどく傷つけてきた相手への

    強い怒り(憎しみ)も併存します。

     

     

     

    恋愛依存症の禁断症状は、

    渇望と憎悪が併存するという

    筆舌に尽くしがたい苦しみです。

     

     

     

    しかしここを抜けて初めて、

    ほんとうの回復への道が開けてきます。

     

     

     

    恋愛依存症者にとっては

    恋愛は心の穴を埋めるための借り物。

     

     

     

    いわば

    痛みを和らげる鎮痛剤

    みたいな役割です。

     

     

     

    一時しのぎにはなっても、

    本質的に満たされることはありません。

     

     

     

    では本質的に満たしてくれるものって

    いったいなんなのでしょう。

     

     

     

    それはたぶん子どもの頃に

    ほしかったのにもらえなかったもの。

     

     

    気にかけてもらうこと

    守ってもらうこと

    気持ちをなだめてもらうこと

    家の中を安全に保ってもらうこと

     

     

     

    心に空いた穴(痛み)は

    一時的には鎮痛剤の力を借りながらも、

    いずれは本来そこに入るべきもので

    満たしていきたいものですね。

     

     

     

    それでこそ

    渇きも癒えるというものです。

     

     

     

    ところで今回の事例のマイコさん。

     

     

     

    しっかり禁断症状を乗り越え、

    心の穴も自分の手でケアし、

    その後卒業の時期を迎えます。

     

     

     

    すると神さまがそれを祝福するかのように

    すばらしいパートナーとの出会い。

     

    そして結婚。

     

     

     

    それから数年を経て

    久しぶりに会った彼女のおなかは

    大きくなっていました。

     

     

     

    援助職ってけっこうしんどいですが、

    こんな素晴らしい体験もさせてもらえます。

     

     

     

    ほんとうにありがたいです。

     

     

     

     

     

    追伸

    これからも私はここにいて

    ずっとあなたたちの幸せを祈っています。

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

     

    2018年12月13日(木) カテゴリー: 「愛着の傷」回復Tips
    ページの上部へ