アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • インフルエンザの異常行動

     

    こんにちは。

    ファミリーカウンセリング トリフォリの高澤です。

    昨日、今日とお仕事お休みいただいています。

     

    月曜夜より息子が発熱。

    39.8度の高熱で病院を受診した結果、

    やっぱりね…のインフルエンザでした。

     

    そうなると5日間は目を離せない。

    とくに最初に3日間は何が何でも!

     

    妻とやりくりを分担してなんとか息子を

    一人にする時間をつくらずに済みました。

    今回なんとか手分けできてよかったです。

     

    ところでインフルエンザの子どもと言えば

    異常行動が気がかりですね。

     

    幼い子は特に目を離さないことが

    大切と言われています。

     

    ちなみにわが家でも今回はかなりの

    異常行動が見られました。

     

    何かが見えているようでひどく怯えたり、

    急に意味不明の言葉を早口でまくしたてたり、

    逝ったような目で家のなかを小走りしたリ、

    大声を上げながら奇怪な姿勢をとったり、

    などなど。

     

    昨年もインフルの時はちょっとした

    異常行動は見られましたが、今年のは

    かなり激しくてひどく心配しました。

     

    お陰さまでだいぶ快方に至っており、

    やっとのことで少し安堵している

    今でございます。

     

    今回の異常行動を目の当たりにしたとき、

    この状態で目を離すのはあまりに危険!

    目を離さず一緒にいないと!

    と痛感いたしました。

     

    その一方で、子どもの病気で仕事を

    休むことに対する申し訳なさのような

    気持ちもありました。

     

    「マイナビウーマン 子育て」の記事

    http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/2325

    に詳しい症状の話だけでなく、

    同様のことが書いてありました。

     

    「子どもがインフルエンザなので

    お休みいただきます」

    ということが気軽に言えて、それを

    自然に受け容れてくれる環境(社会)が

    広がることを望むばかりです。

     

    おかあさんがたの話を聴くと

    [子どもの病気で休む→嫌な顔や批判を受ける]

    というケースは少なくないようです。

     

    子育てを応援できる社会。

     

    少しでも近づけるべく

    やることはたくさんありそうです。

     

     

     

     

     

     

     

    2018年01月18日(木) カテゴリー: 子育て応援
    ページの上部へ