アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • 人は誰だって大切にされたい

     

    こんにちは。

    カウンセリングオフィス トリフォリ 改め

    ファミリーカウンセリング トリフォリ

    の高澤です。

     

    私は週一回、行政の相談窓口を請け負って

    いるのですが、その仕事に行く前に、毎回

    近所のモスバーガーで朝食をいただきます。

     

    そこのスタッフの方はみなさんとても

    接客が素敵で、人見知りの私ですら

    こちらから話しかけるほど。

     

    いつもこう感じています。

    「大切にしてもらえるな~」って。

     

    だからこそ、私もスタッフの方々を

    大切にしたい気持ちが湧いてきます。

     

    人は大切にされると、

    相手を大切にしたくなるのですね。

     

    大切にされなかった子どもたち

    その子がその子であるだけで素晴らしい。

     

    本気でそう思うのですが、現実には

    粗探しされたり、ダメ出しされたり、

    力を軽んじられて侵入・支配されたり、

    力や権威で抑えつけられたり。

     

    こういった扱いを受けた子どもたちが

    「自分は大切な存在だ!」

    と信じるのは難しいことでしょう。

     

    「自分は大切な存在」と信じられないと、

    人が自分のことを大切に扱ってくれても

    素直に受け取ることができません。

     

    なぜなら

    「私は大切にされるほど価値はない」

    と思い込んでいるから。

     

    そうなると人の善意すら裏読みしたり、

    悪意や敵意に読み替えたりしてしまう

    かもしれません。

     

    その結果

    「人は信用ならない」

    と思い込んでしまうかもしれません。

     

    これってとても不幸なことではないでしょうか。

    自分も大切にできない。

    人も大切にできない。

     

    それでは生きづらくもなってしまいますよね。

     

    「大切にされている」の勘違い

    だったら自分を大切にしてくれる

    人や場で過ごせるといいですね。

     

    しかしここでひとつ注意点が。

     

    *嫌なことを言われない

    *何でも同意してくれる

    *いつでも同情してくれる

    *嫌な顔一つ見せない

    *たくさん褒めてくれる

    *困ったら言わずとも手助けしてくれる

    *したくないことはしないでも許される

     

    どうでしょうか。

    これってまさに

    「大切にされている!」

    感じがしませんか?

     

    ですが、実はこういった環境でこそ

    「私は大切ではない」

    は強まりやすいのです。

     

    なぜならこういった関わりは

    ではありますが、

    自分で作り出すことができません。

     

    するとこの快を求めて中毒症状に

    至ることがあります。

     

    そのひとつが

    過剰な承認欲求です。

     

    すると困ったことが起こります。

     

    それは

    「承認を得る」

    が目的化するということ。

     

    承認という快を得るためには

    どんな手段を使うでしょうか。

     

    それがたとえば

    ・「いい人」を演じる

    ・相手に合わせる

    ・相手のご機嫌をうかがう

    ・自分のネガティブ感情を否認する

    ・過剰に頑張って「すごい人」を目指す

     

    残念ですが、これでは元の木阿弥です。

     

    「大切にされる」とは

    私自身、子どものころあまり大切には

    してもらえませんでした。

     

    でも一方で甘やかされた部分もありました。

    とても歪な環境です。

     

    そこで受けた影響は

    『強い劣等感』

    『根拠のない尊大さ』

    の併存。

     

     

    「自分なんてどうでもいい」

    「いつ死んでもいい」

    「自分はほんとうはすごいんだ!」

    の同居。

     

    なんともトホホな感じです(;´・ω・)

     

    それが大人になっていくにつれ、

    いろんな人たちとの出会いの中で

    大切にしてもらえる

    という経験をすることができました。

     

    そしてそこには甘やかしはなく、

    厳しさがありました。

     

    「やるべきことはやりなさい」

    「自分のことだから自分でやるんだよ」

    「人のせいにしても何も変わらないよ」

    「君が逃げるならもう来なくていい」

     

    当時はその厳しさにへこたれそうにもなりました。

     

    ですがそれと同時に

     

    「失敗していいよ」

    「君は君でいい」

    「弱くていい、怖くていい」

    「一緒にやるから」

     

    どれだけ自分がやらかしても、

    自分から目を逸らすことさえしなければ

    ずっと信じて味方でいてもらえました。

     

    だから私には今も

    自分と向き合うことに対しては

    ポジティブなイメージしかありません。

     

    それは

    *甘やかさずにいてくれた

    *見捨てられなかった

    *味方でいてくれた

    つまり、

    大切にされた

    という貴重な経験のお陰です。

     

    そのお陰でそれからは日に日に

    自分を「大切な存在」と信じられる

    ようになりました。

     

    だからでしょうか

    ・自分で自分を貶めること

    ・失敗や不完全さを責めること

    ・投げやりになること

    ・被害者に留まること

    ということから脱却できたのです。

     

    それと同時に

    *人を大切にする

    こともできるようになったのです。

     

    お陰で、世の中の大半を「敵だ!」と

    信じていた私も、今では苦手な人こそ

    いても、嫌いな人はほとんどいません。

     

    これってとっても楽ですね(*^^)♪

     

     

     

     

     

    2017年11月14日(火) カテゴリー: ジャーナル
    ページの上部へ