アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • ゲシュタルトの祈り

     

    こんにちは。

    トリフォリの高澤です。

     

    このブログではこれまでに何度か

    ご紹介したかもしれない詩を一篇。

     

    ゲシュタルト療法の創始者である

    フレデリック・パールズによる

    『ゲシュタルトの祈り』

    です。

     

    以前の私は、

    他者から攻撃や批判を受けないように、

    他者から侮辱や軽視をされないように、

    無意識のうちにいつも周りを警戒していました。

     

    自分でも気づかなかったけれど、

    心の奥ではいつもビクビク怯えていました。

     

    それにほとほと疲れたある時、

    この詩に出会いました。

     

    そこからやっと

    「自分で生きていく」

    という選択に舵を切ることができたんです。

     

    ある意味、

    命の恩人とも言えます^^

     

     

    Gestalt Prayer

    I do my thing, and you do your thing.

     

    I am not in this world to live up to your expectations.

    And you are not in this world to live up to mine.

     

    You are you and I am I,

    and if by chance we find each other, it’s beautiful.

     

    If not, it can’t be helped.

     

    (…The following was added in later years by Pearls…)

     

    I and You are the basis for We.

    Only together we can change the world.

     

     

    あるがままの自分で生きていくには

    次の二つがいるんだと思います。

     

    一つは勇気。

     

    もう一つは仲間。

     

    パールズが晩年に付け加えたといわれる

    詩の最後の二行にも「仲間」の大切さが

    織り込まれている気がします。

     

    トリフォリでは一貫して

    子どもの笑顔

    を大切にしています。

     

    子どもたちが笑顔でいるためには、

    それを支え、育む環境が欠かせません。

     

    だからこそ私たちは

    子どもたちの命と心をほかの誰よりも

    守ることのできる最高の環境になりうる

    「親」

    のリペアレンティング(育てなおし)に

    力を入れています。

     

    ACを再生産させないための予防です。

     

    そして今、

    同じ志をもつ仲間(同志)

    との出会いを求めています。

     

    子どもを取り巻く世界を本気で

    よりよく変えたいと願っています。

     

    でも一人でできることはあまりに少ない。

    できないことがあまりにも多い。

     

    それを補ってくれる仲間と出会い、

    力を合わせてこの世界をよりよくしたい。

     

    生きている間に少しでもそれを果たしたいと

    願っています。

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

     

    2018年05月06日(日) カテゴリー: 子育て応援
    ページの上部へ