アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • 失敗恐怖 @11月7日

     

    こんばんは。

    トリフォリの高澤です。

     

    突然ですが

    あなたは失敗しても平気ですか?

     

    昔の私は失敗するくらいなら

    「やらない!」

    なんてやってたクチです(^^;

     

    好きではないですがお陰さまで今は

    「人間だもの。まあ、失敗、するわなぁ」

    みたく相田みつをさん(汗)的な感じで

    受け入れられるようになりました。

     

    ということで今日のテーマは

    失敗恐怖

    です。

     

     

    失敗が怖い

    「絶対に失敗したくない!」

     

    ひどく失敗を恐れる人は

    少なくないようです。

     

    失敗とは本来は

    「自分が望む結果に至らなかった状態」

    を指しているだけです。

     

    だったらその結末から学んで

    やり直せばいいだけのはず。

     

    それなのに人によっては

    「人生の終わり」

    「自分は本当にダメだ」

    などと過剰反応する方も。

     

    これだと

    失敗恐怖になるのも理解できます。

     

    とはいえ

    なぜそこまで怖いのでしょうか?

     

    そこで失敗恐怖のタロウさん(仮名)に

    聞いてみました。

     

     

    失敗を恐れる理由

    「どうしてそんなに失敗が怖いんですか?」

    「わからない」

     

    「失敗したらどんなことが起こる気がしますか?」

    「周りから批判されたりバカにされたり」

     

    「それが嫌なんですね」

    「絶対に嫌です!」

     

    「では人から批判されたりバカにされたりする代わりに、

    『本当は』どんな扱いを望んでいるんですか?」

     

    最初は

    「別に責められないなら」

    とか

    「バカにされないなら」

    という返答でした。

     

    しかしここをしばらく

    突っ込んで話し合った結果、

    出てきた答えは、、、

    「自分を大事に扱ってほしい」

    「自分を好きになってほしい」

    「必要だよって言ってほしい」

     

    つまりは承認欲。

     

    大抵の人に承認欲はあるものです。

    もちろん私もございます(汗)

     

    ただしそれが過剰になると

    こんな自分になってしまうかもしれません。

     

    ・人の顔色を伺う

    ・フリをする
    (いい人のフリ、強い人のフリ、できる人のフリ、などなど)

    ・自分で自分に◯をあげられない

    ・自分がどうしたいのか、
     どうありたいのかわからなくなる(自己喪失)

     

    それと今回のテーマ



    失敗を過剰に恐れる、も。

     

    自分の価値判断を他者に委ねても、

    人は望むようには承認をくれません。

     

    にもかかわらずそこを求めすぎると、

    「変えられない他者」

    を変えることがあたかも

    人生の目的と化してしまいます。

     

    これこそがまさに

    「人に振り回されている!」

    という状態。

     

    しんどいものです。

     

     

    自分の人生に責任をもつ

    ということで

    回復に向けて踏み出したい一歩。

     

    それは

    「他者を思うように変えることはできない」

    という事実を受け容れること。

     

    「他者は変えられない」を受け入れた先に

    「変えられるものを変えていく」勇気が

    きっと芽生えてきます。

     

    その勇気が

    私たち自身を変えていきます。

     

    ところで変えられるものとは

    自分自身。

     

    勇気をもって自分を変えていく。

     

    まさに「自分の人生」の

    主人公の座を取り戻した瞬間です。

     

    人は思うように承認をくれません。

    でも自分だったら与えてあげられます。

     

    前者を選べば人に振り回される。

    後者を選べば自分が人生の主人公。

     

    どちらも選べます。

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

     

    2018年11月07日(水) カテゴリー: 「愛着の傷」回復Tips
    ページの上部へ