アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • 気づかない心の傷

     

    いつもありがとうございます。

    トリフォリの高澤です。

     

    支援者となって16年ほど経った私も、

    もとは家族トラウマの影響を抱えていました。

     

    トラウマ症状は主に3つありますが、

    昔の私も多分に漏れずその症状を

    抱えておりました。

     

    ①フラッシュバック

    ②神経の過剰な覚醒

    ③フラッシュバックを避けるための

     感情麻痺や刺激の回避

     

    特にしんどかったのが①のフラッシュバック。

     

    子ども時代から思春期までの中で

    わが家で起こった傷つき体験が

    意図しないのに突然

    記憶としてよみがえっていました。

     

    そうなるととても苦しいのですが、

    その記憶を追いやることができない。

     

    これはとてもしんどかったです。

     

    そんな私もお陰さまで今では昔のわが家を

    むしろ懐かしい思い出とできていますし、

    両親のことも愛おしい存在と感じますし、

    あの家に生まれてよかったとも思います^^

     

    もちろんフラッシュバックというものは

    一切ありません。

     

    気づかない傷の蓄積

    過去のトラウマとはおさらばし、

    愛する家族や友人にも恵まれ、

    信念をもってやれる仕事もできている。

     

    とても穏やかで楽な暮らしを送ってきた

    私だったのですが、ここ最近、ある知人の

    方が為してきたこれまでの言動の記憶が

    意図しないのに突然

    よみがえって苦しくなるときがあります。

     

    しかもそれは「怒り」ではなく「痛み」。

     

    でもその方は一般的には人にやさしい人と

    いう認識でしたから、どうしてそうなるかが

    ずっと自分でも不思議でした。

     

    「自分がおかしいのかな?」

    「神さまが自分の課題として示してるのかな?」

    なんてことまで思ったりして。

     

    しかしよくよく振り返ってみて気づきました。

     

    その方のコミュニケーションには、

    復讐的コミュニケーションというものが

    含まれていたことに。

     

    人は人とコミュニケートするとき、

    「ここはこうしてほしい」

    「これはしないでほしい」

    という依頼を主張することがあります。

     

    その伝え方には4つのやり方があります。

     

    ①主張的コミュニケーション

    自分の伝えたいことは伝えるが、

    相手を傷つけない伝え方をする。

    (これが理想的ですね)

     

    ②非主張的コミュニケーション

    自分の伝えたいことは伝えないが、

    相手のことも傷つけない。

     

    ③攻撃的コミュニケーション

    自分の伝えたいことは伝えるが、

    相手のことを傷つける。

     

    ④復讐的コミュニケーション

    自分の伝えたいことは引っ込める一方、

    相手を傷つけるやり方をする。

     

    私が子ども時代にわが家でしょっちゅう

    喰らっていたやり方は

    ③の攻撃的コミュニケーション。

     

    怒鳴ったり、叩いたり、侮辱したり。

     

    このコミュニケーションのやり方だと

    自分が傷ついていることに気づくことが

    できます。

     

    しかし④で挙げた復讐的コミュニケーション

    だと自分が傷ついていることに気づけません。

     

    だけど痛みだけは感じるので、防衛的に

    なります。(周りには攻撃的に見えます)

     

    何に傷ついているのかに気づけないと、

    それに対処することもできません。

     

    対処することができないと、

    その苦しさもそのままです。

     

    復讐的コミュニケーションは

    「主張しない」

    という特徴がありますから、

    された側が自分が傷ついていることに

    とても気づきにくいのです。

     

    やさしい虐待

    かつての相談者の多くはあからさまに

    よろしくない関わりをする家庭で

    育っていました。

     

    暴力、暴言、無視、ケアをしない、辱めなど。

     

    でも最近ではこういった相談よりも、

    違った相談のほうが多くなっています。

     

    たとえば

    「アダルトチルドレンという人たちと

    同じような症状があるのですが、

    でも私は親に愛されてきたと思うし、

    虐待も受けていないんです。

    だから相談してはいけない人間かも

    しれません」のように。

     

    しかし話を聴いていくと、

    言葉としては親が発していたものは

    「あなたのために」

    「あなたが大事だから」

    といった形のコミュニケーションでは

    あるものの、された側はそれがどうにも

    息苦しい。

     

    だから「ノー(嫌だ)!」を主張する。

     

    だけどそうすると

    「そんなつもりじゃないのに…」と

    被害者の立ち位置に立たれる。

     

    その結果、

    「自分が悪いんだ」

    「自分がおかしいんだ」

    といった偏った考え方がでてくる。

     

    これはとても厄介な悪循環ですね。

     

    さらに厄介なのは、この復讐的な

    コミュニケーションを用いる本人が

    そのことに気づいていないことです。

     

    やっている側も、やられた側も

    気づけない。

     

    これってお互いにとって

    とても不幸なことではないでしょうか。

     

    ところでこのありようって、

    まさに過保護や過干渉の典型ですね。

     

    だからでしょうか、過保護・過干渉を

    やさしい虐待

    と呼ぶ方もいるくらいです。

     

    傷つきへの対処法

    さて、ここで示してきたように、

    どうやら私は冒頭の方との関係での

    ダメージが蓄積していたようです。

     

    それに気づかずにきたため、

    ここ最近軽いフラッシュバック

    状態に陥っていたようで_| ̄|○

     

    現実的に少し距離を取るという

    対処法もありますが、その選択は

    事情が許さないと難しいですね。

     

    そう考えると、子ども時代に親との

    関係でトラウマを受けてきたうえに、

    現時点でもその親との関係で苦しみが

    続いていたとしたら、そのしんどさは

    5倍10倍と大変なものではないでしょうか。

     

     

    ちなみに

    *怒り

    *傷つき(痛み)

    には違いがあります。

     

    怒りはその相手が目の前から

    いなくなれば収まりますが、

    傷つきは相手がいないときにも

    その苦しさはつづきます。

     

    これこそがフラッシュバック

    なのかもしれません。

     

    さてさて、この苦痛をそのままに

    しておくのはさすがにしんどい。

     

    ということで、ここから何回かに分けて、

    私がこの傷つきにどう対処しているかを

    お伝えしていきます。

     

    トラウマ対処のお話です。

     

    ではまた次回お会いしましょう(*^^)b

     

     

     

     

     

     

    *

     

     

     

    2017年11月06日(月) カテゴリー: 「愛着の傷」回復Tips
    ページの上部へ