アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • 終活やってます

    たかざわです。

     

     

    少し前に心臓手術をすると

    お伝えしておりましたかね。

     

     

    生還(汗)希望ではありますが、

    もしもってこともありますので

    最近終活に取り組んでおります。

     

     

    買ってほったらかしにしていた

    エンディングノートを引っ張り出し、

    あれやこれやと書き込んでおります。

     

     

    大切な人の連絡先とか

    やり残したことの引継ぎのお願いとか

    銀行口座とそれにまつわる情報とか

    ほかにもいろいろ。

     

     

    びっくりしたのは

    履歴書を書く欄があったこと。

     

     

    あ、あと、死んだときに

    来てほしい人来てほしくない人の

    リストを書いてみたりもして(-_-;)

     

     

    ノートのほかにも、

    一昨日は葬祭場にお邪魔して

    お葬式の互助会に入会してきました。

     

     

    こんなことをいろいろやっていると

    死ってそんなに遠い存在じゃないことに

    不思議と気づかされます。

     

     

    親近感というか、親和性というか、

    なんとなくそんな感じを覚える

    最近でございます。

     

     

    相談に来てくださっている

    クライエントさんたちには

    「来月連絡なかったら向こうに

    旅立ったと思っといてね」

    なんて冗談で言っております。

     

     

    すると大半の方が

    「それはダメです。私が困ります!」

    的なことをおっしゃいますの。

     

     

    心配は後回しかいっ!

    って突っ込みを入れずにはおられません(汗)

     

     

    ところで突然ですが、

    もしあなたが明日死ぬとしたら

    今日やっておきたいことって何ですか?

     

     

    私は愛する家族に

    あなたたちのお陰で

    どれだけ幸せだったかを伝えたいです。

     

     

    ふだんからちょこちょこ伝えてますが、

    それでもやっぱり言いたいです^^

     

     

    「なんか後悔あるかな?」

    なんて考えたりもしてます。

     

     

    でも意外とこれはなさそうです。

     

     

    昔は超ゲス(涙)だったわたしですが、

    いちおう回復してからはそこそこ

    まっとうに生きてきた自信はありますので。

     

     

    でも心残りはありますね。

     

     

    何より息子が成長し、

    彼女ができて、

    結婚して、

    子どもが生まれて、、、。

     

     

    なんとか孫を抱っこするまでは

    生き延びたいと願ってますので、

    それがなにより残念かもです。

     

     

    あとは、

    愛する家族と離れないといけないこと。

    大切な友だちと会えなくなること。

    クライエントさん全員の卒業まで

    お付き合いできなかったこと。

     

     

    あ、そうそう、傷つけた人への

    埋め合わせがまだ残ってることも。

     

     

    こういったことも心残り。

    やっぱり残念です。

     

     

    でも人間は誰しも

    いつかは死ぬもの。

     

     

    昔は拒絶していたこの視点、

    少し受け入れられてきた最近です。

     

     

    とはいえおくさま曰く、

    「〇〇っ子世にはばかるって言うやろ?」

    ですって。

     

     

    ということで

    無事生還するってことにしときます(*^^)v

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

    2019年03月26日(火) カテゴリー: ジャーナル
    ページの上部へ