アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • AC回復の最初の一歩


     

    こんにちは。

    高澤です。

    2018年10月11日(木)のブログです。

     

    【目次】

    1.12ステップとは
    2.ACが受け容れるべき無力
    3.共依存
    4.コントロールの目的
    5.第一ステップから始める

     



    1.12ステップとは

    突然ですが

    「12ステップ」

    というものをご存知ですか?

     

    AA(アルコール依存の自助グループ)を

    始めとしたアディクション(※)

    自助グループで用いられる回復のステップです。

     

    (※)アディクション

    アルコール、薬物、ギャンブルなどへの依存行為を意味します。

    一見問題行動に見えますが、いずれも「心の平安」を保つための自助言わばストレスコーピングです。

     

    このステップに沿って進んで行くと

    着実に回復していけるというステップです。

     

    その第一ステップは

    自分は無力であること

    を受け容れることから始まります。

     

    無力とは

    ・人より劣っている

    ・能力が低い(ない)

    といった自己批判ではありません

     

    自分を強迫的に駆り立てるものに対する

    「無力さ」の表明であり、

    それを受容することを意味します。

     

    アルコール依存であれば

    アルコールに対して自分は無力であることを。

    ギャンブル依存であれば

    ギャンブルに対する無力さ。

    性依存であれば

    セックス(衝動)に対する無力さ。

     

    これを受け入れて初めて

    次のステップへと進めます。

     

    ではACが受け入れるべき

    無力

    はなんでしょうか?

     

     

    2.ACが受け容れるべき「無力」

    ACの自助グループであるACAによると、

    ACの12ステップの最初のステップは

    「アディクション」

    に対する無力さを受け容れるとなっています。

     

    でもAC当事者の中には

    アルコール、ギャンブル、薬物、

    食べ物、セックス、仕事、虐待(DV)、

    その他もろもろの物・事・行為にも

    依存していない方がたくさんいます。

     

    では何に対して無力なのでしょう?

     

    ヒントはAC当事者が抱える問題の

    中核とも言える「共依存」にありました。

     

     

    3.共依存

    下の定義はウィキペディアからの引用です)

    (一部削除、修正しています)

    共依存とは、自分と特定の相手がその関係性に過剰に依存しており、その人間関係に囚われている関係へのアディクション(嗜癖)を指す。

    すなわち「人を世話することへの依存」「愛情という名の支配」である。

    共依存者は、相手から依存されることに無意識のうちに自己の存在価値を見出し、相手をコントロールし自分の望む行動を取らせることで、自身の心の平安を保とうとする。

     

    話を「無力」に戻します。

     

    ここから

    「ACが受け容れるべき無力」

    が何かがわかります。

     

    それは

    他者

    に対して無力であるということ。

     

    共依存とは、

    アルコールや薬物等の代わりに

    「人」を使って自分の心に平安

    をもたらそうとするものです。

     

    しかし他者は思い通りになりません。

     

    どんなに思い通りに動かそうとしても、

    自分自身がそうならないことと同じく、

    相手もそうなるはずがありません。

     

    共依存というテーマにはいつも

    コントロール

    の問題が付きまといます。

     

     

    4.コントロールの目的

    人はコントロールできないのに、

    なぜコントロールしようとするのか。

     

    それはざっくり言えば

    人が怖い

    からではありませんか?

     

    ・傷つけられる恐怖

    ・怒りを向けられる恐怖

    ・嫌悪される恐怖

    ・拒絶される恐怖

    ・侮辱される恐怖

    ・粗末に扱われる恐怖

    ・侵入・支配される恐怖

    ・疎外される恐怖

    などなど

     

    そう。

    人が怖いんです。

     

    怖いからいてもたってもいられない。

    何とか安心安全を手に入れたい。

    そのためには相手に変わってもらうしかない。

     

    そうやって私たちは人を

    強迫的にコントロール

    するようになったのでしょう。

     

    共依存はそのコントロールが

    人の世話

    になっているので自他ともに

    気づきにくいものですが。

     

     

    5.第一ステップから始める

    まとめてみます。

     

    ACが受け容れるべき無力は

    アディクション。

     

    物や事に嗜癖(依存)していなくても

    ACは「他者」に嗜癖している。

     

    それを共依存という。

     

    その共依存が受け容れるべき無力は

    他者に対して無力であること。

     

    言い換えれば

    コントロールを手放す。

     

    ではなぜそもそも

    コントロールに嗜癖したか。

     

    それは

    人が怖い

    から。

     

    そうなんです。

    人が怖くて一生懸命他者を思い通りに

    しようとしてきたのです。

     

    それはきっとそうでもしなければ

    心の平安

    なんてとうてい手に入らない

    過酷な子ども時代があったのでしょう。

     

    ●従順ないい子になったり

    ●できる子になろうと必死に努力したり

    ●気持ちを訴えず我慢したり

    ●家の空気を軽くしようと道化を演じたり

    ●迷惑をかけないよう存在を消したり

    ●親の感情の面倒をみてあげたり…

     

    自分のことを後回しにしながら。

     

    そうすることによって

    ほんの少しでも「わが家」に

    平穏をもたらしたかったのでしょう。

     

    そんな子ども時代の悲しみを

    癒すためにも、まずは最初の一歩、

    「わたしは人が怖いんだ」

    を腹の底で受け容れること。

     

    ここから回復への道が始まります。

     

    ・・・・・・・

     

    え?わたし?

    恥ずかしながらこれを受容するのに

    かなりの時間を費やしました(汗)

     

    うすうす気づいたのが小学生のとき。

    やっと白旗上げて受け容れられたのは

    そのずっとあとの20代後半(笑)

     

    それまでは

    「俺様は何も怖くねーぜー!!」

    って否認バリバリでした_| ̄|○

     

    それが白旗上げたお陰でそこから

    回復の旅を始めることができました^^

     

     

     

     

     

     

     

    *生きとし生けるものが幸せでありますように。

     

     

     

    2018年10月11日(木) カテゴリー: 「愛着の傷」回復Tips
    ページの上部へ