アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • カウンセラーの役割・クライエントの役割

     

    今日はちょいと趣を変えて

    カウンセラーってなにする人?

    に触れてみようと思います。

     

     

    カウンセラーとは?

     

    カウンセラーって

    どんなイメージがありますか?

     

     

    私がこの仕事に就く前は

    「心を読み取れる人」

    「なんか勝手に良い感じにしてくれる人」

    「自分の問題を華麗に解決してくれる人」

    なんて妄想バリバリ状態でした(汗)

     

     

    で、実際なってみてわかったことは、

    なんとも華のない、地味で、根気のいる

    作業ばかり_| ̄|○

     

     

    ウルトラスーパーな能力とかが身に着いて

    その力で人を助け上げられるわけでもなく。

     

     

    ほどなくこの私の妄想は打ち砕かれ(涙)、

    紆余曲折を経て最近はこう思ってます。

     

     

    カウンセラーが為すべきことって

    ●相手の苦しみの根っこが何かを見定める

    ●どうしたら”本人”がそれを乗り越えられるか一緒に考える

    ●そのための材料をもってなかったら有用なものを提案する

     

     

    するとご本人は自分で頑張りだすもの。

     

     

    でもときには

    「なんで自分がこんな思いしなくちゃいけないんだ!」

    「悪いのは私じゃないのに!」(悪いのは親!とか…)

    なんて恨みめいた気持ちが湧いてくることも。

     

     

    そんなときには

    ●その気持ちを受け取りつつ、それと同時に

    「親の課題と自分の課題」を切り分けてもらう

     

    どんなに苦しくなっても常にここが原点です。

     

     

    本人がもつべき分担は、、、

    *自分の課題に目を向け

    *自分でそれを解決する責任を引き受け

    *解決のために「できること」をやっていき

    *自力でできない部分は人の手を借りる

    に尽きると思います。

    (親の課題は親の責任。放っておきましょう(*^^)v)

     

     

    そしてそこに立ち戻れるとまた頑張れるもの。

     

     

    それでも時に頑張る方向自体がずれることも。

    そんなときは

    ●「頑張るのはいいけど、そっち、崖よ」とお伝えする

     

     

    こんなところくらいじゃないかと思います。

     

    とはいえこれはあくまで主観であって、

    世のすげーカリスマさんたちは違うかもです(^^;

     

     

    余談ですが

    「したいことだけしていい」

    「がまんしなくていい」

    「迷惑をかけていい」などなど

    の言葉をアマゾンの書籍紹介やレビューで時折見かけます。

     

     

    これは自分を抑え込んできた方には結構大切な視点です。

    というか、練習してでも育てたい「自然な子ども」のパーツです。

     

     

    その一方で、、、

    ・自己愛や欲の暴走で苦しんでいる方

    ・劣等感の裏返しから自己理想が非現実レベルまで

     飛躍してしまって自縄自縛に陥っている方

    ・愛情飢餓もしくは愛情過多の影響で相手への

     要求が過剰となり渇望状態にまで至っている方

    、、、などがこの世にはおられます。

     

     

    そういった方の中にはさっきのセリフを鵜呑みにすると

    生きづらさが100倍、1000倍と膨れ上がってしまう方も

    いらっしゃいますのでくれぐれもご注意を<(_ _)>

     

     

    もうひとつの自立

     

    AC回復は自力だけでは難しいものです。

     

     

    というか、むしろ

    「なんでも自分でやらなきゃ!」

    に囚われるのもACの特質のひとつ。

     

     

    まあ、言っちゃうと、

    エゴ(我欲)ってことになるのかもですが。

     

     

    そのためか

    ここまで自分を苦しめてきたはずの

    ●自分の考え方

    ●自分の感じ方

    ●自分の振舞い方

    ●自分の関係の持ち方

    のパターンの延長線上で頑張ろうとします。

     

     

    ですが、同じことをやり続けて、

    違う結果が出ることはありません。

     

     

    糖質の摂り方を工夫したところで、

    「摂りすぎる」パターンが変わらなければ

    痩せないのと同じことです。

     

     

    回復のために為すべきことを為すのは

    もちろん自分自身の責任(担当)です。

     

     

    ただそれと同等、もしくはそれ以上に

    *「できないこと」はできる人(存在)にゆだねる

    ことも大切です。

     

     

    以前の私はなかなかこれができず、

    ハムスター宜しく同じ輪っかのなかを

    グルグル状態でした( ノД`)シクシク…

     

     

    本当の意味で自分を助けるには

    ①自立

    だけではなく

    ②援助要請(SOS!)

    することってかなり大事です。

     

     

    もちろん自分にできることは頑張ってみる。

     

     

    でもできない部分は「できないんだ…」と

    とその”事実”をそのままに受け容れないと

    助けを求めることができません。

     

     

    言わばそれは我欲を諦めること。

     

     

    そこを手放せると、、、

    *助けを真摯に求め

    *もらった助けを謙虚に受け入れ

    なんてことができるようになります。

     

     

    真の回復はこんなとこから始まります。

     

     

    手助け先をお探しのあなたへ

     

    ちなみにここでいう助けは

    カウンセラーを指しているわけではありません。

     

     

    自助グループなんてすごくいいし、

    理解ある友人も超いいし、

    侵入してこないパートナーもいいし、

    尊敬できるメンター的な人もいいし、

    穏やかに話を聴いてくれる近所のじいちゃんばあちゃんもいいし。

     

    (むしろこういった存在のほうがいいかも、なんて。

     あ、ただの独り言です 汗)

     

     

    いろんな手を借りてみるのも良いかと思います。

     

     

    ただし外したくないポイントが一点だけ。

    それは「~あげる」がない人限定です。

     

    私が

    「聞いてあげる」

    「考えてあげる」

    「言ってあげる」

    「やってあげる」etc.

     

    しまいにゃ

    「私がどうにかしてあげる」

     

     

    こんな「あげる」がない人をおススメします。

     

     

    だってそれは援助ではなく

    自立をブロックする「依存」を招きかねないので。

     

     

    それでは健闘を祈ります!

     

     

    ということでいつもの締めのセリフです。

     

     

     

    生きとし生けるものが幸せでありますように^^

     

     

    2019年03月07日(木) カテゴリー: 「愛着の傷」回復Tips
    ページの上部へ