アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • 10月グループセラピー:自分を好きになるために

     

    こんにちは。

    トリフォリの高澤です。

     

    今日は毎月一回開催している

    グループセラピー

    の日でした。

     

    2人はお仕事で来れなかったものの、

    新規参加もあって今日は全部で6人。

     

    個人的には6人~8人くらいのグループが

    一番うまい具合に機能するように感じます。

     

    今日のテーマ

    先月のグループでは

    *自分が生きにくくなった仕組み

    *自分を好きになること

    をみんなで共有しました。

     

    今回はそれに引き続いて

    自分を好きになっていくための方法

    を共有しました。

     

    その流れをおおまかに言うと、、、

     

    ①安全な場で「知られたくない」自分を開く

    (隠すのではなくオープンにする)

    ②人に受け入れてもらう体験をする

    ③「自分そんなに悪くないかも」と思える

    ④自分や他者への信頼感が徐々に育つ

    ⑤ちょっとずつ自分が好きになっていく

     

    この流れに乗るためには、、、

     

    具体的な進め方

    そもそも①の「自分を開く」を

    やろうにもそれがまず怖い。。。

    めっちゃ勇気がいる。。。

     

    勇気を大きくくじいている

    ものの正体とは

    『シェイム(存在の恥)』

     

    シェイムは

    *隠す→強まる

    *開く→弱まる

    という性質をもっています。

     

    この仕組みを知った上で、

    開いていけば弱まるのがシェイム。

     

    まずは理解することから始めます。

     

     

    とはいえ、それでも

    「自分を開く」

    ことってとても勇気がいります。

     

    その怖さを和らげるための安全策が

    『理解してくれる仲間』

     

    同じ痛みをもつグループを編成するのは、

    「安全基地」という機能を備えたいからなんです。

     

     

    シェイムの仕組みを理解して、

    その上で安全基地で少しずつ

    『自分を開いていく』

     

     

    その安全基地の中であれば、

    これまで隠してきた自分の部分も

    『受け入れられる』

    という体験が得られる。

     

     

    そういうことを繰り返していくなかで

    『自分ってそんな悪くないのかも』

    と思えるようになる。

     

    この辺りまでくると、

    シェイム君の力はかなりしょぼしょぼ 汗

     

     

    これまでのグループのメンバーも、

    安全基地で自分を開き、

    仲間から受け入れられ、

    勇気が少しずつ育まれ、

    信頼関係が育まれ、

    その結果生きやすくなって

    卒業を果たしていかれました。

     

     

    だからでしょうか、

    卒業時には

    「先生のお陰で」という人はほぼなく(汗)、

    「みんなのお陰で」という人が大半。

     

     

    安全基地の中で

    自分自身で「ある」 Be

    ことを通じて、

    少しずつ、でも着実に

    生きやすさ

    が手に入っていくようです。

     

     

    もちろんその流れの中で

    ________________

     ★自分の力(リソース)★

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    を明確にすることは欠かせませんね。

     

     

    さてさて来月は更に親密性を深めるべく

    グループ恒例イベントの懇親会を開く

    予定です。

     

    これが何より楽しみな私です(≧▽≦)

     

     

     

     

     

     

    2017年10月21日(土) カテゴリー: 更新情報
    ページの上部へ