アダルトチャイルド(アダルトチルドレン)支援センター 福岡【トリフォリ】

trifolie
  • トップページ
  • アダルトチャイルドとは
  • 回復の3ステップ
  • よくある質問
  • システム・料金
  • ブログ
  • 苦しみの原因

     

    おはようございます。

    トリフォリの高澤です。

    いつもありがとうございます。

     

     

    今日のテーマは「苦の原因」です。

     

     

    私は特定の信仰は持ちませんが、

    お釈迦様の仏教は大好きです。

     

     

    仏教というと日本ではお葬式や念仏を唱える

    といったイメージが浮かびがちですが、

    お釈迦様の教えはそういったものではなく、

    「問題解決」のプロセスそのものです。

     

     

    ①生きることはそもそも苦である

    ②その苦しみは自分の欲が引き寄せている

    ③その欲を滅する方法はある

    ④具体的な方法の提示(仏教では八正道)

     

     

    このプロセスは日常生活や人間関係上の

    問題解決技法そのものです。

     

     

    たとえば人間関係の問題なら

    ①困っていることは何か?

    ②その問題を維持している自分の課題は何か?
    ※相手のせいにしていればそれ自体が課題

    ③それは〇〇に取り組めば解決できる

    ④実践あるのみ

     

    こんな感じでしょうか。

     

     

    さてさて、世の中に苦があることは大前提。

    生きていれば誰だっていろいろありますね。

     

     

    どんなに懸命に生きていても、

    誰だって年を取って老人になるし、

    かかりたくなくても病気にもかかるし、

    嫌でもいつかは死ぬし。

     

     

    苦しいですね。

     

     

    それだけでなく、生きていれば

    大切な人と離れねばならないこともあるし、

    嫌いな人と会わねばならないこともあるし、

    強く求めても得られないものはたくさんだし、

    そもそも自分自身思うようにならないし。

     

     

    こういった苦しみはすべての人が

    嫌でも出会うものです。

     

     

    ではこういった苦しみが私たちを

    苦しめているかというと、実は

    そうではないようです。

     

     

    この誰しも逃れられない苦しみ

    「全部避けよう!」

    と目を背けたり逃げ出したり。

     

     

    あるいは

    「取り除いてしまおう!」

    変えられないものを変えることに

    躍起になったり。

     

     

    これが苦を生み出すのだと

    言われています。

     

     

    つまり自分ので苦しむのが人間…

    ということなのでしょうね。

     

     

    ではどうすれば私たちは苦しみから

    脱却できるのか。

     

     

    おさらいすると、まず苦の原因が

    「変えられないものを変えたい!」

    というでした。

     

     

    であれば、まずは

    これは変えられるもの?

    それとも変えられないもの?

    を見分けることが初めの一歩

    ではないでしょうか。

     

     

    たとえば

    「誰からも嫌われたくない!」

    「みんなからよく思われたい!」

    という強い承認欲があったとします。

     

     

    もちろん願うことは自由です。

     

    しかしここには二つの選択肢があります。

     

     

    ひとつめ。

    「それは変えられない」と悟って脇に置く。

    代わりに「変えられるもの(自分)」を変えていく。

     

     

    つまり、人からの承認に依存せず、

    自分で自分を愛して生きる道。

     

     

    ふたつめ。

    「それでも変えたい!」という欲を握りしめ、

    「変えられないもの(相手)」を変えることに

    エネルギーを注いでいく。 

     

     

    つまり、人からの承認に依存し、

    自分を敬うことを後回しにして生きる道。

     

     

    どちらも選べます。

     

     

    但し、どちらを選ぶかによって

    人生は大きく違ってくると思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

    2017年05月25日(木)

    ラジオCM収録しました

     

    こんばんは。

    トリフォリの高澤です。

    いつもありがとうございます。

     

     

    今日は生まれて初めてラジオスタジオに

    入れていただきました。

     

     

    まちの専門家ということで紹介して

    いただいているマイベストプロ福岡・佐賀の

    サポートの一環として、ラジオCMをつくって

    いただきました。

     

     

    バックアップ企業はKBCさんですので、

    収録もやはりKBCさんのラジオスタジオ。

     

     

    私は小学校のころからラジオ大好きで、

    暇さえあればラジオばかり聴いていました。

     

     

    大好きさが沸騰した学生時代には

    「ラジオのパーソナリティになる!」

    と真剣に考えていました。

     

     

    その夢は当時は叶いませんでしたが、

    その分今回の体験は生涯大切にしたい

    貴重な体験となりました(^^;

     

     

    あとはこのラジオCMの声が、

    子育てで苦悩しているけれど、

    そのしんどさを共有する仲間がいない、

    手を安心して借りられるサポーターがいない…

    一人でも多くのそんなおかあさんたちに

    届くことを願っています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2017年05月22日(月)

    5月の子育て応援セミナー&自助グループ終了

     

    おはようございます。

    トリフォリの高澤です。

     

     

    お陰さまで昨日開催の

    子育て支援セミナー&自助グループ

    も無事終了しました。

     

     

    今回は

    「人に安心感を持とう」

    というテーマを元に

    「自他境界(バウンダリー)」

    の話とワークをおこないました。

     

     

    自分を傷つけるような行為をする人に

    「いやだ!」を伝えて止めるための

    ワークでは、ふだんはたいへんもの

    静かなあるおかあさんが、しっかりと

    した声を出して、両手を前に出して、

    相手を止めることができました。

     

     

    感想で

    「久しぶりに人前で大きな声を出しました!」

    とおっしゃっていたのが印象的でした。

     

     

    人が生きやすくなるためには、安心安全が大前提です。

    そんな「安全基地」を自分で作っていけるよう、

    来月のセミナーでもワークをやっていこうと思います。

     

     

    今回は終了後に懇親会も開催。

    たいへん盛り上がりました。

     

     

    人に言いにくいことも気兼ねなく話せている

    様子を見て、改めて安全基地の大切さを痛感

    したところです。

     

     

    来月は6/17(土)開催予定です。

    人には言いにくい子育てや家族の悩みも

    安心して共有できる場です。

     

     

    あなたの参加をお待ちしています!

     

     

     

     

     

     

    2017年05月21日(日)

    ふたつの「許せない」

     

    おはようございます。

    トリフォリの高澤です。

    いつもありがとうございます。

     

     

    今日のテーマは「ゆるし」です。

     

     

    昔ひどく短気だった私も今はお陰さまで

    ちょっとイライラすることはあっても、

    すごく腹がたつ!ということはほぼなくなりました。

     

     

    ですが、ごくたまにスルーできないほど

    腹がたつこともあります。

     

     

    そういうときってたいてい

    「自分は正しい!」

    「相手が間違っている!」

    に陥っているとき。

     

     

    自分の価値観に反するものに触れたときとも言えます。

     

     

    人は一旦怒りの波に浸かってしまうと、すぐに脱却!

    というのがとても難しいですね。

     

     

    ということで、私は端から無駄に怒らないよう

    工夫してることがあります。

     

     

    ひとつは息子に

    「おと〜ちゃ〜ん♪おおめにみてあげて〜♥」

    と笑顔で可愛く語りかけてもらった動画を観ること。

     

     

    苛立ちそうな時は事前にそれを見てクールダウン。

    それ観ると怒るどころかむしろニヤニヤ(^^;

     

     

    もうひとつは最近始めたこと。

     

     

    カウンセリング時に仏陀像の顔写真がアップで

    写っているクリアファイルを置いておくこと。

    (相手はちょっと引くかも…)

     

     

    これは「怒らない工夫」というよりも、

    より「穏やかでいられる工夫」と言えます。

     

     

    目の前で穏やかなご尊顔のお釈迦様が

    見ておられる!という意識になって、

    その畏れ多さからいつも以上に穏やかな

    気持ちでいられます<(_ _)>

     

     

    あなたはいかがでしょうか。

    怒りに苛まれることは多いでしょうか。

    それとも心穏やかなことが多いでしょうか。

     

     

    怒りはエネルギーを消耗しますから、

    それが必要以上に出てこなくなると楽ですね。

     

     

    さてさて、そもそものお話になりますが、

    なぜ人は人に腹をたてるのか?ということ。

     

     

    それは多くの場合、相手に「自分の理想像」を

    押し付けていることによって起こります。

     

     

    「相手が自分の理想通り(=完全)なら許す」

    だから受け入れる。

     

    だけど 「自分の理想通りでない(=不完全)なら許さない」

    だから怒る。

     

    という仕組みです。

     

     

    愛着に傷を持つACは、ふたつの「許さない」で

    引っかかることが少なくありません。

     

     

    ひとつは「過去の親の所業が許せない」

    もうひとつは「ダメな自分が許せない」

     

     

    過去の親も、現在の自分も許せない。

    つまり親にも自分にも「完全」を求めている状態。

     

     

    自分や他人の不完全さ、不十分さに寛容になれたら、

    きっと怒りに身を焼かれることはなくなります。

     

     

    許せない人に怒りをむけたり、恨んだり、

    責めたりするよりも、そのエネルギーはまず

    不完全な自分を許す

    ことに向けてほしいと願わずにはいられません。

     

     

    私が敬愛する今は亡きアルバート・エリス

    大先生はかつてこう仰ったそうです。

     

     

    『人は過ちを犯すもの』

     

     

    人は誰しも不完全。

    それなのに完全を求めてしまうのは酷な気がします。

     

     

    とはいえ「許す」には勇気が必要です。

    だからといって孤軍奮闘で勇気を出すのも至難の業。

     

     

    ひとりで勇気を出すのが厳しいなら、

    仲間がいれば出しやすいかもしれませんね。

     

     

    自分も親も許せない方は、勇気を持つための

    下準備として、まずは仲間(味方)探しから

    始めてみるといいのかもしれません^^

     

     

     

     

     

     

     

     

    子どもたちが子どもらしく、その子らしく生きられますように。

     

    2017年05月18日(木)

    「福岡県子育て応援の店」に登録されました。

     

    こんにちは。

    トリフォリの高澤です。

    いつもありがとうございます。

     

     

    みなさんは

    福岡県子育て応援の店

    という事業をご存知でしょうか。

     

     

    私は最近その存在を知ったのですが、

    県内で子育てに奮闘している方たちの

    サポートとして、登録している各企業が

    サービス等を提供するというものです。

     

     

    お陰さまでトリフォリもこの度

    その事業に登録されました。

     

     

    現時点では、子育て中のおかあさんが

    初回相談を利用なさる場合、料金から

    3,000円引きの6,000円としています。

     

     

    今後更にサービスを広げていく予定

    ですので、(地味に)ご期待ください(^^;

     

     

     

     

    2017年05月10日(水)
    « 新しい投稿を見る以前の投稿を見る »
    ページの上部へ